「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

ポケットwifi

LTEのポケットWi-Fiのメリットとデメリットを解説

投稿日:

ポケットWi-Fiに興味があるという方の中には、「LTEを選ぶか?」「Wimaxを選ぶか?」で迷っている方も多いでしょう。

ですが、その両者の違いがよく分からないので選ぶに選べない・・という方も少なくないのでは?

そこで当サイトでは、LTEとよく比較されるWimax、この両方のメリット・デメリットを徹底検証!2回シリーズでお届けします!

そもそもLTEとWimaxが何なのかもピンときていないんだけど・・という超初心者だった私の経験も交えて、どなたにもよく分かるよう解説していきますよ!

ポケットWi-FiのLTE・Wimax・・って何?

ポケットWi-FiのLTEやWimaxなんて言われても、何が何だかさっぱり・・

という方も多いですよね。私もその一人でした!ですが、今ではしっかりとわかってきましたので、この知識を皆さまにもお伝えしようと思います。

ポケットWi-Fiとは?

まず、初心者がひっかかりやすいのが「ポケットWi-Fi」という単語。特に「Wi-Fi」というのが超・初心者にはわからないんですよね!

この「Wi-Fi」については、今まで『ポケットWi-Fiの仕組みは?』などの記事で説明してきました。簡単に言うと、Wi-Fiは「LANケーブルが必要ないインターネットの接続方法」のこと。

「電波」によってデータの送受信が行われるのでケーブル(線)が必要なく、「無線LAN」とも呼ばれます。詳しくは『ポケットWi-Fiの仕組みは?』記事をご覧くださいね。

そして、このケーブルを必要としない接続方法に欠かせない機器となるのが、Wi-Fi対応の「ルーター」です。この「ルーター」はケーブルに変わって、基地局からの電波、そしてお家や会社などのコンピューター・ネットワークとの橋渡しをする役目を担います。

ルーターには「据え置き型」タイプと持ち運びに便利な「モバイル」タイプの2種類があり、「モバイル」タイプのルーターを指して「ポケットWi-Fi」と呼ばれています。

つまり、「ポケットWi-Fi」持ち運びができるコンパクトなモバイルルーターというわけなのですね。

この「ポケットWi-Fi」はその名前の通りポケットに入れられるほどコンパクトで持ち運びがしやすいルーターです。そのため、自宅や会社以外のところにも持ち出すことができ、場所を選ばず自由にインターネットが楽しめるツールなのです。

LTE・Wimaxとは?

では、「LTE」とか「Wimax」というのは何なのでしょう?

これは、基地局とポケットWi-Fi間の通信方式のことを言います。つまり、「ポケットWi-Fi」を利用する時に私たちは通信方式を「LTE」「Wimax」の2種類から選ぶことができるのです。

厳密には、両方使える「ポケットWi-Fi」もあるのですがややこしくなるので、その話は次にしましょう。ここでは、通信方式には「LTE」「Wimax」の2種類があると分かっていただければ十分です。

先ほど、「Wi-Fi」は「電波」を使ってデータのやり取りを行うと言いましたね。そしてその仲介役となるのが「ルーター」だとも。当然、モバイルルーターの「ポケットWi-Fi」にもその役目があります。ごく簡単な図にすると、

プロバイダ・基地局 ⇔(電波)⇔【ポケットWi-Fi】⇔ PC・タブレット等

という感じです。

そして、この基地局から「ポケットWi-Fi」間の電波を使った通信方式、これが「LTE」「Wimax」になるのです。

では3G・4Gっていうのは?

この「LTE」「Wimax」の通信方式を説明する際によく目にするのが、「3G」とか「4G」とかいう言葉です。

「LTE」「Wimax」についてよく知ろうと調べていくと、必ずこれらの言葉が出てきて、一見複雑そうになり諦めかけるのですが、理解してみるととても簡単ですので説明しておきましょう!

「3G」「4G」の「G」というのは「Generation(世代)」のことです。つまり、それぞれ「第3世代」「第4世代」という意味で、通信システムのことを指しています。数字が大きくなるほど新しい通信システムということになります。

今ではスマホが主流になりましたが、一昔前まではガラケーが全盛でしたよね?この時代の通信システムが「3G」と呼ばれるものでした。その当時は最先端の通信方式だったのです。

しかし、今の通信システムの主流は「4G」。「3G」よりももっと進み、LTEWimaxという方式が生まれてきたのです。さらに今では「5G」の通信システムも研究されているそうですよ。どんなものになるのでしょうか?楽しみですよね。

話が逸れましたが、つまり、「LTE」や「Wimax」が第4世代の通信システム「4G」ということなのです。

ただ、一般的には「LTE」の方が広く普及しているため、LTE=4Gという形で語られることが多いようです。ですが、だからといってWimaxが4Gではないということではありません。

LTEのメリットは?

ポケットWi-FiやLTEのことがわかってきたところで、今回の記事の目玉「LTEのメリット・デメリット」について見ていきましょう。まずはメリットからです。

通信速度が速い!

LTEの最大のメリットは、「速さ」です!通信速度が早ければ早いほどサクサクとつながりますから、「動画を視聴していてその遅さにうんざりする・・」などといったストレスがなくなるわけです。

理論上の数値においてもLTEの方がWimax(現在ではWimax2+も登場)よりも早いとされています。

利用範囲が広い!

LTEとWimaxを比べると、利用できる範囲が広いのがLTEです。

特に地下やビルなどの屋内、山間部や田舎の方になるとその差が顕著になると言われています。また、屋外でのつながりやすさもLTEの方が優れていると言われています。

LTEのデメリットは?

続いては、LTEのデメリットについてです。

通信制限がある

LTEでは、一定の通信制限を超えると極端にスピードが落ちてしまいます。これが一番の難点かもしれません。追加料金を払うことで回復することは可能ですが、ヘビーユーザーにとっては頭の痛い話になると思います。

ですが、LTEは広く普及しており、多くの人がいっぺんに使用することになるとトラフィック(通信量)を圧迫する懸念が考えられるため、無制限で、かつ今と同じように快適に使えるという状況には今後もなりにくいでしょう。

電波が入りにくい所がある

これはLTEに限ったことではありませんが、その速さゆえにLTEは直進性に優れており、少し前までは建物内などの回りこみが必要なところには入りにくいという欠点が指摘されていました。

しかし、今では対応できるエリアが広がったこともあり、そのような欠点はほとんど見られないというのが現在の通信業界での一致した見解のようです。

月額料金が高い

ポケットWi-Fiの月額料金は、各社おおよそ4,000円前後となっています。ただ、申し込み窓口によっては大幅なキャッシュバックなどがあるところも。

そこでLTEとWimaxを比べると、残念ながらWimax系の方がキャンペーン割引などの金額が大きく、2年間のしばり(ワイモバイルは3年間)がある「実質費用」を計算するとLTEの方が料金がかかる計算になります。

日本最大級の比較サイト『価格.com』の2017年4月の時点での各社実質費用プランランキングによれば、LTEの代表格である「docomo」は7千円台、「ソフトバンク」が4千円台なのに対し、Wimax系の代表格「UQ WIMAX」は2千円台になっています。

LTEのポケットWi-Fiのメリットとデメリットとは?

いかがでしたか?LTEのポケットWi-Fiのメリットとデメリットについて、LTEとは?というところからご説明しました。

LTEのポケットWi-Fiは、何より通信速度が速く、対応エリアが広いので、家でも外でもどこででも快適な通信環境が欲しい!という方にはうってつけといえるでしょう。

ただ、デメリットして実質の費用が高くつくことや、通信制限の問題などが挙げられます。興味がある方は、ご自分の希望がどこにあるのかをしっかりと考えて選ばれるのが最良になるだろうと思いますね。

-ポケットwifi

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.