「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

健康

女性におすすめのストレスの発散+解消法一覧

投稿日:

どんな人でもたまるストレス。ですが、実はそのストレスの効果的な発散や解消法は選び方一つで、軽減させるどころか、かえって増長させてしまうこともあるようです。

今回はその選び方の違いも踏まえながら、特に女性におすすめできるストレスの発散+解消法をご紹介していきます!!

ストレスがたまりやすい女性とそうでない女性がいる!?

ストレスがたまりやすい現代社会。ですが、同じ女性でもストレスをためやすい女性そうでない女性がいるようです。

その興味深い結果を見られるのが、ストレスと身体や肌などの関係を調査・研究する「株式会社メディプラス研究所」を中心としたプロジェクトサイト『オフラボ』。

この『オフラボ』が、全国の20~69歳の女性、約7万人を対象に「ココロの体力測定2017」という調査を行いました。

その調査によると、全ての女性のうち、ストレス度の低い「低ストレス女性」の割合は10.8%、逆にストレス度の高い「高ストレス女性」16.2%という割合になったとの結果が。ストレスをためやすい女性とためにくい女性の割合は、だいたい同程度存在するということになりました。

また、このそれぞれのグループに「ストレスオフのためにしていること」について集計し、両者に共通していた上位項目をのぞくと、以下のような結果が見られました。

高ストレス女性のストレスオフ行動

1位 スマホ、パソコンを使う 26.1%
2位 昼寝など仮眠 23.2%
3位 音楽を聴いて過ごす 19.6%
4位 お腹一杯食べる 18.8%
5位 何も考えない(頭を休める) 18.3%

低ストレス女性のストレスオフ行動

1位 旅行に行く 25.7%
2位 笑う 23.1%
3位 入浴する 21.9%
4位 家族と過ごす 20.6%
5位 読書をする 20.1%

どうでしょう?ストレスをためやすい女性とためにくい女性のストレスオフ行動、すなわち「発散法」や「解消法」にかなりの違いが見られることがわかりますね。

特に、高ストレス=ストレスをためやすい女性の行動に顕著なのが「スマホ、パソコンを使う」「音楽を聴いて過ごす」など、デジタル機器を使って時間を過ごすやり方。これらの行動は低ストレス=ストレスをためにくい女性には見られない行動です。デジタル機器は便利で使い勝手がいいですが、実はあまりストレスを発散できているとは言い難いようですね。

また、デジタル機器を多用する反動なのか、「昼寝など仮眠」「何も考えない(頭を休める)」といった行動や、一時的にストレスを解消できる「お腹一杯食べる」という行動を取っているのがストレスをためやすい女性の特徴。心と身体のペースが乱れてうまくバランスが取れていない・・というような姿が目に浮かびます。

一方、低ストレス=ストレスをためにくい女性の解消法として挙げられているのが「旅行に行く」「入浴する」「笑う」など。これらの行動は、副交感神経が優位な時間を過ごして、ストレス抑制ホルモンのオキシトシンをおおいに活性化させていると考えられます。

さらに、「家族と過ごす」といった行動にも注目!高ストレスの女性が行う解消法には見られない「一人ではなく、誰かと一緒に過ごす」という行動が特徴的です。

また、ストレスをためやすい女性とためにくい女性の解消法として共通だった項目は

・コーヒーを飲む
・甘いものを食べる
・テレビをみる
・寝る
・とにかくゆっくりする

というもの。「寝る」「とにかくゆっくりする」はストレスなどで疲れている身体を休めるのに不可欠な行動なので当然といえば当然ですが、「コーヒーを飲む」「甘いものを食べる」「テレビをみる」は必要不可欠とは言い難い行動。必ずしもこれらの行動である必要はありません。

そのため、一見、ストレスの解消法として有効なのではないか?と考えられるのですが、これらは低ストレス・高ストレス女性のどちらとも上位に挙がった項目でした。つまり、ストレスを軽減する・軽減させない、このどちらにも関わりがあると考えられるということです。

そのため、ある程度のリラックス効果は期待できそうですが、特別、ストレスを減らしたり増やしたりする有効な働きまではないと思われるのです。

女性におすすめのストレスの発散+解消法5つ!

「ストレスをためやすい女性」と「ためにくい女性」ではストレスの解消法に違いがあるということがわかったところで、ここからはストレスをためにくい女性が実践しているストレス解消法をより詳しくご紹介していくことにしましょう。

旅行に行く

ストレスをためにくい女性のストレスオフ行動の1位に上がったのが、この「旅行に行く」というもの。

ストレスには様々な原因が考えられますが、日頃のストレスいっぱいの環境から抜け出して、気分転換をすることは非常に効果的だと考えられます。

新鮮な景色や空気に触れたり、美味しいお料理を食べたり、感動を味わったり・・。「旅」という非日常的な時間を過ごすことによって気持ちをリセットできることって、少なくないと思いませんか?また、明日からがんばろうってすっきりした気分で思える。こんな経験がある方も多いのでは?

それもそのはず。旅行中は、リラックス効果や集中力を高める効果のある「α波」や癒やしホルモンの「セロトニン」が多く分泌され、ストレスが軽減されるのです。さらにその効果は数日間持続するので、旅行後もすっきりとした気分が続くという訳です。

また、旅行に家族や友人と一緒に出掛ければ、他のストレスオフ行動として挙げられた「笑う」「家族と過ごす」という行動にもつながります。旅行先に温泉地を選べば「入浴する」という項目も満たされることに。

家族と温泉地へ旅行に出かけて楽しい時間を過ごす。これは、女性にとってストレスを解消する最強な方法と言えるかもしれませんね。

笑う

ストレスをためにくい女性のストレス解消法2位にランクインしたのが「笑う」という行動。

「笑う」という行為はごく単純なしぐさや行動に思えるかもしれませんが、実は「笑う」ことで心身ともにいい状態へ導く効果が期待できると言われています。例を挙げると

・記憶力がUP
・アルファ波が増加し脳がリラックスする
・脳の働きが活発になる
・血行が促進され、新陳代謝が活発になる
・自律神経のバランスを整える
・カロリーを消費し、筋力をUP
・脳内ホルモン・エンドルフィンが分泌され、幸福感と鎮痛作用をもたらす

などといったもの。見るからにストレスを軽減してくれそうですよね。

また「笑う」ことは、がん細胞や体内に侵入するウイルスなど、身体に悪影響を及ぼす物質を退治してくれる「ナチュラルキラー(NK)細胞」を活性化させ、免疫システム全体のバランスをちょうどよく整える効果もあるのです。

ストレスを軽減して免疫システムのバランスも整えてくれるとは、「笑い」は侮れない働きを秘めていると言えますね。

ちなみに、NK細胞の働きが弱い人や基準値の人が特に面白いことがなくても「作り笑顔」を続けると、NK細胞が活性化するという実験データが出ているとか。「作り笑顔」であっても心と身体にはいい影響が出るというのは驚きですね。

入浴する

「入浴する」という行為は「湯治」という言葉が昔から使われているように、心身へのリラックス効果治癒効果があると言われています。ストレスをためにくい女性の解消法3位にも入っていますよね。

「入浴」には、たとえイライラした状態であってもお風呂に入るだけで「リラックス状態」へと誘う力があると言われています。「入浴」によってスイッチが切り替わり、ストレスを発散することが可能なのです。

その他、「入浴」には身体を温め、血行や新陳代謝を促し、ダイエット効果やデトックス効果などの有効な働きが認められますが、特にストレスに効果があるのが日本に多く存在する「温泉」です。

それぞれに効能があり、湯の色や刺激、含まれる成分なども異なっている「温泉」の中でも、とりわけ「単純泉」や「アルカリ性単純泉」がストレスを減らすのに効果的だと言われています。

「単純泉」とは、含有成分の量が一定量に達していない、刺激の少ない温泉のこと。湯が柔らかく、気持ちよさを感じやすいという特徴があり、刺激が少ないため、子どもやお年寄りにもOKで老若男女誰でもおすすめでしきます。

効能としては、疲労回復ストレス解消の他、健康増進などの効能が認められており、その単純泉の中でもpH値8.5以上のものが「アルカリ性単純泉」と呼ばれ、肌の角質をとる美肌効果なども期待できると言われています。

また、「半身浴」もストレスを抱える女性にはおすすめの解消法。

熱いお湯につかると体力を消耗してかえって疲れたり、自律神経の交感神経を刺激してしまいがちですが、「半身浴」はぬるめのお湯にゆっくりつかるため、副交感神経を優位にしてリラックス効果を促します。そのため、ストレスや疲労も取れやすいのです。

また、

・心拍数を下げる
・血行を良くする
・腸の働きを整える
・睡眠の質を上げる

といった効果は、ストレス時に起こりやすい「心拍数が上がりやすくなる」「寝付けなくなる」「お腹を壊す」などの様々な症状を改善してくれる働きがあると言われています。

その他、ゆっくりとじんわり汗をかいていくので、老廃物なども排出しやすく

・美肌効果

も期待できます。さらに、「半身浴」は負担をかけずに身体を芯から温めることが出来ます。自律神経のバランスも整えてくれるので、眠る前に「半身浴」を行うと副交感神経が優位になり、眠気を誘ってくれて安眠のサポート役にもなってくれます。

家族(他の人)と過ごす

ストレスをためにくい女性のストレスオフ行動を参考に、女性におすすめのストレス解消法を紹介してきましたが、ここまでは一人でもできる方やり方がを中心でした。

次に紹介したいのは「家族(他の人)と過ごす」という、誰かと一緒に過ごす事でストレスを解消する方法です。

もちろん一人でもストレスを軽減させる方法を実践することができますが、家族や仲の良い友人と遊んだり、楽しく時間を過ごしたりすることは、それだけで「安心感」を得る事ができます。そして、その結果、ストレスが落ち着きやすくなるのです。

また、女性は男性と比べて、「共感」を分かち合うことを好む傾向にあります。一緒に過ごしている中で、ストレスになった出来事や愚痴などを相手に聞いてもらえれば、精神学的な見地から見てもストレス解消にとても有効だ言われているのです。

さらに、誰かと一緒であれば「やりすぎる」ことがありません。ストレス解消のためにショッピングで浪費してしまったり、やけ食いをしてしまったりというリスクも他の人と一緒であればブレーキがかかり、それほどやりすぎないで済むはずです。

読書をする

ストレスをためにくい女性の解消法の5位にランクインしたのが「読書をする」という行為。これは、イギリスのサセックスにある大学が行った研究で、ストレス解消に効果的であるということが明らかになっています。

この研究では、心拍数などから「読書」「音楽視聴」「1杯のコーヒータイム」「テレビゲーム」「散歩」など、いくつかの項目に分けてストレス解消効果を検証。

その結果、

・読書:68%
・音楽試聴:61%
・コーヒータイム:54%
・散歩:42%
・テレビゲーム:21%

というストレス解消効果が現れたそうです。さらに驚きなのは、静かなところで「読書」を行えば、わずか6分間で60%以上のストレス解消効果を得られるとの結果!6分ってすごいですよね!こんな短時間で60%ものストレスが解消されるなんて効果絶大です。

ただし、この場合の「読書」は本を読むこと自体が重要なのではなく、本に没頭し読んでいる間は現実世界のことを忘れてしまうくらい夢中になる事が重要であるのだとか。まずは自分が「面白い!」と思う本を手に取るところから始めるのが良さそうですね。

また、「読書」は場所や時間を選ばず、短時間でもチャレンジできるストレス解消法です。知識はいくら増えても無駄になりませんし、小説から専門学、ファッション、インテリア、ダイエットなどいろんなジャンルの本が世の中には溢れています。

探してみれば、きっとあなたの好きな世界を描いた魅力的な本もたくさん見つかるはずです。

女性におすすめ!ストレスの発散+解消法とは?

いかがでしたか?今回は、特に女性におすすめしたいストレスの発散+解消法について、実際にストレスをあまり抱えていない女性の行動から解消法の選び方とその詳しい内容までご紹介しました。

社会でいろんな人やモノと係わりながら生きていくのは必然的にストレスがかかることではありますが、そのストレスを上手に軽くし、リラックスした状態へ持っていくのは自分の行動次第でもできることです。

この記事を参考しながら、少しずつでもいいので「脱・ストレス」を目指して行動してみてくださいね!

-健康

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.