「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

クレジットカード

マイルが貯まるJALのクレジットカードの一覧

投稿日:

飛行機の利用はもちろん、クレジットカード払いなども利用してマイルを貯める「陸マイラー(おかマイラー)」という存在をご存知でしょうか?

実は、あまり飛行機に乗らないという方でも、マイルが貯まるクレジットカードを作り、使用すればマイルを貯めることも可能!「陸マイラー」とは、その名前の通り「飛行機に乗らずに、陸上でコツコツマイルを貯める人」のことを言うのです。

つまり、私達一般人でもマイルを貯めて航空券に代え、タダ、もしくはすごくお得な値段で旅行するのはそれほど不可能ではないということなんですね。

今回はそんな「陸マイラー(おかマイラー)」初心者でも分かりやすいように、「そもそもマイルってどんなもの?」ということから、マイルが貯まりやすいクレジットカード【JAL編】をご紹介する第一弾!是非、ご覧ください!!

マイルってどんなもの?

「マイル」とは、簡単に言えば航空会社が顧客向けに提供しているポイントのこと。同時に、「マイレージ」という言葉もよく聞くと思いますが、これもマイルと同じ意味。日本では、各航空会社が実施するマイルを貯めることができる制度を「マイレージプログラム」と呼んでいます。

マイルは、

① 飛行機に乗る
② マイルが貯められるクレジットカードを使う
③ 提携のホテルやお店を利用する
④ 電子マネーの利用

などで貯めることができます。

そして、貯まったマイルは無料の「特典航空券」と交換したり、座席のグレードをUPさせたり、アイテムや電子マネーと相互交換することも可能です。

ですが、一番コストパフォーマンスがいいのはマイルで交換できる特別な航空券、すなわち「特典航空券」に換えること!

後ほどまた触れますが、このコスパの良さが多くの人を「陸マイラ-」に走らせる理由でもあるのです。

マイルはお得!!

世の中には何故こんなにもマイルを貯める人が多いのでしょうか?そのことを皆さんは考えたことがありますか?

実は、マイルで引き換えられる「特典航空券」は金額に換算すると、非常にお得であるからです。

「特典航空券」を手に入れるのに必要なマイル数は、航空会社のマイレージプログラムごとに多少変わってきますが、JALの場合だと15,000マイルで「東京-沖縄」間。40,000マイルで「日本-ハワイ」間を往復できる航空券がもらうことが可能です。

ですが、これが実際の運賃となると「東京-沖縄」間で30,580円、「日本-ハワイ」間では104,350円になり、マイルに換算してみると(その計算方法は結構ややこしいので省きますが)1マイルの価値はどちらも2円以上になります。

このように、マイルは「特典航空券」と交換した場合に限り、かなり価値が上がるということになるのです。そのため、多くの人がマイルを貯めたがるという訳なんですね。

では、どうやってマイルを貯めればいいか?というと、マイルは飛行機を利用することで貯まるポイントです。なので、飛行機にばんばん搭乗するのが一番!しかし、私もそうですが、そうそう飛行機に乗る機会もないという方も多いかと思います。

そんな方にこそおすすめなのが、「陸マイラ-」システム。つまり、「クレジットカードを使ってコツコツとマイルを貯める方法」です。これならば日頃のお買い物に利用するだけでマイルが自動的に貯まっていきます。

コツコツマイルを貯めて、目標マイル数に達したらパーッと旅行に出る・・
こんな喜びが「陸マイラ-」には待っているのです。

日本で狙うならJAL&ANAマイル!

先ほど、マイルは航空会社が顧客向けに提供している「ポイント」のことだと言いましたが、いろんなお店で貰うポイントが全部それぞれ違うように、航空会社によってマイルの種類も異なってきます。

では、マイルを貯めたい「陸マイラ-」が狙うべきはどのマイルでしょうか?

それは、ズバリ「JALマイル」「ANAマイル」の2種類。日本国内で広く認知されていますし、特別海外に出張などで出かけることが多いという方でなければ、まずはこの2つのマイレージプログラムをおさえておけば間違いがないはずです。

ちなみに、正式名称は「JALマイレージバンク(JMB)」「ANAマイレージクラブ(AMC)」と言いますが、「JALマイル」と「ANAマイル」と言っても充分に通じます。

また、お仕事などで外国に行くことが多いという方であれば外資系航空会社のマイルを貯めるのも一つの方法になります。

有名なところとしては、デルタ航空の「スカイマイル」やユナイテッド航空の「マイレージプラス」などですね。その他、各国でマイレージプログラムは実施されているので、よく行く場所などを考慮に入れて、自分に最適なマイレージプログラムを選ぶといいと思います。

マイレージプログラムに加入するには?

「そんなにお得なら、マイルを貯めよう!」と思ったら、まずはマイレージプログラムに加入する必要があります。

その加入方法としては

・パソコンやスマホからJALマイレージバンクやANAマイレージクラブ申し込む
・飛行機の搭乗時に用紙を貰って手続きをする
・航空会社が発行するクレジットカードを申し込む

という3つがあります。

「陸マイラ-」を目指すのなら、1番、もしくは3番目の「航空会社が発行するクレジットカードを申し込む」という方法がおすすめですね。特に、航空会社系の中でも人気なのが言わずもがな、JALマイルとANAマイルが貯められる「JALカード」「ANAカード」の2種類。

「JALカード」はマイルを移行する手間が省けるので、初心者には簡単でうってつけ。もちろん、マイルがお得に貯められる特典もいっぱいです。

一方、「ANAカード」の方は移行する一手間がかかるものの、自分で移行するタイミングが決められるので上手く活用すれば有効期限を延ばすことも可能に。長い間時間をかけてマイルを貯めたい・・という方ならANAカードに軍配が上がりそうです。

このように、JAL・ANAカードのどちらにもいいところがあるのでどちらがいいとは一概には言えませんが、どちらの便を利用する機会が多いか?などで決めるのもアリ。

カードと同会社の搭乗代金であればポイントが上乗せされますので、搭乗代金をカードで支払えば、それだけでお得にマイルに直結することになります。

また、「ポイントをいちいちマイルに移行するのは面倒」などマメではない方には、JALの方がおすすめ。初心者であれば、まずは「JALカード」でマイルを貯めるのに慣れてから「ANAカード」にチャレンジするというのもいいかもしれません。

どちらにしても、ポイントはどちらか一つのマイルを貯めることに集中すること!JAL・ANAどちらも同時に貯めようとすると、どっちつかずになり、満足のいくマイルを貯めるのに、非常に長い時間がかかってしまいがちに。

まずは、目標となるマイル数を決めて、そこまではどちらか一方のマイルを貯めることに専念しましょう!

航空会社系のクレジットカード以外でもマイルは貯まる?

陸マイラ-になるためには「航空会社が発行するクレジットカードを申し込む」という方法がおすすめと言いましたが、航空会社系のクレジットカード以外にもマイルを貯められるカードはあるのでしょうか?

実は、ほとんどのクレジットカードでマイルを貯めることができます。ただし、中にはマイルへの還元率が低かったりするものもあるので、注意が必要になります。

また、航空会社系以外のクレジットカードでは、カードで貯めたポイントをマイルに移行する手続きが必須!有効期限などにも気をつけなければいけません。

マイルが貯まるクレジットカード一覧【JAL編】!

ではここからは、数あるクレジットカード中でも、特にマイルが貯まるクレジットカードをご紹介していきましょう。

何といっても、初心者にも取扱いしやすいのは航空会社系のクレジットカード。中でも、圧倒的な人気を誇るのがJALとANAカードということで、今回の第一弾は「JALカード」を徹底解説していきます!!

JALカードってどんなものがある?

JALカードは、航空会社JALが発行するカード。マイルを貯めるのに特化されたクレジットカードで、その種類は

・普通カード
・CLUB-Aカード
・CLUB-Aゴールドカード
・プラチナカード

の4つのクラスに分かれています。言うまでもないことですが、普通カードから順に上位クラスのカードとなり、プラチナカードが最高上位のカードになります。

さらに、その各クラスごとにVISAやJCBなどの4つの国際ブランドのカードが存在し、それに加えて提携カードが用意されています。

小田急ポイントが貯まる「OPクレジット」、Suicaへのチャージでマイルが貯まる「Suica」、TOKYU POINTが貯まる「TOKYU POINT ClubQ」ですね。そのため、JALカードには各クラス2~7枚のカードが存在することになります。

クラスやカードを選ぶ基準としては、

・年会費が自分にとって妥当かどうか?
・付帯するサービスが年会費に見合っているか?
・自分にとってメリットが大きいと思えるかどうか?

などが重要になってきます。

いくらいい特典が付いていても年会費が払えない状況だったり、自分にとってあまりメリットがなかったりするのであればそれは自分に合っていないということですし、いくら年会費が高くても「これだけ自分に得があればこの年会費でも惜しくない」と思えるなら、それは自分に合った一枚を選んでいるということになると思います。

ここでは各クラス、各カードの年会費や特典なども詳しく載せていますので、自分にとって最適な一枚を選ぶ手助けになると思います。

では、JALカードをクラス別に詳しくご紹介していきましょう!

JAL 普通カード

・JAL JCB
・JAL OPクレジット(JCB)
・JAL Suica(JCB)
・JAL VISA/MasterCard
・JAL TOKYU POINT ClubQ(VISA/Master)
・JAL AmericanExpress

「JAL 普通カード」は、全部で7種類。JALカードの中でも基本的な機能とサービスを提供するスタンダードなカードとしての位置づけになり、まずは試しに持ってみたいという方にもおすすめです。

国際ブランドは、

・VISA
・MasterCard
・JCB
・AmericanExpress

の4つから選べ、このうち、アメリカン・エキスプレス(通称アメックス)以外の年会費は2,160円で、入会後1年間は無料。アメックスは年会費が6,480円になります。

特徴としては、ボーナスポイント

・入会時の搭乗ボーナス:1,000マイル
・毎年、最初の搭乗ボーナスマイル:1,000マイル
・搭乗ごとのボーナスマイル:+10%

となっている点と、クレジットカードをショッピングなどで利用すると200円ごとに1マイル、特約店では2マイルが付与されるところを、年会費が3,240円かかりはしますが「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会すると、100円につき1マイル、特約店では2マイルと2倍のマイルをつけることができる点。

100円につき最大2マイルというのは、陸マイラ-初心者にはピンとこないかもしれませんが、かなり高い交換レート!JALカードではもっと上のクラスであるゴールドカードやプラチナカードにも並ぶ付与レートとなっています。

また、JALカードはマイル移行に手数料がかからないのも手間がかからず、ポイントが高いと言われます。陸マイラ-初心者の方にも向いているカードだと思います。

「JAL 普通カード」は、全部で7枚。JCB・VISA・MasterCard・AmericanExpressの4つの国際ブランドの普通カードの他に、提携カードとしてOPクレジット・Suica・TOKYU POINT ClubQの3枚が作成可能です。

また、ひと口に「普通カード」と言っても、その中身は少しずつ異なっており、各カードの特徴や違いを踏まえた上で、どの「普通カード」を選ぶか?でマイルの貯め方も変わってくると思います。

そこを踏まえたうえで、各カードの特徴を見ていきましょう。

JALカード JCB

「JALカード JCB」は、国際ブランドがその名前の通りJCB。先ほど紹介した普通カードの特徴+WAONとQUICPayの両方が使えるという点が最大の魅力になります。

どちらの電子マネーも支払いに使うとマイルが貯まるので、JCBの加盟店だけでなく、WAONが使えるお店やQUICPayが使えるお店でもマイルを効率的に貯めることが可能です。

WAONとQUICPayをどちらもよく使うという方におすすめのカードですね。

JALカード OPクレジット

「JALカード OPクレジット」は、小田急ポイントサービス加盟店での利用で通常貯まるマイルに加えて、小田急ポイントも同時に上乗せにて貯めることができるカード。国際ブランドはJCBになります。

たまったマイル・ポイントはそれぞれ使え、相互に交換もできますし、小田急ポイントは2,000ポイントで1,000マイルと交換も可能できるのでマイルを貯めるのにも一役買ってくれます。

また「PASMOオートチャージサービス」も使え、チャージ時に通常のマイル分を貯めることもできます。

こちらは小田急の加盟店やPASMOをよく利用する方に向いているカードと言えます。

JALカード Suica

「JALカード Suica」も国際ブランドはJCB。こちらは、名前の通り、普段からSuicaを利用している方向けのカードです。

JALカードの中で唯一Suicaにチャージができるカードで、1,000円チャージするとポイントが6ポイント貯まります。このポイントは600ポイントで500マイルと交換可能で、換算すると1,000円のチャージで5マイル相当のポイントが貯まることになります。

さらに、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に登録した場合はその倍に!なんと1,000円のチャージで10マイル相当のポイントが貯まる計算になります。

また、一度設定すると、「JALカード Suica」からSuicaへのオートチャージも可能になるので、手間もかかりません。日頃からSuicaをよく使うという方には、かなりお得に使えるカードになるはずです。

JALカード VISA/MasterCard

「JALカード VISA/MasterCard」は、VISAかMasterCardの国際ブランドを選ぶことができ、WAONが利用可能です。

ただ、こちらはWAONとQUICPayのどちらも使える「JALカード JCB」と比べると正直やや弱い印象が・・。VISA/MasterCardの国際ブランドのカードを持ちたいという方にはいいかもしれません。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

「JALカード TOKYU POINT ClubQ」の国際ブランドもVISA・MasterCardの両方から選ぶことができます。ただし、こちらはWAON+PASMOチャージでもポイントを貯めることができます

ただ、PASMOのチャージで直接マイルが貯まるのではなく、200円につきTOKYU POINTが1ポイント貯まり、TOKYU POINT 1Pが0.5マイル分になるので、200円で0.5マイル貯まる計算に。

ですが、OPクレジットの方が200円で1マイル貯まるので、PASMOへのチャージが多い方はOPクレジットの方がおすすめと言えます。

しかし、このカードは見て分かるように東急百貨店などのTOKYU POINT加盟店での利用であれば、通常のマイル+TOKYU POINTが加算されて貯まります。WAON、PASMOの利用があり、東急百貨店などをよく利用するという方にうってつけですね。

JAL AmericanExpressカード

「JAL AmericanExpressカード」は、JALの普通カードに分類されるものの、他の普通カードとはかなり違っている存在です。

まず、年会費が他のカードの3倍、6,480円とお高め!

しかし、この年会費を払ってもアメックスを選ぶ方が大勢います。というのも、他の普通カードよりもずっと充実した特典が付帯しているからです。

他の普通カードは、ラウンジ利用特典や優先チェックイン特典がなく、旅行保険も死亡時の補償が主になるだけですが、このカードには怪我や疾病、賠償責任、入院や手術などにも補償があります。

さらに、普通カードの中では唯一、空港ラウンジを無料で利用できるというのもアメックスタイプの特徴で、海外だけでなく国内でのショッピングに対応するショッピング保険やETCカードの無料発行という特典もついています。

そのため、年会費は高いですが、ついている特典を魅力的だと思える方ならアメックスはおすすめになります。

ただし、電子マネーに対応していないというのが唯一のデメリット。これで電子マネーに対応していたら完璧なんですけどね。

JAL CLUB-Aカード

・JAL CLUB-A JCB
・JAL CLUB-A OPクレジット(JCB)
・JAL CLUB-A Suica(JCB)
・JAL CLUB-A VISA/MasterCard
・JAL CLUB-A TOKYU POINT ClubQ(VISA/Master)

続いてご紹介するのは「JAL CLUB-Aカード」。こちらは、普通カードの上位クラス、ゴールドカードより下位のクラスのカードになります。その種類は6つで、普通カードと違うのはアメックスカードがないという点ですね。

年会費は、10,800円。普通カードよりはぐっと年会費が高くなりますが、ボーナスポイントとして

・入会搭乗ボーナス:5,000マイル
・毎年の初回搭乗ボーナス:2,000マイル
・搭乗ごとのボーナスフライトマイル:+25%

と、普通カードよりもボーナスポイントがぐっとUPしているのが魅力になります。

しかも、このレートはさらに上位のゴールドカードやプラチナカードと同じなので、これ以上のクラスの中では最も安い年会費でたくさんのボーナスマイルを獲得することができるということにもなります。

さらにJAL国際便での優先チェックインができるという特典や、「JALカードツアープレミアム(年会費:2,160円)」に登録すると区間マイルの100%が貯まるという特典も!

その他、普通カードではアメックスにしか付帯していなかった海外旅行保険の傷害・疾病治療費用・賠償責任・携行品損害・救援者費用、国内旅行保険の傷害入院費用・手術費用・傷害通院費用なども付帯し、旅行保険が充実!

年会費が上がった分と新たに付帯する特典との釣り合いを自分がどう評価するか?で普通カードかCLUB-Aカードかを選ぶといいでしょう。

JAL CLUB-Aカードのそれぞれの違いとは?

JAL CLUB-Aカードの各カードのそれぞれの特徴、つまり違いは「普通カード」と同様です。なので、違いについては「普通カード」を参照していただければ分かるかと思います。

ただ、JAL CLUB-Aカードにはアメックスがありません。アメックスはこの上のクラス「JAL CLUB-Aゴールドカード」に登場します。

JAL CLUB-Aゴールドカード

・JAL CLUB-Aゴールド JCB
・JAL CLUB-Aゴールド OPクレジット(JCB)
・JAL CLUB-Aゴールド VISA/MasterCard
・JAL CLUB-Aゴールド TOKYU POINT ClubQ(VISA/Master)
・JAL CLUB-Aゴールド AmericanExpress
・JAL Diners

「JAL CLUB-Aゴールドカード」は、その「ゴールド」の名の通りJALカードの中でも上位のクラスカード。この上にはもう「プラチナカード」しかありません。

種類としては、7つ。普通カードやCLUB-AカードにあったSuicaカードがなくなり、新たにDinersカードが加入しています。

年会費アメックスが20,520円ダイナースが30,240円それ以外は17,280円です。やはりゴールドカードだけあって、年会費も上がりますね。

この「JAL CLUB-Aゴールドカード」と普通カードやCLUB-Aカードとの違いは、何といっても特典の充実具合。

CLUB-Aカードからついた、入会搭乗ボーナスが5,000マイル、毎年の初回搭乗ボーナスが2,000マイル、搭乗ごとのボーナスフライトマイルが+25%となるボーナスポイントや、海外旅行保険・国内旅行保険の補償ももちろん付帯しています。

また、空港ラウンジの無料利用特典、手荷物宅配の無料or割引サービスがこのクラスからつく他、海外航空便遅延お見舞金制度も付帯。海外で搭乗予定の飛行機が遅延した場合にお見舞金として最大2万円が受け取れます。

さらに、マイルが2倍になる「JALカード・ショッピングマイルプレミアム」の年会費がこのクラス以降、無料に!

この年会費は3,240円かかっていたので、一つ下のクラスの「CLUB-Aカード」の年会費(10,800円)+3,240円とゴールドカードの年会費(17,280円)を比べると、その差額は3,000円(アメックス、ダイナースを除く)!

差額3,000円分の価値が自分にとってあるかどうか?というのも大切ですが、ゴールドカードはステータス性も高く、価格差が3,000円しかないならゴールドを持ちたいと思う方も少なくないはず。興味のある方は検討してみてくださいね。

ゴールドカードも、各カードの違いは普通カードやCLUB-Aカードとあまり変わりません。ただ、このクラスから旅行保険の補償額に差が出てきます。

普通カードやCLUB-Aカードにおいては、アメックスを除くとどのカードも補償内容は同じでしたが、このクラスでは同じ年会費であってもVISA/MasterCardよりも、JCBブランドのカードの方が海外旅行保険の死亡・後遺障害、賠償責任、救援者費用、国内・海外航空機遅延保険の項目で補償額が高くなってきます。同じ年会費なら補償額が高い方が・・と考えちゃいますよね。

また、このゴールドカードクラスでもアメリカン・エキスプレス・カードは他と趣が違います。さらに、新加入のダイナースカードについても細かく見てみましょう。

JAL AmericanExpress CLUB-Aゴールドカード

「JAL AmericanExpress CLUB-Aゴールドカード」は、年会費20,520円。JCB・VISA・MasterCardのカードに比べると、3,000円(税抜)高くなります。

しかし、このカードには「アドオンマイル」という特典がついています。「アドオンマイル」特典とは、日本国内のJALグループカウンターやHPで、JALのグループ国内線や国際線の航空券を購入すると、通常のカード利用で貯まるマイルに加え、さらにマイルが上乗せされるサービスのこと。

具体的に言うと、JALのカウンターやHPでJALの航空券を購入する時にカードを利用すれば、特約店対象となり100円で2マイル。さらに、アメックスのこのカードなら「アドオンマイル」特典によって100円で1マイル追加され、なんと100円で3マイル貯まることになるのです。

これはすごいですよね!お仕事や旅行などで飛行機に搭乗する機会が多い方なら年会費3,000円UPでもすぐに元が取れるのではないでしょうか?

その他、成田国際空港、羽田空港(国際線ターミナル)、中部国際空港、関西国際空港のいずれかの空港で、スーツケース1個分の荷物を自宅まで無料配送してくれるという特典もついています。

この「手荷物宅配サービス」は他のゴールドカードにも付帯していますが、それはあくまでも割引されるだけ。無料で配送してくれるのはアメックスとダイナースカードだけになります。

また、アメックスらしい空港ラウンジの無料利用特典もついています。ゴールドクラスであればこの特典は他のゴールドカードにもついていますが、アメックスでは同伴者名1までなら無料。他のゴールドカードよりも嬉しいポイントになります。

JAL Dinersカード

「JAL Dinersカード」は、他のゴールドカードと違って券面が金色ではなく、カード名にもゴールドと入っていません。しかし、このカードはゴールドカードに分類されています。

その違いとしては、年会費が28,000円(税別)と、他のゴールドカードよりも12,000円(税別)も高額だということ。しかし、その内容は実に充実しています。

まず、海外旅行保険の死亡・後遺障害、賠償責任、救援者費用がJCB並に高額であるという点。

さらに、無料で利用できる空港ラウンジが国内だけでなく海外にもあり、他のカードが国内28空港+海外1空港が対象なのに対し、「JAL Dinersカード」は国内28空港+海外550ヶ所のラウンジを利用することが可能に。

こちらも同伴者1名まで無料で利用できます。いろんな国にお出かけすることが多いという方にはぴったりですね。

また、アメックスのゴールドカードのところでも触れましたが、「手荷物宅配サービス」として、帰国時に自宅までスーツケース1個分の手荷物を無料で配送してくれるサービスもついています。

その他、ダイナースならではの特典として名高いのが、高級レストランや料亭での優待、宿泊・航空券の予約代行などのサービスが付帯していること。予約が取りづらいお店で優先して予約できたり、コース料理が1名分無料になったりと至れり尽くせりのサービスです。

クレジットカード業界でも特にエグゼクティブなカードとして知られているダイナースカードならではの特典と言えます。

たくさんの素晴らしい特典がついているダイナースカードですが、ネックになるのは年会費の高さ!しっかり使いこなすには、頻繁に海外や旅行に出かける、世界各国を飛び回るなど、それなりの収入と生活スタイルなどが必要になりそうですね。

また、このダイナースカードに関しては、2018年3月に予定している三井住友トラストクラブ株式会社のシステム移行に伴い、2月7日より申し込み受け付けを一時停止している状態です。

残念ながら、申し込みが再開される見通しは3月現在、今のところ立っていないようですので、興味のある方はこまめにHPなどをチェックしてみるといいでしょう。

JAL プラチナカード

・JAL プラチナ JCB
・JAL プラチナ AmericanExpress

JALカードで最後に紹介するのは、最上位にある「JALプラチナカード」です。その種類は2つ。JCBとAmericanExpressになります。JCBの方は、ディズニーデザインも選べます。年会費は33,480円とさらに高額になります。

ただし、特典内容ももちろんグレードアップ!ゴールドカードまでの特典はもちろんのこと、プラチナカードになると120以上の国や地域、400以上の都市で1,000以上のラウンジを無料で利用できるパス「プライオリティ・パス」が付帯しています。

さらに、様々な要望に応えてくれる「コンシェルジュデスク」やレストランでの優待など、いわゆる一般的なプラチナカードについている特典も完備。旅行保険の補償額もゴールドカードよりもUPしています。

また、ゴールドカードのところでご紹介した「アドオンマイル」特典によって、JALグループ便の航空券購入の際にはJALカード最高の100円で4マイルというレートが付与!海外によく出かけるという方なら、この年会費を払ってもいいと思えるかもしれませんね!

JAL プラチナカードのそれぞれの違いとは?

「JAL プラチナカード」2枚の違いは、国内・海外旅行保険の補償額ですね。だいたいの項目において、JCBの方がアメックスより補償額が高くなっています。

アメックスが上回っているのは、帰国時の手荷物1個を自宅に無料配送してくれるサービスが無料というところ。JCBは割引のみです。

ですが、このサービスよりも旅行保険の補償額が高い方が何かといいような・・人それぞれ考え方はあると思いますが、プラチナカードではJCBの方がお得のように思えます。

マイルが貯まる!JALカード!!

いかがでしたか?マイルとは何?というところから、陸マイラ-初心者にも使いやすい「JALカード」について一枚ずつ詳しくご紹介しました。

航空会社系のカードですから、マイルが貯めやすいのはもちろん、日頃のショッピングなどでのクレジットカード利用や各交通機関のICカードへのチャージなどでもマイルを貯めることができるので、自分のスタイルにあった一枚を選べばマイルがどんどん貯まるはずです!

また、ここには挙げませんでしたがJALカードには20代限定のカード学生専用のカードもあります。それぞれお得な特典も用意されているので、これらのカードも含め、JALカードが気になる方は公式HPなどを覗いてみてくださいね!

◆JALカード 公式HP:
https://jalcard.jal.co.jp/cgi-bin/cardlist/af.cgi?f=winter17&root=BVOVSPJTAB&121=16160927ZZZZ7121000000000611ZZZZZZ600065&utm_source=yahoo&utm_medium=search&utm_campaign=05_nonbrand_680689_687604203_32182551741&utm_term=b_%2Bjal%20%2B%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89&trflg=1

-クレジットカード

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.