「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

恋愛

彼女の作り方マニュアル!作るために取るべき手順

投稿日:

彼女を作りたいけれど、具体的にどう行動したらいいのかわからない・・という方に朗報です!

今回、このサイトでは『彼女の作り方マニュアル!作るために取るべき手順』をテーマに、女子目線で「彼氏にしたい」「彼氏にしてもいい」と女性に思わせるアドバイスをばんばん盛り込んで、具体的な手順を全て書き出しました!

あとは実践するのみ!この記事をしっかり読んで、最初の勇気ある一歩を踏み出して下さい!!

手順1 女子ウケするよう自分を磨く

それほど容姿も性格も悪くないのに「彼女がほしい」といつも言っている割に彼女ができないという男性というのは、女性からするとその多くが「自分磨きをさぼっているな」と思うことがほとんどです。

「髪型を変えたらかっこよくなるのに・・」「この服のセンスをどうにかしたら・・」「もっと小奇麗にしたらいいのに」と、女子から見ると少し頑張ればグッとイケメンに近づくのにもったいないという男性は多いものです。

恋愛は相手の女性があってのもの!彼女が欲しいのなら、「女性ウケ」する男性像に近づけていくこと!これが彼女を作りたい男性の最初にやるべきことだと思いますね。

女性ウケする男性像とは?

では「女性ウケ」する男性像とはどんなものでしょうか?

女子からするとこれは簡単です。「小奇麗で」「清潔感があって」「優しくて」「かっこいい」人のこと。ほとんどの女性はこの回答で大きくうなずくはずです。

ですが、こう言うと「小奇麗で」「清潔感があって」「優しくて」は何とかできても「もともとの容姿は変えようがない・・」とがっかりする男性も多いのではないでしょうか?

しかし、それは早計です!女性たちも、本当に誰が見てもかっこいいイケメンと自分が付き合えるとは思っていないからです。

つまり、ここでの「かっこいい」は「自分(女子)にとってかっこいいと思える」ということに過ぎません。もっと言えば、「好感が持てる容姿であればいい」ということでもあります。

もちろん人間には「好み」というものがあります。自分がイケてると思っても、好きになった子には評価されないということもあるでしょう。

ですが、女性にウケる「好感のもてる容姿」になれば、あなたに好感を持ってくれる女子の確率は格段にUPします。そうなると、遊びやデートに誘ってもOKしてくれる可能性が高くなりますし、合コンなどで連絡先を聞いても教えてくれる機会も上がるでしょう。

すなわち、彼女ができる確率が大きくなるということになるのです。

では、女性ウケする「好感のもてる容姿」を手に入れるためにはどうしたらいいのか?これには、「みだしなみをきちんとする」「髪型を変える」「女子ウケする服装をする」の3つが有効になってきます。

みだしなみをきちんとする

女性は「小奇麗な感じ」「清潔感」を非常に好みます。逆に言えば、汚く見えるのは絶対的にNGなのです。

「女性ウケ」する男性像の条件2つ「小奇麗で」「清潔感があって」は、かっこよくなるための「みだしなみをきちんとすること」にも直結しているのです。

つまり、かっこよく垢抜けたスタイルになれば「小奇麗で」「清潔感があって」の条件も自動的にクリアできるということになるわけです。

ただし、注意!!いくらお風呂に毎日入っていて本当は「清潔」でも、ヨレたりシワが入っている服を着ていたり、鼻毛が見えていたり、爪が伸びて汚かったり、靴が汚れ放題だったらダメです。

女子の言う「小奇麗」と「清潔感」は「清潔である事」と同義ではないからです。「キレイっぽく見える事」「清潔に見える事」。これと同義なのです

ですから、みだしなみは細かいところまで気を使いましょう。お風呂には毎日入り、ひげも毎日剃ります。爪はいつも整え、服はヨレやシワのない状態の比較的新しいものを身につけましょう。アイロンをかけるのも手です。靴が汚いのもいけません。

できれば眉も多少は整えてほしいかなと思います。

髪型を変える

「髪型」にも気を使ってください。男性は「髪型」一つで結構、様変わりします!実は、「髪型」は全体的な雰囲気をイケメン風に垢抜けさせる最も簡単な方法の1つ。髪型一つでイケメン風にもダサダサにもなれるのです。

彼女が欲しいなら、ダサダサはやめて、イケメンに近づくように努力しましょう。イケメン風でも充分かっこよく見えますし、女子の好感度もかなりUPします。

ここ何年も髪型をたいして変えていないという人は、特にチャレンジしてみてください!そして、その際には、美容院に行って「自分に似合って、家で再現できて、今風のすっきりめの髪型」リクエストしてください。

「床屋」はあまりおすすめできません。あまりファッション性を追求しないところが多いからです。イケてる髪型を手に入れるには「美容院」がいいですね。

ただ、いくらかっこいいイケメン風の髪型になっても家で再現できなければ無駄に終わります。必ず再現の仕方をきっちり教えてもらって帰るようにしてくださいね。

また、いくら今風でももさっとしていたり、ハードすぎたりというのはNG。男性は短髪ですっきりしている方が好みという女性は意外と多いものです。

女子ウケする服装をする

女子ウケする服装とは「女性に好まれやすい服装」のこと。あなたの好みや男性ウケのいい服装のことではありません。

例えば、「腰パン」「じゃらじゃらしたアクセサリー」「ダボダボな服」「主張が激しい服」「ダメージジーンズ」「ハーフパンツ」「タンクトップ」「開きの大きいVネック」などは男性にはかっこいい!とウケることがあるかもしれませんが、よっぽどのイケメンでない限り、女子にはウケません。

女子目線でアドバイスするなら、トップスシャツ・カットソー・ニット等。パンツ細身のスキニーなジーンズ(ピタピタはNG)やブラックパンツなどを合わせ、アウターとして、カーディガンガジュアルなテーラージャケットチェスターコートダッフルコートなどを羽織ると多くの女性に好まれやすいと思います。

また、わざとかどうかもわかりませんがだぶっと太って見える服ピタピタの服も女子には評判がよくありません。背が高く、スタイルが良く見えて、サイズがきちんと合っているものを選ぶようにしましょう。

女子に好かれそうなブランドショップなどで、店員さんに上から下まで一式見立ててもらうのもいい方法です。

残る条件・・「優しい」とは?

女子が言う「理想の彼氏」として必ずあがる条件が、「優しい」こと。これは非常にあいまいで男性には具体的にはわからないかもしれませんね。

ですが、これは女性目線に立って考えると案外簡単なのです。それは「女性として自分に気を使ってくれる」人であること。

例えば、重い荷物を持っていたら「自分が持つよ」と言ってくれる。ヒールを履いている女子を気遣ってゆっくり歩いてくれる。女性が好きな買い物に根気強く付き合ってくれる。女子特有のいろんなところに飛ぶ話を嫌がらずに聞いてくれる・・などです。

特に女性は、男性と違って「共感」してくれることに喜びを感じます。男性は話に結論を求めがちですが、女性は違うのです。ここを理解して、相手との会話をする必要があります。

これは女性相手には限らないのですが、相手に気持ち良く話させるテクニックとしてよく言われるのが「さしすせそ」の『相槌』です。

「さすが!」「知らなかった」「すごい!」「センスがいい」「そうなんだ」という5つですね。これは全て「共感」につながります。女性と話が続かないという人は、是非、このテクニックを上手に使ってみて下さい。

また、共感されるのが嬉しい女性との会話に困った時は「オウム返し」をするのもいい方法です。「今日はすごく仕事で疲れてね・・」「そうなんだ。仕事で大変だったなら、すごく疲れたよね」というように、同じことを少し順番を変えたり、変化させたりして話すだけでいいのです。

男性には通じないかもしれませんが、女性は共感してほしい生き物!この「オウム返し」は女性の間では頻繁に使われているのです。これで「この人は私の気持ちをよくわかってくれている」と女性は感じるので、会話に困った時などに試してみて下さいね。

ただし、「オウム返し」ばっかりだと相手にすぐ気がつかれてしまいます。話題を盛り上げる・広げる努力はいつでも忘れてはいけません。

手順2 出会いのチャンスを増やす

女性ウケするスタイルが手に入ったら、自分に自信も出てきますし、アプローチした女性から好意を持ってもらえる確率もUPします。そこで次に行ってほしいのが「出会いのチャンスを増やす」こと。

多くの女性と出会えれば、女性と一緒に時間を過ごしたり、話したりする経験を積むことができ、女性と一緒にいても堂々とふるまうことができます

また、「出会いのチャンスを増やす」ということはあなたの未来の彼女と出会える可能性もそれだけ広がるということです。頑張って、いろいろな出会いの機会を作ってみましょう。

機会① 友だちに紹介してもらう

出会いのチャンスを増やすための有効な手段として、「友だちに紹介してもらう」というものがあります。

同性の友達に頼むときは、自分と女性の好みが似た男友達を選ぶのがおすすめです。自分は大人しくて優しい地味めの女子が好きなのに、女友達の多い派手なちゃらっとした男友達に紹介を頼むと、その友達と似たようなちゃらっとした派手めの女子が来てしまうでしょう。これでは最初からテンションも上がりませんよね。

また、女友達に紹介を頼むのであれば「仲のいい友達が誰かいい子を紹介してほしいみたいなので、少人数で飲まない?」などと自分の友達をダシにして頼むと話しやすいのでは?

ただし、友だちの紹介では紹介してくれた「友達のメンツを立てる」ことが重要です。

友達の彼女や好きな人を狙ったり、職場や学校などの小さなコミュニティの中で同時に何人もの人にアプローチする結果になったり・・は絶対にNGですので、気をつけましょう!

機会② サークルに入る

大学生の恋愛のきっかけとして最も多いのが「サークル」と言われています。趣味や好きなものを通して知り会うので話も合いやすく、カップルになりやすいのです。

社会人になると「サークル」に入る機会は少なくなりますが、自分の趣味に通じた習い事や集まりなどに入ってみると出会いの機会はぐっと広がるはずです。

また、大人数が所属しているサークルは、何といっても出会いのチャンスが豊富です!大学のサークルはもちろん、会社のサークルや同好会などにも、もしかしたらその可能性が眠っているかもしれませんよ。

機会③ アルバイトをしてみる

これは社会人にはできませんが、大学生などでは「アルバイト先で彼女を見つけた」という人も多いものです。

特に、男女の比率が半々に近くて同年代が集まりやすいのが「居酒屋」「ファミレス」「飲食店」など。彼女を作りたい大学生などは、これらのお店を選んでバイトしてみるというのもおすすめですよ。

アルバイトといえど、仕事中はみんなが同じ従業員。協力して仕事をやり遂げることで連帯感も生まれ、男女の垣根を越えて仲良くなりやすいようです。

仲のいいバイト先になると一緒に遊びに出かけたり、BBQをやったりとオフの日でも親密に過ごすことが多いようですよ!

機会④ 合コンに行ってみる

「合コン」もあなたの彼女候補を探す場所としておすすめできます。有名なインターネットサイト『BIGLOBE』が行ったアンケートによると、合コンがきっかけで付き合ったことがあるという人は3割にものぼるとか!3割って、かなりの数字ですよ!

また、合コンには1日で複数の恋人募集中の女性と出会えるというメリットがあります。

向こうも「いい人がいたら彼氏を作りたいな~」と思っている訳ですから、気が合えば話も早いですよね。ただ、どのような感じの女の子がくるのかわからないので、自分にとって当たり外れが大きいというのも特徴になります。

ですが、合コンなどで初対面の女子と話すことは今後、気になる女の子できてアプローチする時に必ず役に立ちます。

人との会話というのも慣れや経験で補えるところが多いので、「女子とはどうやって話したらいいのかわからない」という男性は是非、合コンなどで出会いを探しがてら自分のスキルを磨くようにしてください。

話が続かないかも・・と不安な人は『残る条件・・「優しい」とは?』の章をよく読んで参考にしてみて!

その他、「お休みの日は何をしているの?」「最近ハマっていることは?」「食べ物は何が好き?」などといった話題は話が広がりやすいですよ。

そして、この話題をふる時のコツは、「自分は今、〇〇がすごい気になっているんだけど、今、何かハマっていることある?」というように自分の例を先に話すこと。

これだと、相手も打ち明けやすくなりますし、「へぇ~!意外だね!そういうの好きそうにないのに!」とか「あ~!私もめっちゃ好き!」とか、自分の例にも食いついてきてくれる可能性もあるので、二重に話が広がりやすいのです。

機会⑤ マッチングサイトを利用する

「マッチングサイト」というと、サクラが多いのでは?結局、恋人を真剣に探している人はそんなにいないのでは?と不安に思う方も多いかもしれませんが、最近のマッチングサイトはこれらの不安がほとんど改善されており、安心して利用することができる所が多くなっています。

中でも『pairs』という恋活アプリを使ったマッチングサイトは、若い世代に非常に人気があり、評判も上々!

その理由としては、実名登録が基本の「facebook」認証を必要とするマッチングサービスになっているので会員は身元を偽ることが難しく、さらに友人にバレないようにきちんとシステム化がなされているところ。

また、累計会員数は500万人以上で、大学生はもちろん社会人の利用者数もかなりの数にのぼります。

しかも、スマホ1つあれば自分の都合のいい時に場所を選ばず好みの女子を探すことができるので、勉強にバイトに忙しい大学生や仕事で自分の自由な時間がないという社会人の方にはうってつけだと言えるでしょう。

また、地域や趣味、スタイルや身長など豊富な検索機能がついているので、理想の彼女候補を最初から絞り込んで探すことができるというのもマッチングサイトの特徴です。

ただ、ネットを介してのお相手探しになるので、実際にデートにこぎつけるまでには少し時間を要します

ですが、女性慣れしていない人やいきなり初対面の人と話すのは厳しいかも・・という人にとってはゆっくりと時間をかけてお互いのことが知れるのでかえっていいということも多いようですね。

手順3 気になる子を交えて遊びに行く

自分を磨き、出会いの機会を増やして多くの女性と知り合いになれたら、今度は「気になる子を交えて遊びにいく」という段階に進みましょう!

最初は複数で遊びに行く

気になる子と連絡先を交換して連絡を取り始めたら、まずは大人数で遊ぶことを提案してみましょう。「みんなで〇〇しようよ」と言えば、誘いやすいですし女性にも断られにくいです。

おすすめはテーマパークBBQなど。みんなでワイワイできて、しかも気になる子と2人きりになれるチャンスもありますよね。

連絡はこまめにが基本!

大人数で遊びに行くようになったり、連絡を取るようになったら「連絡はこまめに入れる」ことを意識しましょう。

男性はとかく連絡を怠りがちですが、女性はそうではありません。こまめに連絡を取りあうことで、お互いの信頼感を確かめているところがあるのです。

ですが、「こまめに」といっても、こちらから送りすぎないことも大切になります。相手からの変信がこないのに焦って催促するようにして何度もメッセージを送ったりするのはNG。

また、相手から短文が送られてきたのにこちらは何倍もの長文で送りかえす、もしくはその逆・・など、相手との間で交わされる文章の量がちぐはぐだと、「この人、必死すぎ・・」「返事がそっけなさすぎ・・」など相手に悪い印象を持たれがちです。

その他、相手ともっと仲良くなりたいなと思う時は、何かこちらから尋ねる形をとると相手が返しやすいでしょう。

その他、いつもいつも「即レス」が返ってくると「スマホの前でスタンバってるのかな・・」とちょっと怖くなります。返すタイミングは、女性が返信にかかった時間と同じくらいと考えておくと間違いがないでしょう。

手順4 気になる子にアプローチする

大人数で遊んで慣れてきたら、「気になる子にアプローチ」を開始しましょう。

2人きりになる機会を増やしたり、デートに誘ってみたりということですね。

なかなか勇気が出ないかもしれませんが、女性はあなたと2人で出かけたいな、会ってみたいなと思っていても決して女性からはアプローチしてきません。「女性は受け身」という固定観念が日本ではいきわたっているからです。

そのため、ここでは男性であるあなたが行動しなければ、何も始まらないということになるのです。

2人きりの機会を増やす

気になる子に「自分は特別な想いを持っている」と気がつかせるためには、2人きりになるチャンスを増やすことが近道です。自分の友達に「あの子が気になっている」と前もって伝えておけば、チャンスを後押ししてくれることもあるでしょう。

学校やバイトから一緒に帰る、友だちと一緒にいるときにさりげなく席を外してもらうなど、少し意識して「2人きりの時間」を作りだし、相手に「〇〇君とよく2人になるな」と思ってもらえたら、あなたのことを意識しはじめる可能性は高くなります。

ただ、相手が「2人きりの時間」を嫌がったりしている時はこれ以上押すのは無理。嫌がっている相手にアプローチしても実を結ぶことはほとんどありません。女の子は山ほどいます。次の彼女候補を探しに出かけましょう。

気になる子をデートに誘う

次に、気になる彼女とだいぶ仲良くなれたなと感じられたら、「デートに誘ってみる」という段階になります!初デートのおすすめは「映画」ですね。女性が好きそうな話題の映画を「見に行かない?」と誘ってみましょう。

映画であれば、席を予約しておけば必ず見ることができますし、画面を一緒に見るだけで何もしなくても充実した時間を過ごすことができます。映画が終わった後に共通の話題で盛り上がれるのもいいですよね。

また、デートを絶対失敗したくない!という方は、デートプランを綿密に思い描いておくのが大切です。

さらに、デートをするエリアをネットで徹底的にリサーチしたり、当日早目に到着して周囲を確認しておいたりして、「もし、この時間に映画が見られなかったら・・」「このお店を彼女が気にいらなかったら、次はここを勧めてみる」「辺りを散策したいと言ったら・・」など、予想外の出来事にもきちんとした対応ができるようにしておくとかなり安心です。

相手に特別感を伝える

好きな子にアプローチをする時は、「相手に特別感を伝える」のがベストです。彼女が髪型や服装を変えたらすぐに「その〇〇、似合ってるね」と言いましょう。「すごくかわいいよ」と言えるともっといいですね。

また、一緒にいる時はあなたを特別に思っているんだよということを伝えるようにします。「〇〇ちゃんと一緒にいるとほんと楽しい」「◯◯ちゃんと話すと元気がでるよ」とか、「〇〇ちゃんにしか、こんな話できないよ」など。きっと相手もドキッとしてくれるはずです。

また、顔や性格をほめるのも効果的です。「目がすごくきれいだよね」「まつ毛長いよね」「いつもみんなのことを気遣ってて、優しいよね」「すごく頑張り屋さんだよね」などなど。些細なことで構いません。

ただし、「スタイルがいいよね」はいいですが、「胸が大きいよね」「脚きれいだよね」などのセクシャルな部分に触れるような褒め言葉は厳禁!くれぐれも気をつけて下さい!

手順5 告白する

2人きりのデートを重ねられたら、いよいよ「告白」です。先ほども言いましたが、日本の女性はあなたへの好意を持っていて、両思いだろうなとわかっていても女性からは絶対に「告白」してきません。ここは男らしくあなたから想いを伝えなければなりません。

「告白」は、特別ロマンチックな場面を選ばなくてもいいのです。2人で落ち着いてゆっくりと話ができる場所と時間があれば、どこでも構いません。どこであっても好きな人からの告白は、それだけで幸せな気持ちでいっぱいになれるからです。

焦る必要もありません。正直に自分の気持ちを誠意をもって、伝えましょう。注意点としては、「好き」と「付き合ってほしい」という2点を必ず言うことだけです。

ただし、女性の中にはその場で返事をしない慎重なタイプもいることを忘れずに。そのような時は「少し考えて返事をくれる?」と優しく伝えます。ただ、いつごろまでに返事がもらえるか、その点は必ず聞いておいてください。

彼女からの返事を待つ間はそわそわしてしまうと思いますが、焦って彼女を急かしてはいけません。ここまで頑張ってこぎつけたのですから、もう少しだけ待ってあげて下さい。

彼女の作るための取るべき手順とは?

いかがでしたか?「彼女を作るための取るべき手順」をすべて書き出してみました!女子目線でアドバイスをいろいろと入れていますので、是非、実践して素敵な彼女を見つけくださいね!!

-恋愛

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.