「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

クレジットカード

マイレージプラスセゾンカードを徹底解説【ゴールド・プラチナも】

投稿日:

飛行機に乗らずにクレジットカードを上手く活用することでコツコツとマイルを貯める『陸(おか)マイラ-』に人気なのが、クレジット大手のクレディセゾンが発行する「MileagePlus(マイレージプラス) セゾンカード」

『陸マイラ-』にとって、最も重要な「マイルの貯めやすさ」に定評があるこのカード!もちろんJALやANAなどの航空会社系のカードでもマイルはしっかり貯まりますが、なんとこのカードはそれ以上にマイルが貯められるという噂も!

今回はそんな「MileagePlus(マイレージプラス) セゾンカード」を、徹底解説していきたいと思います!!

MileagePlus(マイレージプラス) セゾンカードって、どんなカード?

MileagePlus(マイレージプラス) セゾンカードは、一言でいうなら「ANAマイルがどんどん貯められちゃうカード」!!

このカードの「MileagePlus」とは、ユナイテッド航空のマイル・プログラムのことなのですが、実はユナイテッド航空とはANAと同じくスターアライアンスに属する関係。つまり、このカードではスターアライアンス各社のマイルを貯めることができるカードなのです。もちろん、ANAマイルも例外ではありません!

日本でマイルを貯めようと思うなら、使い道の広さからいってもJALもしくはANAマイルを貯めるのが『陸マイラ-』の常識。中でも、ANAマイルは自分の工夫次第で有効期限を延ばせることから、『陸マイラ-』にとっては人気が高いのです。

最大の魅力はマイルレートの高さ!

ですが、このカードの魅力はただANAマイルが貯められるというところだけではありません。最大の魅力は、その還元率の高さ!

この「マイレージプラス セゾンカード」の年会費は1,620円と安いのですが、通常のカード利用で1,000円⇒5マイルを貯めることができます。これでも還元率は決して悪くないのですが、驚きなのはここから!

なんと追加で年間に会費5,400円を払うと「マイルアップメンバーズ」に登録でき、1,000円⇒10マイルが追加加算されるのです。つまり、1,000円の利用で合計15マイルにもなるということなんですよ!これはものすごい還元率です!!

さらに、コスモ石油をお使いの方であれば、給油時にこのカードを利用することで20マイルを貯めることもできるのです!1,000円⇒20マイルって、こんな高還元率は航空会社系のカードでもめったに見られません。

例えば、年会費の近い「ANA 一般カード(年会費2,160円~)」と比較してみると、通常の場合、そのマイルレートは1,000円⇒5マイル、年額5,400円/6,480円の「マイル移行手数料」を払った場合は1,000円⇒10マイルと倍になります。

しかし、この「マイレージプラス セゾンカード」と比べると、同じくらいの追加会費で「マイルアップメンバーズ」に登録すれば1,000円⇒15マイルになり、コスモ石油での利用なら1,000円⇒20マイルにもなるわけです!

同じANAマイルを貯めるのであれば、この差はかなり大きいですよね!!

選べる国際ブランドは?特典は?

「マイレージプラス セゾンカード」の国際ブランドは、VISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレスの中から選ぶことができます。

ただし、カード申し込み時に「アメリカン・エキスプレス」を選択すると、2年目以降500マイルが毎年付与されるので、他の2ブランドよりもお得感は増すと思います。

さらに、世界140余りの国や地域での旅の相談や航空券の手配などにのってくれる「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスや、国内外のホテルでの宿泊、レジャー、ショッピング、食事などを優待価格で利用できる「アメリカン・エキスプレス・セレクト」といった特典もついてきます。

また、このカードには家族カードはありまませんが、付帯サービスとしてETCカードの同時申し込みが可能。

その他、海外旅行時にも利用できる「海外旅行保険」が自動付帯。死亡後遺障害に3,000万円、傷害治療に300万円、疾病治療に300万円、携行品損害に30万円、賠償責任に2,000万円、救援者費用に300万円という充実の内容となっています。

セゾンカードならではの特典も!

「マイレージプラス セゾンカード」は、セゾン系カードでもあるので、セゾンカードの多くで利用できる毎月5日と20日に西友やリヴィン、サニーなどでのカード利用で食料品から衣料品までが5%オフになるという特典も使うことができます。

さらに、コンサートや演劇、スポーツ、イベントなどで有効なチケット先行予約や優待割引が受けられるサービス「イープラス」も利用可能!

セゾンカードならではの特典も、充分に利用できるようになっています。

その他のメリットは?

マイルレートの高さはもちろん、その他の様々な特典が嬉しい「マイレージプラス セゾンカード」ですが、もちろんANAマイル以外にもユナイテッド航空、ルフトハンザドイツ航空などのスターアライアンス各社の利用分もUNITEDマイレージプラス・マイルに加算されて貯めることができます。

さらに、スターアライアンス各社の特典航空券への交換も可能となっていますので、毎年ハワイやグアムなどに行くという方や海外にお出かけする機会が多いという方には便利ですよね!

しかも、ユナイテッドのマイレージは、18ヶ月以内にマイルを加算していればマイルの期限切れがないため、定期的にマイルを積み上げられる方であれば実質的には期限がないも同然!この点も『陸マイラ-』にとっては、非常に魅力的だと言えるのではないでしょうか?

その他、海外用モバイルWi-Fiルーターレンタルサービスを会員価格で利用できます。海外でのタブレットやスマートフォンの利用も料金が定額制になっているので、海外出張が多いという方でも安心して使うことができますね!

また、ポイントには加算されませんが、近頃多い「電子マネーチャージ」の利用はiD、QUICPay、楽天Edy、nanacoが利用可能。「スマホ決済」であれば、Apple Pay、Google Pay、楽天ペイが利用可能となっています。

マイレージプラス セゾンカード!もっと上のクラスは?

マイレージプラス セゾンカードには、今までご紹介した通常クラスの「マイレージプラス セゾンカード」の他に、上のクラスになる「ゴ-ルドカード」「プラチナカード」があります。

通常クラスのマイレージプラス セゾンカードとどう違うのか?などにも注目しながら、詳しく見ていきましょう!

MileagePlus(マイレージプラス) セゾンゴールドカード

・年会費:16,200円 家族会員:5,400円

・マイルレート:1,000円⇒15マイル

・国際ブランド:VISA、MasterCard、AMEX(アメリカン・エキスプレス)

・サンクスマイル:1,500マイル ※アメリカン・エキスプレスのみ

・付帯保険:海外&国内旅行保険、ショッピング保険

・ETCカード:○

「マイレージプラス セゾンゴールドカード」と通常のマイレージプラス セゾンカードの違いの第一は、年会費(16,200円)の高さ。通常のマイレージプラス セゾンカードの年会費は1,620円とゴールドカードの1/10というのですから、その違いは一目瞭然です。

しかし、通常クラスのカードでは1,000円⇒15マイルのマイルレートを獲得するのに年会費5,400円の「マイルアップメンバーズ」への登録をしなければならなかったところが、ゴールドカードではこの登録なしで1,000円⇒15マイルの高還元率となっています。これは、いいですよね!

ただし、このマイルレートには上限があって、年間75,000マイルを超えてしまうと、その後の利用では1,000円⇒5マイルのレートまで落ちてしまうため、注意が必要になります。

また、選べる「国際ブランド」は通常クラスと同様にVISA、MasterCard、アメリカン・エキスプレスの3つ。

このうち、アメリカン・エキスプレスを選んだ場合のみ、2年目以降、毎年の年会費請求時に「サンクスマイル」としてマイルが付与されるのも同じです。ただし、そのマイル数は500マイル⇒1,500マイルと大幅にUPしています。

また、通常クラスでは海外旅行保険しか付帯していなかったのが、ゴールドカードでは海外の他に、最高5,000万円までの国内旅行保険も付帯。さらに、海外旅行保険では、死亡後遺障害補償が5,000万円まで金額が上がった他、携行品損害や賠償責任への補償額もUP。家族特約まで自動付帯するようになります。

さらに、海外・国内で対応可能なショッピング保険がそれぞれ100万円ずつつくようになるため、さらに安心してお買い物ができるようになるでしょう。

ETCカードについては、通常クラス同様に無料で作ることができますし、電子マネーチャージやスマホ決済なども同様の内容となっています。

また、ゴールドクラス・プラチナクラスの特典として、国内の主要空港とダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ・ホノルル)のラウンジが無料で利用できる優待サービスや、キャンペーン、チケット、ツアーなどのお得情報や海外旅行、インタビューなどが掲載されている会員誌「express」が無料で届けられます。

その他、スターアライアンス各社のマイルが貯められるのはもちろん、西友・リヴィンなどでの割引や人気チケットの先行予約など、セゾンカードならではのサービスも通常クラスと同じように利用できます。

さらに、過去に失効してしまったマイルでも18ヶ月以内であれば復元することが可能に。『陸マイラ-』には嬉しい特典もついてきます!

その他、付帯サービスとして、海外用モバイルWi-Fiルーターや海外用データ通信(USBタイプ)のデータ通信料が10%OFFで利用できる「海外Wi-Fiレンタルサービス」や、出発の7日前までなら事前にレストラン予約ができたり、現地での観光案内や予約、トラブル時などに日本語で対応してくれたりする「海外アシスタンスデスク」が利用可能となっています。

通常クラスでは、年会費1,620円+マイルアップメンバーズ会費5,400円=7,020円かかっていたのが、ゴールドカードでは16,200円。ゴールドカードにクラスアップすると、9,000円程度の金額上昇ということになりますね。

自分にとって、ゴールドクラス特有の様々な特典がこの金額に見合うかどうか?と点が、このカードを選ぶ基準になると思います。

MileagePlus(マイレージプラス) セゾンプラチナカード VISA

・年会費:38,800円 家族会員:9,720円

・マイルレート:1,000円⇒15マイル

・国際ブランド:VISA

・サンクスマイル:5,000マイル 

・付帯保険:海外&国内旅行保険、ショッピング保険

・ETCカード:○

「マイレージプラス セゾンプラチナカード VISA」は、マイレージプラス セゾンカードの最上位クラス。その分、年会費も上がり、38,800円となります。

マイルレートは、1,000円⇒15マイルとゴールドクラスと同じですが、その代り上限がなくなるのでいくらカードを使っても、マイルは1,000円⇒15マイルの高還元率のまま!すごいですね!

また、国際ブランドはVISA一択となり、2年目以降、毎年の年会費請求時にマイルが付与される「サンクスマイル」5,000マイルへとこれまた大幅UP!

さらに、最高1億円までの海外・国内旅行保険が付帯する他、ショッピング保険も500万円までと上限がUP。

その他、通常クラス・ゴールドクラスでついていた特典はもちろん、このクラスならではの特典として、VISAの24時間365日対応可能な「プラチナコンシェルジュサービス」も利用することができるようになります。

また、JTBの海外パッケージツアーや航空券を優待価格で使うことができる「VISAプラチナトラベル(海外)」サービスや、国内外のゴルフ場を4,000円OFFの優待価格で利用することができる「ゴルフ優待サービス」なども付帯しています。

こちらもゴールドカード同様、年会費が高額なので、自分の生活スタイルなどに合致しているかどうか?というのが見極めのポイントになるでしょう。

魅力いっぱい!マイレージプラス セゾンカード!!

いかがでしたか?マイレージプラス セゾンカードのたくさんの魅力について、詳しく解説してみました。

特に、通常クラスのマイレージプラス セゾンカードだと、年会費も本家本元のANAカードより安く、マイルレートも高い!コストパフォーマンスが非常に高いカードとなっています!!『陸マイラ-』なら、放っておけない一枚だと言えるのではないでしょうか?

今回ご紹介したマイレージプラス セゾンカード!ご興味がある方は、是非、公式HPなどご覧になってみてくださいね!

◆MileagePlus セゾンカード 公式HP:
http://www.saisoncard.co.jp/mileage/ua/

-クレジットカード

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.