「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

恋愛

初めての彼氏と長く付き合うための付き合い方マニュアル

投稿日:

大好きな彼氏ができた!だけど、初めての彼氏なのでどうやってお付き合いすれば長く仲良くできるのかわからない。うまくいくやり方はないのかな?と悩んでいる彼女さんは多いと思います。

そこで今回は、「初めての彼氏と長く付き合うための付き合い方マニュアル」をテーマとして、大切な10個の秘訣をお教えしちゃいます!

長く大好きな彼氏と仲良くやっていくコツ、ここからスタートです!

1.名前や愛称で呼び合う!

初めての彼氏だと、付き合ってからも「○○くん」「○○さん」などこれまで通りつい名字で呼んでしまいがち。下の名前を呼ぶのはまだまだ恥ずかしすぎる!と考えている彼女さんも多いでしょう。

ですが、ある統計によると、お互いの下の名前を呼び合わないカップルは、半年後にその8割が別れてしまうと言われているとか!

ここは彼氏とより親密になるためにも、是非「下の名前」や「ニックネーム」で呼び合うことをおすすめします!

大好きな彼氏に下の名前を呼ばれて嬉しくない彼女はいませんよね?また、彼氏も「下の名前で呼んでほしいな・・」と言われれば、そのいじらしさにぐっとくるはず。

お互い2人だけの間で通じる愛称でもいいですし、名前の呼び捨てでもかまいません。2人を何となく隔てていた「他人行儀な壁」を取り払う意味でも、名前や愛称呼び!実行してみてください!

2.素直に甘え合う!

恋愛経験が少ないと、付き合っているのに彼氏にどう甘えていいのかわからない・・と悩んでしまう人がいます。

「彼氏に甘える」ということを変に意識しすぎて、本当はとっても甘えたいのにどうしたらいいかわからなくなってしまい、ひどい時には逆切れしたり、つんけんした態度をとってしまったり、憎まれ口をきいてしまったり。

後で後悔はするけれど、どんどん「彼氏に甘える」ことへのハードルが高くなっていってしまい、素直に甘えられない負のスパイラルに落ちていくのです。

また、近頃では「ツンデレ」という言葉も広く知られるようになりましたが、これは「つんけんした態度をとった後に、すぐデレデレした態度をとる」からこそ、愛されるワザとして通用するのです。

いつもいつも「ツン」の部分しか彼氏に見せていないとしたら、彼氏は「自分に愛情がない」と感じてしまいますよ。強がりもほどほどにしなければ命取りになるのです。

それに、男性は何も言わずとも察してくれる能力にたけた女性と違って、「言わないとわからない」生き物です。「もっと会いたい」「たくさん抱きしめてほしい」など、女性だったらはっきり言葉にしなくても雰囲気や言動などで「わかるよね?」というところが全くわかりません。

ですから、「甘えたい」と思ったら、素直にそう伝えるのが対・男性には正解なのです。好きで付き合っている彼女に「甘えたい」と伝えられて嬉しくない彼氏はいません!自信を持って「甘えたい」気持ちを伝えたり、態度や言葉にあらわしたりしていきましょう!

また、彼氏だってあなたに「甘えたい」と思うはずです。とても仲のいいカップルというのは傍から見ると目も当てられないくらいいちゃいちゃ甘え合います。

ですが、これは彼氏・彼女なら普通のこと。彼氏が甘えてきたら存分に甘えさせてあげましょう。「受け入れられた」と彼氏が感じたら、2人はもっと仲良くなれると思います。

3.「無理」をしすぎない!

大好きな彼氏に少しでもよく思われたくて、ファッションや洋服、ヘアスタイルなどにいつも以上に気を使ってみる・・というのは、女子なら誰でもやることです。むしろ、いつまでも素敵な姿を彼氏に見せることは長続きする秘訣になります。

しかし、それが過剰になると、自分の性格をごまかしていい女のフリをしたり、彼の好みにすべてを合わせようとしたりなど、「無理をして自分を偽る」ところにまで行くことも。こうなると、問題です。

何故なら、そんな無理は長くは続かないからです。いつかフッと我に返り、「私、何をやっているんだろう・・?」と疲れとむなしさが襲ってきます。

もちろん音楽や趣味など、彼氏と付き合うことでお互いに影響を受け、世界が広がることは素晴らしいことです。2人で一緒にやれることが増えるのもいいと思います。

ですが、あなたが「無理」「背伸び」をして彼氏に合わせたり、自分を偽っていたりするなら、そんな我慢は早く捨て去りましょう

仲のいいカップルや長続きするカップル、結婚にまで至ったカップルに長続きする秘訣を聞くと、必ず「お互い自然体でいられるから」という回答が返ってきます。

長く彼氏と仲良く過ごすためには、不要な「殻」や「無理」などは脱ぎ去るに限るのです。

恥ずかしくて、今すぐには自分の地を出せない・・という人は、少しずつでいいですから本来の自分の姿を見せるようにしていくことが大事です。

4.「初カレ」であることを隠さない!

彼氏に今まで彼女がいたことがある場合、自分にとっては「初めてのお付き合い」で「初カレ」だと言うのが何だか恥ずかしくて、つい嘘をついてしまうことがあるようです。

ですが、このような嘘はすぐにばれます。それに、逆に男性は女性にとって「初めての相手」になることを喜びますから、むしろ「初カレ」というのは伝えておいた方がいいんです!

もし、心配なら「恋愛に慣れてないから、変なことをしたら違うよって教えてね」と可愛く言っておきましょう。

恋愛に慣れていないウブな彼女はただでさえ可愛いのに、あなたにこんなことを言われたら、彼氏はさらにキュンキュンしてしまうに間違いありません。

5.連絡を必須の決まりごとにしない!

お互いラブラブで「少しでも会いたい」「声が聞きたい」という時期は、メールやLINE、電話などを頻繁にしますよね。

ですが、もともと男性というのはそれほど頻繁に連絡を取り合うことを好む人はまれです。むしろ用件だけ、用事がある時にだけというのが普通。

ですから、「毎日必ず連絡を取ろうね」「お互い起きた時と寝る時は必ずLINEを入れようね」など、「連絡を必須の決まりごとにしておく」と後々、彼氏が忘れてしまった時などにケンカになります。

さらに、だんだん彼氏が「面倒くさいな」「重い女だな」と心変わりしていくきっかけになってしまうことがあります。

どのカップルもラブラブ期が落ち着くと、彼氏からのメールやLINEなどが減っていきます。これは彼氏の「彼女への愛情が冷めた」ということではなく、ただ単に彼氏が「通常運転」に戻っただけ。愛情の深さなどとは別のものなのです。

女性は特に「愛があるなら何でもしてくれるはず!」と思いがちですが、現実世界ではそうもいきません。学校に行って授業も受けなければいけませんし、仕事もしなければなりません。

愛情と連絡回数は直結していないのです。例えば、めちゃくちゃ連絡してくるマメな男の人が大勢の女性と同時に付き合っているということだって珍しくありません。

愛情とあなたへの連絡回数をごっちゃにして考えないようにしましょう

6.焼きもちは可愛くほどほどに!

男性の多くは、彼女に適度に焼きもちを焼かれたいと思っているそうです。

「今、可愛い女の子に見とれていたでしょう?」「そんなことないよ。〇〇が一番可愛いよ」なんて会話、今にもどこからか聞こえてきそうだと思いませんか?

ですが、この「焼きもち」も加減を間違えると、激しい嫉妬束縛につながってしまうので要注意です!

男性の多くは激しい嫉妬や束縛を嫌います。「今どこにいるの?何時に帰るの?誰と一緒なの?」など、毎日毎日問い詰められたら、いくら大好きな彼女でも一緒にいることがだんだん窮屈になり、逃げだしたくなるのです。

また、「元カノはどんな人だった?」「可愛かった?」「どのくらい付き合ったの?」など、しつこく元カノの話を聞いたり、嫉妬したりするのもNG!

「ちょっとだけ焼けちゃうな~」ぐらいだったらいいのですが、程度が激しい嫉妬は男性が引く原因になります。

焼きもちはカップルのラブラブ度を高めるアイテムにもなりますが、一歩間違うと「破局」にもつながりかねない危険なものです。

くれぐれも可愛くほどほどに焼く程度にしておきましょう。

7.コミュニケーションは密に!

大好きな彼氏がいる場合、「好きな人とケンカをしたくない」と考えるのはおかしなことではありません。

しかし、だからといってケンカをしたくないばっかりに、少しでもケンカになりそうな時に自分を悪者にしてさっと身を引いたり、毎回、彼氏の顔色をうかがっていいなりにその場をおさめたりするのはいい方法とは言えません。

彼氏のために我慢している・・というストレスはいつか爆発してしまうからです。そうなると、今まで溜まっていただけに、最悪の場合は別れることにもなりかねません。

カップルに限らず、人間が2人以上いると多少摩擦が生じるものです。家族だって夫婦だってそうですよね。

ですから、ケンカを必要以上に恐れる必要はありません。ケンカをして、言いたいことを言い合って今まで以上に仲良くなる、絆が深まるカップルはたくさんいます

また、日頃から会話の多い「コミュニケーションを密に取っている」カップルは長続きする割合が多いと言われています。

お互いたくさんのことを話し、一緒にいろんな経験を重ねながら、少しずつ仲を深めていけばいいのではないでしょうか?

8.完璧な彼氏像を求めない!

お付き合いが初めてという場合、「彼氏ってこういうものでしょ」「こうしてくれるはずでしょ」と自分が想像してきた「完璧な彼氏像」を実際の彼氏に求めてしまうことがよくあります。

しかし、「完璧な彼氏像」というのはあなたが作り上げた偶像に過ぎません。そんな彼氏はどこにもいないのです。優しくて可愛くて愛嬌があって頭も良くてスタイルも抜群で・・という完璧な彼女がどこにもいないようにです。

架空の彼氏像にあなたの彼氏を無理やりはめ込もうとすると、必ず無理が出てきます。それよりも大切なことは、今、目の前にいる彼氏を大事にし、いいところを認め、愛情を注ぐことです。

どこにもいないパーフェクトな彼氏を追い求めるのはやめて、彼氏としっかり向き合ってお付き合いをしていくべきです。

9.自分の世界をしっかり持つ!

女性は彼氏ができると、仲のいい友達とも遊びに行かない、会うのは彼氏だけ、趣味も習い事もとりあえず休止・・という人が少なくありません。

また、自分がそれだけ大好きな彼氏のために時間を割いているのだから、私のことを大好きなら同じように私だけを見てほしいと要求しがちになります。

これは付き合い始めのラブラブな時期ならまだいいのですが、少し落ち着いてくると彼氏から「重い」「ウザい」と敬遠される原因につながってきます。

そうならないためには、恋愛をしていても「自分の世界をしっかり持つ」ことが大切になってくるのです。

男性は、秘密めいた女性に惹かれるというところがあります。よく分からないから知りたがるのです。ですから、彼氏ができても自分の趣味や世界などでいきいきと輝いている人は男性にとっていつまでもまぶしく、追いかけたい存在になるのです。

彼氏と長く仲良く付き合っていきたいなら、お互いの友達や趣味を尊重し、大切にできるように心がけていくといいですね。

10.結婚を焦らない!

彼氏ができたら、女性が「結婚したいな」「この人と結婚したらどうなるのかな」とすぐに考えるのに比べて、男性というのは「お付き合い」=「結婚」とは考えない傾向にあります。

これは、彼女に愛情がないというのとは違って、女性ほど想像力が豊かではないということだと思いますね。

相手が誰であっても、適齢期を迎えるとか、同僚が次々と結婚をするとか具体的な例が身近に起こらないと「結婚」という文字がなかなか降りてこないだけなのです。

ですから、そんな彼氏に対して「いきなり親に会わせる」「結婚を焦ってすすめる」のはおすすめしません。真剣なお付き合いが進めば、彼氏もいずれは結婚を考えるでしょうし、親にも会ってくれるでしょう。

今は彼氏と過ごす時間を大切にして、「いつかこの人と結婚できたらいいなぁ」ぐらいの気持ちでゆったりと過ごすことをおすすめします。

初めての彼氏と長く付き合うための付き合い方は?

いかがでしたか?初めての彼氏と長く付き合うための付き合い方マニュアルとして「10個の大事なポイント」をご紹介しました!

大好きな彼氏とこれから先もずっと仲良く過ごすためにも、この10個のコツ!しっかりと実践してみて下さいね!

-恋愛

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.