「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

アルバイト

丸亀製麺のバイトを各観点で口コミ・評判を交えて徹底解説!【働きたいかわかる】

更新日:

美味しくて安いセルフサービスの讃岐うどんチェーンと聞いて『丸亀製麺』を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

うどんのチェーン業界では最も有名な企業の一つで、2018年3月時点での総店舗数は国内外で計1000店を超えたとか!

日本全国のフードコート内にも多くの店舗を構えているため、実際に『丸亀製麺』でうどんを食べたことがあるという方も決して少なくないはずです。

今回はそんな人気の『丸亀製麺』のアルバイトにスポットを当てて、自分が「丸亀製麺で働きたいか?」がわかる内容でご紹介していきます!

丸亀製麺のアルバイトとは?

全国に数多くの店舗を持つ『丸亀製麺』。近頃では、TVのCMなどでもおなじみですよね。そんな『丸亀製麺』でのアルバイトについて、まずは基本情報から押さえていきましょう。

時給は?

・時給:800円~ ※地域や店舗により異なる

『丸亀製麺』の「時給」自体は、ショッピングモールに入店している店舗や都心部、地方の中心部にある店舗など客足が多く忙しい所では高め。

都内だと1000円前後の時給が珍しくありません。地方では最低時給から50~100円程度プラスされた時給設定になっているところが多いようです。

さらに、こちらは時給ではないのですが『丸亀製麺』では「アルバイト紹介制度」という報奨金制度も用意されています。

これは、従業員の紹介で入社した人が3ヶ月間勤務を続けられた場合に、紹介者に1万円が支給されるというもの。2人目以降は1万5000円になります。

仲のいいお友達や知り合いなどを誘ってスタッフに加えると、気の合う仲間が増えて働きやすくなるだけでなく、ちょっとしたボーナスももらえるなんて嬉しいですよね。

昇給は?

・昇給:勤務1000時間ごとに10円UP 最大40円まで
   昇給試験に合格するたびに5円UP 最大8試験40円まで

「昇給」については、勤務時間が1000時間を超えるごとに10円UPし、最大40円まで上げることができます。

また、うどんの製造に欠かせない製麺や湯煎など調理の工程に対する知識や習熟度などが問われる昇給試験に一つ合格するたびに5円UP。全部で8つある試験を全てクリアすると、こちらも最大40円まで昇給することが可能です。

『丸亀製麺』の「時給」や「昇給」の制度がここまで明確になっているのは、アルバイト間で時給格差による不満が生じないようにするためだとか。

しっかりとルール化することで不公平をなくすといった意図があるそうで、現場の店長の鶴の一声などで決まるということがないので、前向きに取り組みやすいですよね。

交通費は?

・交通費:【公共交通機関】1日500円まで 月額1万円まで
【車】1日300円/月額6000円まで 【バイク】1日150円/月額3000円まで

『丸亀製麺』の「交通費」の規定は、交通機関のみならず、車やバイクにも適用され、電車やバスなどの公共交通機関を利用する場合は、最大月額1万円1日500円まで。

店舗に駐車場があって車やバイク通勤がOKだとされている場合は、車なら1日300円(月額6000円)まで、バイクなら1日150円(月額3000円)までが支給されます。

ただし、自宅からお店までの直線距離が2km未満の場合は、車やバイクでの通勤はできません。

給料日は?

・給料日:月末締めの翌月15日支払い

『丸亀製麺』の給料は、月末締めの翌月15日支払い。給料日が土日祝日にかかる場合はその前日に支払われます。

シフトは?

シフト:3週間前に1週間分を提出 固定シフトが多い
週2日、1日3時間~OK

『丸亀製麺』では、週2日、1日3時間~の勤務から応募することができます。そのため、主婦が子どものお迎えや夕食の準備などに無理のない範囲で働くことが可能で、実際に『丸亀製麺』で働いているアルバイトの約7割が女性。しかも、40代~50代の主婦が中心となっているそうです。

営業時間は各店舗によって多少異なっているのですが、多いのが10時~22時いった時間帯。その中で、9時~14時といった朝の開店準備からランチタイムのピークが過ぎるまでの時間帯は主婦層が、18時~23時などディナータイムから閉店までの時間帯は大学生などが中心となってお店を切り盛りしていることが多いようですね。

シフトは、3週間前に1週間分を提出するスタイル。例えば5月の1週目のシフトは、前月である4月の2週目に提出するようになっています。

ただし、『丸亀製麺』では採用時に「○曜と〇曜の午前10時~14時、土曜は10時~17時」といったようにそれぞれの都合に合わせて原則的に「固定シフト」を組むので、3週間前に提出するのは、主にアルバイトに入れないイレギュラーなどについて。

固定しているシフトの中で、休みを取りたい場合などはこのシフト提出に合わせて、もしくは1ヶ月前に店長に相談するか、他のスタッフに声をかけて代理を探すようにしている店舗が多いようです。

ちなみに、『丸亀製麺』では高校生のアルバイトの応募は不可となっています。

制服は?

・制服:あり・貸与 白いインナーシャツは自分で用意

『丸亀製麺』の「制服」は、半袖の白い上着にパンツ白いエプロン白い靴。男性は白い帽子を、女性は白い三角巾をつけるスタイル。全て貸し出しがあります。

また、制服の中に着るインナーは無地の白い丸首Tシャツのみ。これは自前で用意しなければなりません。

身だしなみは?

・身だしなみ:厳しめ

『丸亀製麺』の「身だしなみ」は、飲食店だけあって厳しめ

髪色の基準もあり、男性は長髪禁止。女性は髪が長い場合は、後ろでひとつに束ねるようになっています。

また、マニキュアや香水もNGですし、異物混入を避けるため、ピアス、ブレスレット、ネックレス、指輪なども禁止されています。

その他、仕事中、携帯電話の持ち込みもNGとなっています。

まかないは?

・まかない:合計額600円までなら90円で食べられる 

『丸亀製麺』で最も楽しみなのが美味しいうどんを「まかない」として食べられることではないでしょうか?

「まかない」は、1日の勤務時間に関わらず、アルバイトに出勤した人であれば、合計600円分を90円で食べることができます。600円分が90円って!すごい出血大サービスですよね!

しかも、『丸亀製麺』のメニューはそれほど高くないので、うどんに温泉卵+海老天+イカ天といったゴージャスバージョンも可能なんだとか!うらやましいですね!

ちなみに、「まかない」として食べた分の支払いは給料から天引きとなります。

仕事内容は?

・製麺
・釜ゆで
・湯煎
・トッピング
・天ぷら
・おむすび
・レジ(ホール)
・洗い場

『丸亀製麺』は、セルフサービスのお店なので、お客様の席に食事を運ぶという手間はほとんどありません。そのため、これらの「仕事内容」はオープンキッチンの中での調理と接客がメインになります。一つ一つ詳しく見ていきましょう。

① 製麺

「製麺」は、店のうどんの味の要となる仕事の一つ。『丸亀製麺』では各店舗に製麺機が用意してあるので、小麦粉、水、塩を用いて麺を仕込むことができます。季節によって、小麦粉に加える塩水の濃度を変えるなどの工夫が行われています。

20kg近い生地を扱うので、腕力と体力が必要になります。

② 釜ゆで

「釜ゆで」は「釜担当」とも呼ばれ、「製麺」と共に味の要となる重要なお仕事です。その日の気温や湿度などを見極めながら絶妙なタイミングでうどんをゆでる技術が必要になります。

こちらも熱湯の前に立ち続ける仕事なので、体力勝負!夏場はかなり暑くなるそうです。

③ 湯煎

「湯煎」は、釜からあがってきたうどんを冷水でしめてぬめりを取る、釜ゆでのまま器に盛るなど、客さまの注文を聞いて適切に麺を盛りつける担当になります。

特に、土日祝日は注文の嵐になります。釜揚げうどんなど時間がかかるものは「番号札」をお客様にお渡しします。焦らず一つずつ確実に行うのがポイントです。

④ トッピング

「トッピング」は、「湯煎」で盛りつけられたうどんにダシを入れたり、ネギや大根おろし、玉子といった具をのせたりする担当。手際よく、きれいに盛りつけましょう。

⑤ 天ぷら

「天ぷら」は、『丸亀製麺』で人気の天ぷらを揚げるお仕事。ランチタイムなどには天ぷらが売り切れてしまうこともあるので、減り具合などをチェックしながら揚げるものを決めて手早く揚げ、常にお客様に提供できるようにしていきます。

⑥ おむすび

「おむすび」は、うどんのサイドメニューとしてのおむすびやいなりを調理、管理する担当です。これらもお店でひとつひとつ手作りしているので、切らさないように気を付ける必要があります。

⑦ レジ(ホール)

お客様がお好みのうどんや天ぷら、おむすびなどを選び、トレーに乗せて最後にたどりつくのがお会計を行う「レジ(ホール)」です。

混雑時以外はレジに張り付いている必要がないので、テーブルやお盆拭きコップやお盆の補充、土日祝日の空席確認や報告なども請け負うことが多いようです。

⑧ 洗い場

「洗い場」は、お客様が返却口まで運んできた食器を食器洗浄機に入れて洗うお仕事になります。シンクにぬるま湯を貯めて洗えるものから洗ったり、頑固な汚れを落としたりするのは他の食器を洗浄機にかけている間になど、洗浄機をフル活用するのがコツです。

仕事の役割や担当はどう決まる?

『丸亀製麺』では、これら「洗い場」までを含めた8つのポジションに約20時間の研修時間が設けられており、先輩スタッフの指導に従って、すべての行程を一通り経験するようになっています。

この研修は、全体の流れを把握する共に、お互いをフォローしあえるようなチームワーク作りにも一役かっているそうです。

仕事の役割や配置については、一連の研修を通して、どの業務に向いているか?が判断され、メインの担当のポジションが決められます。

例えば、お客様から注文を聞いて、メニューを仕上げる「湯煎」や「トッピング」などはテキパキした明るい人に、お客様に「○○が揚げたてです、お待たせしました」などの声かけを行うことが多い「天ぷら」には元気がある人に・・といった具合です。適材適所という訳ですね。

また、フードコート店でない場合は、客席の「清掃」もスタッフが担当することになります。

丸亀製麺のアルバイト!口コミや評判は?

『丸亀製麺』の仕事内容や時給などの基本情報分かったところで、実際に『丸亀製麺』で働いたことがある人の口コミ評判などを見てみましょう。

公平な判断ができるように「いい意見」と「悪い意見」の両方を集めてみました。

いい意見

・美味しいまかない(社員割引)がある
・従業員優待券がもらえる
・新メニューが試食できる
・フードコート店舗は客席の清掃がなくて楽
・お客様との交流がある
・覚えるメニューが少ない
・客席の後片付けをしなくていい
・忙しいので時間が早く過ぎる

『丸亀製麺』のアルバイトの「いい意見」として上がったのは、このようなもの。

特に、600円までのメニューなら何でも90円で食べることができる「まかない」は大人気!美味しくて安い!最高ですよね!休憩中や仕事終わりに多くの人が利用し、一人暮らしの学生さんには特に好評のようです。

また、半年に一度、丸亀製麺を運営する「トリドール」系列の店舗で利用できる「食事優待券」をもらうことができるというのも嬉しいですね。金額は、店舗や時期によって異なるそうですが、1500~2500円程度が目安なのだとか。自分が使わなくても家族や友人にあげると喜ばれるそうですよ。

さらに、季節によって新メニューを数多く出す『丸亀製麺』では、新メニュー販売の際には試食として無料で一人一人前を食べる事ができるとか。いいですね!その際、どのように作れば最もスムーズか?といったことも話し合われるそうです。

その他、セルフサービス形式のお店なので、他の飲食店に比べて、覚えるメニューが少なくてすんだり、客席の後片付けをしなくてよかったり、フードコート店舗は客席の清掃が不必要だったりと楽な点も多いとか。

また、常連さんに顔を覚えてもらって声をかけてもらえるなど、お客様との交流があると疲れも吹き飛んじゃうほど嬉しいとか。確かに忙しくはありますが、かえって時間が経つのが早くていいという意見も目立ちましたね。

そして、仕事に慣れないうちは本当に大変でしたが、慣れてしまうと作業が苦になる事はあまりなかったという声も。それほど難しくない作業が多いので、慣れてしまうと楽になれるのかもしれませんね。

悪い意見

・オープンキッチンなのでお客様の目を気にする必要がある
・立ちっぱなしで疲れる
・製麺や釜担当は体力がいる
・夏の釜担当は暑い
・スタッフの少ない時間帯に団体客が来ると大変
・人間関係が難しい

『丸亀製麺』は、オープンキッチン内での調理や接客が主な仕事となるため、常にお客様の目があり、堂々と座って休むという訳にもいきません。

しかも、来店されるお客様の数も多く忙しいのと、それぞれ役割や担当があるので、レジ担当ならずっとレジの前で立ってお会計をし続ける、釜担当ならずっと釜の前で麺を茹で続ける・・というように、同じ場所で立ちっぱなしになるので慣れるまではかなりしんどいのだとか。

皆さん、お客様の目に触れないように足踏みなどをして耐えているようですね。

また、「製麺」や「釜担当」は体力勝負といったところも。「釜担当」は常に熱湯の前に立つため、汗を大量にかく上に夏場は特に暑いとか。さらに、麺を大量に茹で続ける上に、出汁の缶やすりおろし用の機械など重いものを扱うため、腕力は必須です。

同様に「製麺」担当も20kg近くある生地を抱えたまま作業をしなければならず、かなりの腕力と体力が必要になってきます。中には、腰痛を患う人も少なくないとか。

その他、『丸亀製麺』ではお客様が少ない時間帯では複数の担当を掛け持ちするのが普通なので、急に団体客が来たり、突然混み始めたりすると人手が追い付かずお店が回らなくなってしまうという意見が多くありました。時には、休憩中の人にもヘルプを頼むこともあるとか。

また、40~50代の主婦層が7割を占める『丸亀製麺』では、おばさま方に気に入られるかどうか?というのも気持ちよく働けるかどうかの境目になるとか。口コミでも、人間関係が難しいという声の他、陰口を聞こえるように言われたり、つらく当たられたり、指導もなくほったらかされたりしたという不満も多く見られました。

ただ、一方で「初めはどうして怒られているのかわからなかったが、仕事に慣れてくると叱られていた意味が分かった」という声や「積極的に質問して早く仕事を覚えようとする姿勢が大事」といった声もありました。おびえるばかりでなく、自分から積極的にスタッフの中に飛び込んでいく姿勢が必要になりそうですね。

ただし、「夜のシフトに変更してもらったら周りは同じ大学生ばかりで『ホントに同じ店!?』って思うほどだった」という体験談も。昼間は主婦層が幅を利かせていますが、夜のシフトはそれほどでもないので、人間関係に悩むようであればシフトの時間帯を変更してもらうのも一つの手かもしれません。

丸亀製麺のアルバイトの面接の注意点は?

続いては、実際に『丸亀製麺』にアルバイトとして勤める時に、必ず乗り越えなければならない「面接」の注意点について見ていくことにしましょう。

面接までの流れは?

『丸亀製麺』の面接までの流れとしては、公式HPや求人サイトなどを利用してアルバイトに応募。その後、面接の日程が調整され、身分証明書と筆記用具のみを持参するようにと説明があるはずです。

履歴書は不要で、面接の時間は、お店が忙しくなるお昼や夜の時間帯(11~14時・17~20時)を避け、9~11時14~17時、または20時以降に設定されることが多いようです。

面接の当日は、お店側に用意されている「面接シート」に必要事項を記入し、その内容にそって面接が行われます。時間は15~30分程度が目安となっているようですね。

◆丸亀製麺 公式HP アルバイト採用情報:
https://job-gear.jp/toridoll/top.htm

面接シートには何を書くの?

「面接シート」には

・氏名
・生年月日
・電話番号
・メールアドレス
・勤務先(応募時に別の会社・店舗などで働いている場合)
・学校名・学年(学生の場合)
・住所
・通勤手段

等の基本条項の他に、子どもがいる場合は

・子どもの人数と年齢

が聞かれ、さらに、シフトや給料についての希望する条件として

・希望勤務日数・曜日
・月間の希望所得金額

の他、扶養控除などの都合で年収に制限がある場合はその上限金額や、年末年始・お盆・GWのうち出勤可能な期間、学生の場合はテスト期間中でも出勤が可能かどうか?も聞かれることになります。

よく聞かれる質問は?

面接シートでも多少の質問があるようですが、『丸亀製麺』の面接ではその他に次のような「よく聞かれる質問」があります。

・なぜ丸亀製麺を選んだのか?
・ご自分の長所や短所は何だと思いますか?

これらの質問は、内容が直接採用に結びついているのではなく、質問に答える際の態度や表情から「自然な笑顔で人と話せるか」「きちんと相手の目を見て話しているか」といった点がチェックされているとか。

ですから、質問の答えは「家から近いから」「時給が良いから「接客が好きだから」などでも構わないのです。

また、長所と短所は裏返しです。「真面目でコツコツ努力する」のが長所であれば、その反対の「柔軟に対応できない」というのは短所になるでしょう。

面接時ではこのように長所と短所を繋げて答え、「ですが、こちらで働かせていただく中で、時と場合によっては柔軟に対応出来る力も身につけたいと思っています」など、短所のフォローをしておくコメントを付け加えると印象が良くなるでしょう。

面接時は1;1で緊張はするでしょうが、相手の目を見てなるべくはきはきと答えることが大切です。目を見るのが恥ずかしいなら、おでこの辺りや目と目の間を見つめて話すといいでしょう。

その他、応募者の個性を知るために

・学生時代に部活は何をしていましたか?
・どんな部活動でしたか?

などの質問がされることも。

これは、チームプレーが得意なのか?それとも、一人でコツコツとこなすタイプなのかなどを知りたいがための質問。正直に回答すれば大丈夫です。

面接時の服装は?

『丸亀製麺』の面接シートには「身だしなみや就業ルール」などの確認項目も記載されていて

・接客業務と調理業務の両方をしていただきます。
・お客さま第一主義に基づく、指導や指示をいたします。
・仕事中、携帯電話の持ち込みはできません。
・男性は長髪禁止。女性は髪が長い場合は後ろでひとつに束ねる。
・髪色の基準を守る。
・マニキュアや香水は禁止。
・ピアス、ブレスレット、ネックレス、指輪などは営業中は外す。
・制服を正しく着用し、下に着る肌着は白色(無地の丸首Tシャツ)。

といったことが書かれています。

そのため、面接時にも『丸亀製麺』が定める身だしなみのルールをベースにした髪色や髪型清潔感のある服装をするのが好感度を上げるポイントになるでしょう。

丸亀製麺のアルバイトについて

いかがでしたか?大人気のうどんチェーン『丸亀製麺』のアルバイトについて、時給からシフト、仕事内容、まかないなどの基本情報のほかに、口コミや体験談なども集めてご紹介しました。

美味しいまかないが100円以下で食べられる上に、時給・昇給制度は不公平がないようにしっかりと整備、研修もしっかりとしていて、シフトは固定制で予定が立てやすくなっています。

人気店なので忙しく仕事に慣れるまでは大変なこともあるようですが、口コミではファミリーレストランなど他の飲食店に比べると仕事は単純で、メニューも少なく覚えやすいとか。

うどんが好きで、てきぱきと積極的に働くのが苦ではないという方に向いていそうなお仕事ですね!興味がある方は、是非、求人情報などからお近くの求人を探してみてくださいね!!

バイト探しチュ~なら「バイトル」がおすすめ!

・細かい条件検索でバイト先を探せる!(もちろん、特定の店舗名でもOK)

・文字だけではなく、写真や動画でもバイト先を選べるから、雰囲気がわかりやすい!

・アルバイト求人サイトユーザー調査において、ユーザー総合満足度No.1に選ばれている!

バイトルでバイト探しするならこちらをクリック

-アルバイト

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.