「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

ポケットwifi

WimaxのポケットWi-Fiのメリットとデメリット

投稿日:

近頃大人気のWimaxポケットWi-Fi

ですが、そのWimaxのポケットWi-Fiのメリットとデメリットを語る前に「よく出てくるLTEとかって何?Wimaxとどう違うの?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。

実は、私も最初は全然よく分からなかったんです!でも、ここを理解しないと自分がLTEに向いているのか、それともWimaxの方がいいのか、しっかり把握するのが難しくなってしまいます。

そこで当サイトでは、Wimaxとよく比較されるLTE、これらのメリット・デメリットを両方とも徹底検証!2回シリーズでお届けしていきます!

是非、もう1つの『LTEのポケットWi-Fiのメリットとデメリット』記事とも合わせてご覧くださいね!

LTEとWimaxの違いって?

この記事を読んでいる方は、きっと「ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)」に興味があって、どれにしようかな~って考えている人が多いと思います。

「ポケットWi-Fi」っていうのは、持ち運びができるコンパクトなモバイルWi-Fiルーターのこと。

契約しているプロバイダの基地局から電波を受信して、自分のPCやタブレット、スマホなどのWi-Fi対応機器のコンピューター・ネットワークの仲介役となるツールです。

簡単な図にすると

プロバイダ・基地局 ⇔(電波)⇔【ポケットWi-Fi】⇔ PC・タブレット等

という感じですね。

この時、プロバイダの基地局から「ポケットWi-Fi」間では「電波」を使った通信が行われています。そして、そこに使用されている通信方式、これこそが「LTE」「Wimax」になるのです。

つまり、「ポケットWi-Fi」を利用する時、私たちは通信方式を「LTE」「Wimax」の2種類から選ぶことができるという訳です。

そのため、「LTE」と「Wimax」はよく比較されながら紹介されていることが多いんですね。

「LTE」というのは簡単に言うと、ドコモ、ソフトバンク、auなどの大手携帯電話各社がデータ通信用に提供している通信方式です。

一方、「Wimax」はKDDIグループのUQコミュニケーションズが提供しているデータ通信規格(回線)、つまり通信方式のことです。そして、今ではWimaxをさらに高速化した通信方式として「Wimax2」「Wimax2+」が登場しています。

今回の記事では「Wimax」の方のメリット・デメリットを詳しくご紹介しますが、「LTE」の方のメリット・デメリットに関しても知りたいという方は『LTEのポケットWi-Fiのメリットとデメリット』記事も一緒にご覧いただけると、もっとよく分かると思います。

じゃあ3G・4Gっていうのは何?

「LTE」や「Wimax」の通信方式をよく知ろうと調べていくと目につくのが「3G」とか「4G」とかいう単語です。

「LTE」とか「Wimax」とか以外にもまだ何かあるわけ!?と匙を投げそうになりますが、一度分かってみるととっても簡単なことですのでご説明しておきますね。

「3G」「4G」、これはどちらも通信システムのことを指しています。「G」というのは「Generation(世代)」のことで、日本語訳にするとそれぞれ「第3世代」「第4世代」という意味になります。

新しい通信システムが開発されるたびに、数字が大きくなっていくので「3G」よりは「4G」の方が新しい通信システムということになります。今では「5G(第5世代)」の通信システムも開発・研究されているそうですよ。

一昔前に全盛を極めたガラケーを皆さんは覚えていますか?この時代の通信システムが「3G」と呼ばれるもので、当時としては最先端の通信方式でした。

しかし、今の通信システムの主流は「3G」よりもっと進んだ「4G」になります。そして、「LTE」や「Wimax」は、この「4G」の通信方式に該当するのです。

ただし、「LTE」の方が広く普及し、一般的に認められているため、LTE=4Gという認識をする方が多いと言われています。ですが、だからといってWimaxが4Gではないということではありません。両方とも「4G(第4世代)」の通信システムです。

Wimaxのメリットは?

LTEとWimaxの違いがわかったところで、今回の記事のメインとなる「Wimaxのメリット・デメリット」について見ていきましょう。まずはメリットからどうぞ!

通信制限がゆるい!実質、無制限!?

LTEでは一定の通信制限を超えると極端にスピードが落ちてしまい、これがLTE最大のデメリットと言われますが、Wimaxは逆に「通信制限がゆるい」というのが特徴になります。

その量はというと、2017年2月から「3日間で10GB」!以前は「通信制限ナシ」というのがウリでしたが、その後、「3日間で3GB」という不評だった時期を経て、今の制限量へと緩和されました。

しかも速度制限は翌日夕方6時~深夜2時頃までと、夜の時間帯のみなので昼間の実質的な規制はありません。

ちなみに10GBの目安は、YouTubeの高画質動画の約13時間分、標準画質の動画であれば47時間分と言われています。つまり、3日間で割ると高画質なら1日平均4時間、標準画質なら平均15時間動画をサクサク見ることができるということ。

かなりのヘビーユーザーでなければ、まず通信制限を気に掛ける必要はないと言えますし、実質「通信制限ナシ」と言うことができるでしょう。これは、ポケットWi-Fiをよく利用する方にとってかなり嬉しい量ですよね!

月額料金が安い!

UQコミュニケーションズの公式HPよるとWimax2+・ギガ放題プランの月額料金は4,380円。契約から最大3ヶ月間は3,696円となっています。

また、Wimax系のプロバイダでは申し込み窓口によっては大幅なキャッシュバック見込めるのも特徴の1つ!数万円のキャッシュバックも夢ではありません!これはかなりお得ですよね!

また、このような割引効果もあって、各社2年間の契約のしばり(ワイモバイルは3年間)を考えると、月々の「実質費用」はWimax系が安いのです。

日本最大級の人気比較サイト『価格.com』で2017年4月現在の各社の実質費用プランランキングを見てみると、LTEの代表格である「docomo」は7千円台、「ソフトバンク」は4千円台。

一方、Wimax系の「UQ WIMAX」は2千円台の安さになっています。この差はすごいですよね!

auユーザーならさらにお得!

さらに、Wimaxの回線を提供しているUQコミュニケーションズはKDDIグループ、つまりauと同グループですので、auのスマホが最大934円割引になるなどの特別な特典もついてきます。

そうなると、auのスマホなどを使っているユーザーであれば、月々の実質費用が2,000円台で済むというのも夢ではありません!これはお得です!

速度もより速く進化!

Wimaxは現在、「Wimax2+」という進化した通信規格を使用しています。この「Wimax2+」を利用することで、2016年4月から最高速度が220Mbpsから440Mbpsへと格段に進化を遂げました。

最高速度は理論値になるので実際はここまで出ることはありませんが、以前よりも快適になったのは事実!

現在、実際に出る速度も20~80Mbpsくらいだと言われ、Youtubeを快適に見られる速度が5Mbpsなので、速度的にも全く問題がなく使用できるようになったと言えるでしょう。

Wimaxのデメリットは?

続いては、Wimaxのデメリットについてです。

通信しづらいエリアがある

先ほど取り上げた「Wimax2+」の回線。実は利用範囲を広げるべく、全国でアンテナ工事をしている真っ最中です。利用者の多い都心近くでは問題がないものの、田舎や山間部などはまだつながりにくい状況になっています。

また、Wimaxはドコモやソフトバンク、auなどの大手通信会社の持つ通信回線、つまりLTEほど安定してはいないというのも実情です。

ですから、地下や鉄筋コンクリートの建物内などでは通信が不安定になったり、速度が遅くなったりと、まだ通信しづらいエリアが多いとも指摘されています。

そのため、WimaxのポケットWi-Fiを購入し、プロバイダと契約する前に必ず「自分が使いたいエリアが利用可能な範囲に入っているか?」この点は、事前に必ず確認しておくことが大事になってきますね。

違約金が高い

WimaxのポケットWi-Fiを購入・契約すると、キャッシュバックなどのお得なキャンペーンが多い一方で、「2年契約の解約金が高い」というのもデメリットの1つです。

契約満了月の末日、または更新月以外に解約した場合、だいたい5,000円~2万円近くの違約金がかかるのです。

ただし、超高額のキャッシュバックによって違約金を相殺させることも可能です。プロバイダを選ぶ時はその点も注意しましょう!

ちなみに、キャッシュバックが振り込まれるタイミングはだいたい1年後と、かなり遅めです。ほとんどのプロバイダでは、メールで事前にその旨が通知されるのですが、そこから1ヶ月しか振込口座の登録手続きができない仕組みになっているので、これを逃すとアウト!

このお知らせメールもキャッシュバックの存在をすっかり忘れた時期に届くので、見落としてしまう人も多いと言います。注意してくださいね!

WimaxのポケットWi-Fiのメリットとデメリットとは?

いかがでしたか?WimaxのポケットWi-Fiのメリットとデメリットについて、LTEとの違いから詳しくご説明しました。

WimaxのポケットWi-Fiは、料金が安く、実質的に通信制限がかからないというところが何より魅力です!

通信速度も進化しましたし、超がつく程のヘビーユーザーでなければどこでも自由にインターネットを思い切りやりたいという願いも叶えられます!

ただ、デメリットして利用範囲が広くない、安定性にやや欠けるところがあるという問題もあります。

興味はあるけど、いまいち不安だな・・という方は、無料で一定期間お試しができるサービスなどを積極的に利用してみるといいかもしれませんね!

-ポケットwifi

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.