「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

恋愛

社内恋愛で無事結婚!同僚・上司への報告のタイミングと方法

投稿日:

社内恋愛を実らせて「結婚」となった時に必要になるのが、会社への報告ですよね。

まずは誰に?どんな順番で?どんなところに気をつけながら報告すればいいのか?初めてだけに分からない・・という方も多いと思います。また、職場結婚だからこそ気をつけたいというポイントもあります。

今回は、そんな「社内恋愛からの結婚報告」について、注意したい点、気をつけるべきポイントをわかりやすくご紹介してきます!

社内恋愛での結婚報告のタイミングと順序とは?

二人とも同じ職場で働いているからこそ、結婚が決まった時の「報告のタイミング」も職場の雰囲気を悪くしないように細かな配慮が必要です。

具体的には、どのタイミングで?どんな順序で報告したらいいのか?を見ていきましょう。

タイミングは?

社内恋愛の結婚報告のタイミングは、これら3つの時期を上手く見計らって行うとスムーズです。

結婚式の半年~3ヶ月前までに

職場での結婚報告は、結婚式の半年~3ヶ月前までになるべく早く済ませるのがおすすめです。

特に社内恋愛の場合は、新婚旅行で二人が長期の休暇を取ることが多いので職場内でのスケジュールの調整やフォローが必要になってきます。また、規則上、「〇〇までに報告すること」とされている場合もあるので、事前によく確認しておきましょう。

さらに、女性の場合は、結婚後に退職するか?しないか?という問題も絡んできます。このことは報告時に必ず尋ねられると思うので、それまでにどちらを選択するのか、必ず決めておきましょう。

その他、結婚しても二人で働き続ける場合、どちらかが必ず移動になるというルールがある会社も珍しくありません。その場合もどちらが異動するつもりがあるのか、二人で話し合い、結婚報告までに決めておきましょう。

結婚式の日程・招待客を決めてから

結婚の報告を職場でした場合、相手が一番に気にするのは「披露宴や二次会に呼ばれるかどうか?」ということだと思います。

上司にせよ、同僚や友人にせよ、この報告のタイミングで「結婚式に来てほしい」「そうでない」の意思表示をすることになるので、結婚式の式場はもちろん、日程や招待客のメンバーが決まってから行うのがベスト。

一度「結婚式にきていただきたい」と伝えておいて、その後に「やっぱりいいです」というのは絶対にタブー。しっかりと予定をたててから報告するようにしましょう。

繁忙期は避ける

いくらお祝い事とはいえ、職場中が殺気立っている決算期繁忙期など、仕事が忙しい時期にプライベートな結婚の報告をするのは避けましょう。「何でこのタイミングで!?」と呆れられる可能性もあります。

また、結婚の報告後は結婚式の準備などで忙しくなることも考えられるので、できれば自分達の仕事がひと段落ついて、余裕があるタイミングで報告できるといいですね。

さらに、同時期に他に社内恋愛から結婚へ至ったカップルがいた場合は、報告がかぶらないようにするのがベターだと思います。

報告の順序は?

社内恋愛が実り、結婚へ繋がることはとても幸せなこと。せっかくうまくいったのですから職場の人達にもしっかりと祝福してもらい、最後まで雰囲気よく進めたいところです。

その時、重要になってくるのが「報告するべき順序」!会社というのは上下関係がしっかりしているところですから、その点を無視してはいけません。

社内恋愛での結婚報告の順序としてベストなのは、上司⇒先輩⇒同僚・友人⇒後輩という順番。まずは同じ部署内など、自分にとって身近な集団の中で一番偉い人、つまり「直属の上司」から報告していくのが筋です。

ただ、これは社風や会社の規模などによっても変わってきます。ごく小さな会社であれば社長に直接報告するということも多いようです。今まで結婚した先輩がいるようなら、その方の例に倣ってもいいでしょう。

また、新郎新婦の直属の上司が異なっている場合は、それぞれの上司に同じタイミングで各自が報告することになります。その後、二人そろって互いの上司に報告するのが一般的となっています。

上司への報告が済んだら、「先輩」「同僚・友人」、そして「後輩」へ報告ができます。

結婚が決まって嬉しくて、仲の良い同僚や友人に上司より前にこっそり話してしまうということもあるかと思いますが、その場合は上司に報告が済んで公になる前に噂などが流れないよう、しっかりと口止めしておくことが重要です!

うっかり話してしまった結果、正式な報告の前に上司の耳に入り、上司が気分を悪くしたり、二人の立場が悪くなったりと職場内の人間関係にひびが入る恐れもあります。

あくまでも、公では「上司⇒先輩⇒同僚・友人⇒後輩」という報告の順序が崩れないように注意しましょう!

また、上司へ報告したことで、上司の口から同僚や後輩などへ「結婚の報告」が伝えられることもあります。その場合は、上司の好意を素直に受け、報告をお任せしましょう。

同僚・上司への報告のノウハウは?

職場内での報告のタイミングや順序がわかったところで、うまく伝えるためのノウハウ、つまり「方法」について詳しくご紹介しましょう。

職場の上司へ報告する時のノウハウ

職場の上司へ報告する時は、忙しい時間帯を避け「少しお時間いただけますか?お話があるのですが・・」と伺った上で報告をするようにします。

また、特に女性の側は「結婚後に退職をする」「仕事をセーブしたい」「妊娠をしている」などの状況によって、今後の身の振り方や働き方も大きく違ってくるはず。結婚後はどちらか片方が異動するという規定がある会社では、どちらが異動を希望するのかということも考えておかなければなりません。

上司に報告する前に、必ずこれらの問題は二人で話し合い、決めておきましょう。

また、社内恋愛が禁止の会社では結婚の報告であっても慎重にならざるをえません。先例になるカップルがいるようであれば、その例を参考にするのもいいでしょう。

最悪の場合は、どちらかが会社を辞める覚悟もしなければならないかもしれません。まずは、どんなことになっても大丈夫なようにできるだけの準備をしておいて、上司に相談してみましょう。

また、結婚の報告時に聞かれるのが「結婚式」や「披露宴」などの有無です。上司をゲストとして招待する場合もそうでない場合もこの報告時にしっかりと伝えておく必要があります。

そのため、上司への結婚の報告の前に「結婚式の日程」「招待するかどうか」を必ず決めておかなければなりません。

もし、上司を招待するつもりがあるのなら、結婚報告の後に

「○月○日に某ホテルで挙式の予定です。ぜひ披露宴にもご列席いただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします」

などと、一言付け加えておきましょう。

逆に、結婚式へ招待するつもりがないのであれば

「披露宴(結婚式)は○月○日ですが、親族だけで済ませる予定となっておりますので、会社の皆様へは改めてご挨拶出来ればと思っております」

といった一言を添えておくのが肝心です。

先輩・同僚・後輩へ報告する時のノウハウ

直属の上司に結婚を報告した後は、上司が「みんなの前で結婚について伝える場を設けてくれるのか?」それとも、「自分から同僚や後輩に報告していくのか?」を上司に尋ねてみましょう。

職場ごとに慣習なども違っていますので、上司のアドバイスに従って先輩以降への結婚報告を行う方が無難です。

ただし、仲のいい同僚や友人との場合は、普段の会話の中で結婚の話が出ることもあるはず。事前にこっそりと伝えておいてもいいですが、伝える人は必ず選んで!

公には、直属の上司⇒先輩⇒同僚⇒後輩の順番を守らなくてはなりません。公になるまではしっかりと内密にしてもらえる信頼できる人にだけ話すようにしましょう。

先輩・同僚・後輩へ報告する際にも、上司へ報告した時同様に「結婚式への出席の有無」が皆にとっては一番気になることです。

そのため、披露宴や結婚式に招待するつもりがないのであれば、報告の際に

「〇月頃に結婚することになりましたが、披露宴は親族だけで内々にすませるつもりです」

など、一言伝えておきましょう。

反対に、披露宴や結婚式に招待したい同僚などには心づもりをしてもらうためにも

「結婚式は○月○日です。出席してもらえたら、とても嬉しいのだけど・・」

などと声をかけておきましょう。できれば、仮にでも出欠の返事をここで聞いておけると招待状を無駄に送る必要もなく、節約につながります。

社内結婚で気をつけたいケースとは?

社内恋愛で結婚をする場合、会社での立場の違いなどもありますから「気をつけたいケース」というのも出てきます。例えば、結婚後に退職をする、妊娠している、片方が派遣社員である・・などです。

それらの「気をつけたいケース」についてまとめてみました。

結婚を機に退職・転職する

社内恋愛からの結婚をきっかけにして「退職」や「転職」をするというケースも少なくありません。このような場合は「結婚の報告」+「退職/転職の報告」が重なってきますから、なるべく早めの結婚報告を心がけるようにしてください。

報告の時期としての理想は、半年前まで最低でも3ヶ月までには報告をするようにします。また、退職/転職の場合は会社の規定によって報告するべき時期が定められているところがほとんど。必ず、事前に調べておき、遅滞がないようにしましょう。

また、退職/転職を伴う場合は仕事への影響引き継ぎも心配です。自分だけが退職/転職するのであれば後のことはそれほど気にならないかもしれませんが、自分のパートナーが会社に残る場合は、やはり相手の立場が悪くならないように、できるだけ穏便な退職/転職を心掛けるべきです。

まずは、報告する時期を十分にみて、直属の上司にその旨を報告・相談してください。わからないことがある場合は、総務に尋ねる、過去のカップルの例などを参考にするなどして最後まで気を配ることを忘れずに!

妊娠している

結婚の報告をする時点で妊娠していて、産休を取る予定があるという方も退職/転職を伴うケースと同様です。まずは、結婚の報告と共に「妊娠」の報告、さらには「出産予定時期」の報告などを直属の上司になるべく早くするようにしましょう。

妊娠・出産によって今後の働き方をセーブしたい、時短勤務を選びたいという方も多いはず。上司はもちろん、会社の総務や人事とも相談しましょう。

また、会社ごとに決められている「産休期間」のチェック申請なども併せて行う必要があります。公的機関の助成を受けるための手続きも各種必要です。

わからないことは会社の総務や人事担当者、自治体などに尋ねながら、一つ一つ確実にこなしていきましょう。

派遣社員である

カップルの片方、もしくは両方が「派遣社員」である場合、結婚の報告は勤務先の直属の上司ではなく、まずは雇用主である「派遣会社」の担当者になります。

結婚後の働き方によっては、現在の登録内容の変更が必要になるなど新たな手続きがいることも。

派遣会社の担当者に相談しながら、そのアドバイスに従って、勤務先の職場や上司に報告をするようにしましょう。勤務先での報告の順序は正社員と同じです。直属の上司⇒先輩⇒同僚⇒後輩となります。

職場結婚が重なっている

偶然にも、職場での結婚が2・3組重なっているというケースもあります。新婚旅行などの長期の休みが何組分も続くと仕事にも影響が出ますし、招待される側も負担に感じるかもしれませんよね。

その場合は、直属の上司や同僚などに相談しながら、新婚旅行の時期をずらしたり、招待客を決める時の参考にしてみたりするといいかもしれません。

社内結婚!同僚・上司への報告のタイミングとその方法

いかがでしたか?社内恋愛で無事結婚を迎えることになった時の同僚・上司への報告のタイミングとその方法についてお届けしました。

社内恋愛からの結婚となると、結婚後もその職場で働き続ける方が圧倒的多数ですよね。余計な摩擦や軋轢を生まないよう、報告は順番やマナーを守って行うことが大切です。

職場の仲間からもあたたかく祝福される「結婚報告」となるように頑張ってくださいね!

-恋愛

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.