「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

恋愛

彼氏のラインが冷たい時にどう自分の中で対処する?

投稿日:

彼氏のLINEが最近冷たい気がする・・

前はもっと頻繁に返事をくれたり、いろいろ話してくれたりしていたのに、最近は一言か二言の返事で済ませたり、既読スルーがあったり、やりとりも短文のみだったりということが続くと、女性は不安になってしまいがちですよね?

「もう好きじゃなくなったのかな?」「冷めてきたのかな?」「誰か他に好きな子ができたとか・・?」など、どんどん悪い方向へと考えてしまうことも。

そんな不安な日々を過ごしている女性へ、今回は「彼氏のラインが冷たい時にどう自分の中で対処する?」をテーマに、彼氏のLINEが冷たい原因を考えながら、その対処法についてお届けしていきたいと思います。

彼氏のLINEが冷たい原因とその対処法

彼氏のLINEが冷たくなってしまった原因というのは、どんなものがあるのでしょうか?それらの原因を順に、具体的にご紹介していきますので、自分の状況と当てはめながら考えてみてください。

また、自分の中でどう対処するべきか?それについても一緒に考えていきましょう。

原因① 彼女との関係に安心してきた

彼女の方が「最近、彼氏のLINEが冷たくなってきたような気がする」と心配しているカップルに考えられる一番多い理由。それが、彼氏が「彼女との関係に安心してきた緩み」からきているというもの。

付き合う前の微妙な時期や付き合いたてのお互いのことをまだよく知らない時期はLINE1つとっても「こんなこと言って嫌われないかな?」「これくらいならセーフ?」と常に手探り状態のはずです。

しかし、付き合いの長いカップルや結婚したカップルほどLINEのやり取りなどは短く簡潔になっていきます。それは、もちろん別れたいからなどという不穏な理由があることもありますが、ほとんどは「お互いを信頼しているから」

二人の関係が壊れないという安心感からカッコつけることなく、素の自分で接していくようになるからです。また、そうしてもお互いが離れていくことはないと心のどこかで感じられているからです。

また、付き合う前や付き合いたてに比べて、彼氏のLINEの頻度が減ったり、そっけない感じになってきたりするというのは、もともとメールやLINEなどのやりとりに重きを置かない男性の性質上から言っても無理のないこと。

さらに、それだけあなたとあなたとの関係に安心しきっているということでもある場合が多いのです。

彼氏からすればLINEは「お互いを知るためのツール」ではなく、既にあなたとの「連絡ツール」になっており、冷たくしている、そっけなくしているというつもりが全くないということも多いもの。

彼女に指摘されてびっくりするという彼氏が大多数でしょう。

対処法は?

LINEが冷たくなったのはいつですか?そういえば徐々にやり取りが少なくなってきた気がする・・という方は履歴を調べてみては?

ある時期を境にぱったり少なくなったというのは問題ありかもしれませんが、段々と少なくなってきたのなら「安心感からくる緩み」の可能性が高いです。

一緒にいる時間やデートする回数はあまり変わらず、LINEだけが冷たい気がするという時も同様です。もし、あなたへの愛情が減ってきているのなら二人で過ごす時間も少なくなるはず。

また、どうしても気になるという方は、彼氏に直接聞いてみましょう。その際は、泣いたり、責めるような口調になったりせずに「最近、LINEが冷たい気がするんだけど、〇〇君はLINEの長いやり取りとか苦手なの?」というような感じで聞いてみるといいでしょう。

最初から相手を責めるのはNG。彼氏の方は悪気がないということも考えられますし、無意識の可能性もあります。

その上で、「既読スルーだけはやめて」「スタンプでもいいから返事が欲しい」など、二人の妥協点を見つけると今後も上手くいくと思います。

原因② 返事の仕方がわからない

男性と女性では脳の構造が多少異なっていて、それぞれお互いがする話や大事にするポイントが食い違うこともしばしばです。そのため「返事の仕方がわからない」ということが起こります。

私も知り合いの男性に聞いたことですが、彼女とのLINEのやり取りの中で「どう返事すればいいのかわからない」「コメントのしようがない」と思うことがあるそうです。

例えば、女子同士ではよくある美味しそうな食事の写真、道端で見つけた素敵な風景など、女性なら「おいしそう」「自分も行きたい」「可愛い」「キレイ」などいろんな返事が思いつきますが、男性は正直「何だこれ?」「なんてコメントすればいいの?」と思ってしまうとか。

もちろん個性もあるので一概には言えませんが、男性と女性では物事の感じ方が違うので、彼氏に女友達のような反応を期待してはいけません。

その他、これまでのLINEのやり取りの中で「何でそんなことを言うの?」「そんな言い方はないんじゃない?」と彼女を怒らせた経験を持つ彼氏は「不用意にコメントを返したら彼女を怒らせるかも」とロクに返事ができなくなっているということもあります。

対処法は?

まずは、彼氏は女友だちではないので同じような反応は期待できないと理解しましょう。取るに足りない出来事はわかってくれる女子の友達とやり取りすることにして、むやみやたらと何でも彼氏にLINEしないこと。

彼氏が興味を持ちそうなこと大事なこと連絡事項などにとどめて様子を見てみましょう。それにすら返事をしてこないとなったら問題ですが、他に問題がなければこれまで通り仲のいいカップルでいられるはずです。

原因③ 忙しい・疲れている

バイトや勉強、仕事などで「忙しく疲れきっている」時というのは、たとえ大好きな人とのLINEでもあっても長々とやり取りする気になれないと思います。

そんな暇があるなら、今だけはとりあえず寝かせて・・と思う気持ち、あなたもわかりますよね?これは男女に関係なく同じなのでは?

それでも「LINEの返事なんて数秒あれば返せるはずだし・・」と悔しく思うかもしれませんね。ですが、元来、男性の脳は、目の前のことに集中して取り組むのは得意ですが、同時に複数の事柄を扱うことが苦手だと言われています。

そのため、男性の言う「忙しかったから」という言い訳は言葉通りであることが多いもの。目の前の仕事に没頭していたらその他のことは頭から飛んでしまいがちなのです。

対処法は?

彼氏からのLINEが最近そっけないかも・・と思った時は、彼氏の今の状況を少し遡って思い出してみましょう。試験や実験、就職活動、仕事で大きなプロジェクトが始まりそうだとか、話していませんでしたか?

もし、少し前にそのような話があったのなら、彼氏は忙しくて疲れていてLINEが思うようにできない状況にあるという可能性が高いです。

原因が思い当たらないようであれば、彼氏が忙しいとしたらこういう状況かもしれないと想像しながら「最近、忙しいのかな?」「バイト頑張っているんだろうね」「でも、身体には気をつけてね」などとわざと下手にLINEしてみましょう

ちょっと放置気味の彼女から優しいLINEがくれば、愛情が冷めていない彼氏なら少し慌てるはず。罪悪感も生まれるでしょう。

「そうなんだ」「ごめんね」「また連絡する」などの返事があるでしょうし、原因が見当違いでも「実は仕事でミスってて大変だったんだ」など本当の理由を教えてくれる可能性ありです。

どちらにしてもヒステリーを起こしてしまうのは逆効果。「この疲れきってて忙しい時に」と逆ギレされてしまう可能性があります。

原因④ 悩みがある・落ち込んでいる

プライベートや仕事などで「悩みがある」時や「落ち込んでいる」時の男性はLINEがそっけなくなる傾向があると思います。

男性はプライドが高いので、大好きな彼女の前では「カッコつけていたい」「頼りないと思われたくない」という無意識の行動から、一人でふさぎこみがち。女性は悩みを分け合う人が多いものですが、男性はそうではないのです。

そのため彼女が「何でも私に話してくれたらいいのに」と思っていても、なかなかうまくはいきません。

男性は男性同士でもあまり相談しあったりすることはないようですからね。「人に相談して痛みを共感しあう」という習慣が男性にはあまりないと思われます。

対処法は?

彼氏が何かに悩んだり、落ち込んだりしていることが原因かもと思ったら、ひとまずそっとしておきましょう

LINEも「何か話したい時はいつでも聞くからね」「何があっても私は味方だからね」「助けがいる時は言ってね」くらいでうるさくせず、優しくとどめておく方がいいでしょう。

原因⑤ 怒っている

彼氏からのLINEが急に冷たくなったという場合、「怒っている」ということも考えられます。

ケンカをしたり、言い争いをしたり、彼氏の嫌がることをしたりしませんでしたか?自分の行動を振り返ってみましょう。

対処法は?

もし、「あのことで怒っているのかも・・」と心当たりがあるなら、まずは謝ることです。お付き合いに慣れてくると、お互いに甘えが出て、つい余計なことを言ったり、彼氏の嫌がることをしてしまったりしがちになります。

大抵のことは二人の愛情で乗りきれるとは思いますが、彼氏が冷淡な態度を見せているのなら危機的状況です。

彼氏と別れる気がないのであれば、「自分にも悪い所がなかったかな」と素直に思い返し、修復を急いだ方がいいでしょう。

原因⑥ 別れたい・他に好きな人ができた

彼氏から一番聞きたくない理由が「別れたい」「他に好きな人ができた」といったものでしょう。

多くの場合、「彼氏からのLINEが冷たい」というのは二人の関係の慣れからくるものだったりしますが、やはり中にはこういう悲しい理由の時もあります。

たとえいくら好きだった相手であっても、愛情が冷めた今となっては優しく接することもLINEで長々とやり取りをすることも苦痛に感じるもの。そのため、LINEが冷たく、そっけなくなっていくのです。

また、他の女の子が気になり、そちらとばかりやり取りをしていて彼女が二の次になっているという可能性もあります。

対処法は?

まだLINEがそっけないくらいであれば、彼女との別れを「考えている」状態にとどまっているという可能性もあります。ですから、今はあまり深追いしすぎない方がいいかもしれません。

つかず離れずの状態で時々LINEをしながら様子を見て、それでも煮え切らないようなら二人で会って話してみるのもいいと思います。

また、これは一つの賭けになりますが、「一歩引いてみる」という態度が有効な時もあります。特に、女性を追いかけるのが好きな男性には効果的です。

会えないことを伝えても「わかった」「私も近頃予定がたてこんでいるから、またね」など、明るくさらっと引き下がったり、自分一筋と思われるようなLINEから一転シンプルな返事のみになってきたりすると、急に彼女が惜しくなって追いかけたくなる男性も多いようです。

ただし、露骨な異性の影をチラつかせるのはNG。取り返しがつかなくなる危険性があります。取り返しがつく範囲でうまく駆け引きをしてみてください。

彼氏のラインが冷たい時にどう自分の中で対処する?

いかがでしたか?「彼氏のラインが冷たい時にどう自分の中で対処する?」というテーマで、彼氏からのLINEが冷たくなった時に考えられる原因とその対処についてご紹介しました。

人間関係において、相手への「共感」を大切にする女性と違って、男性は相手に合わせる、共感することにそれほど重きをおかないと言われています。そのため、男性は長電話やメール、LINEのようなやり取りが女性ほどあまり得意ではありません。

ですから、「近頃、彼氏のLINEが冷たいような気がする・・」というのも、別れたいとか愛情が冷めたとかそういう類のものではないことも多いのです。

まずは、彼氏を含めて自分達の状況に思いを巡らせてみてください。「原因になりそうなものがあるか?」「今までの彼氏の態度は?」などなど、考えてみてください。

その上で理由が思い当たるようなら、対処法を参考に行動してみましょう。

女性にとって「恋愛」の優先度は非常にも高く、何をしていても常に頭の中にあると思います。ですが、男性は物事の優先度がほとんど横並びになっているので、忙しかったり、疲れていたりすると極端に恋愛への優先度が下がってしまいます。

そのことを考えに入れつつ、決してヒステリーに騒がず冷静に対処しましょう。二人で話し合うのもいいですし、一旦、LINEの頻度を下げて様子を見たりするのもいい方法です。

彼が本当に別れたいと思っているのかどうかを確認するためには、LINEを止めてみるなど距離を置くのも一つの方法です。もし、あなたに気持ちが残っているのなら、距離を置いたことで彼は何らかのアクションを起こすはずです。

相手の出方をよく見ながら、最善の方法を模索してみてくださいね!

-恋愛

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.