「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

転職

第二新卒での転職は厳しい?大手への転職も可能なのか?

投稿日:

就職後、3年以内の離職率が3割を超えるというこの時代。「第二新卒」として、再び就職活動を行う人も増えてきました。

しかし、気になるのは「やっぱり転職は厳しいのかな?」「どんな会社が採用してくれるのだろう?」「大手に転職も可能なんだろうか?」といった転職先についての情報のことではないでしょうか?

そこで今回は、「第二新卒の転職」について、現在の取り巻く環境どんな転職先があるのか?といったことについてお伝えしていきます。

第二新卒を取り巻く環境とは?

その昔、リーマンショックで大きくダメージを受けた新卒者の採用市場。しかし、景気の回復に合わせて2010年以降、その状況は大きく変わってきました。

不況時に採用できなかった年代、つまり今となっては30代となった人材の採用に各社が乗り出し、引く手あまたになった30代の採用市場の競争の激しさから、今度は「第二新卒」に着目し始めたのです。

また、景気の回復に伴い、新卒の採用も激化。より優秀な学生を採用しようとする企業側と「売り手市場」でこちらも引く手あまたの新卒者側のミスマッチにより、予定の採用人数を下回る会社も出てきました。

更に「新卒者の3割が3年以内に離職する」と言われる時代において、「第二新卒」の年代の若者は企業にとって人材不足の状態が続いていると言われているのです。

『株式会社セレブレイン』の社長である高城幸司氏も『東洋経済オンライン』のコラムで、「第二新卒はかけがえのない存在」とし、「もはや新卒採用の求人難は慢性的な状況」で「新卒採用で採用予定数に達しなかった分や、新卒で採用した人材の退職者を補う」目的で「第二新卒の採用に熱心な企業が増えています」とコメントしています。

「第二新卒」を取り巻く環境は、現在、かなりいい風が吹いていると言っていいのです。

第二新卒は何が求められているのか?

少し前までは「一つの会社に3年も勤められないなんて・・」とネガティブに捉えられることしかなかった「第二新卒」。今、企業は「第二新卒」に何を求め、期待しているのでしょうか?

① 採用のコストが低く、ビジネスマナーもOK

「第二新卒」者は、一旦、就職をして社会で働いた経験がある人達です。そのため、企業は、第二新卒者を「基本的なビジネスマナーが身についている」と見なしています。

前職で新人研修などを受け、一通りの教育を受けた社会人として考えているので、一から全てを教え込まなくてはいけない新卒者と違って、企業側にとって教育が既に済んでいる、しかも即戦力になる人材というのは大きな魅力になります。

また、新卒の採用を行う場合に必要な「合同説明会」や「会社説明会」、「新卒採用のサイト」に始まる採用までの諸々の経費、「インターン研修」「新人研修」などが、中途採用である「第二新卒」者には必要ありません。

そのため、新卒者に比べると採用にかかるコストもずっと安く済むのです。この点も評価されています。

② 新卒者の不足分を穴埋めできる

先ほども述べたように、現在は「売り手市場」なため、企業は新卒者の採用枠を満たすことが難しくなってきています。しかし、次の新卒者が入社してくるのは次年度の4月。放っておいては、人手不足は深刻化してしまいます。

その点、「第二新卒」であれば通年の採用が可能。しかも、新卒者と変わらない年代ですので人材の育成という点を考えても問題ありません。

このように「新卒者の不足分の穴埋め」というところからも第二新卒者は歓迎されやすいのです。

③ 経験が少ない分、育てやすい

「第二新卒」者はほとんどの場合、前職を3年以内に辞めた人のことをいいます。そのため、新卒者よりも社会人経験は上回るものの、それほど経験を積んでいる人材という訳ではありません。

しかし、社会人としての経験が浅い分、逆に「柔軟で適応力が高い」「社風になじみやすい」といったメリットがあると期待されているのです。

若く、自分のやり方や考えにそれほど固執しないが故に、転職先の社風ややり方などにすんなりなじんでくれるのでは?と多くの企業が考えています。

④ 失敗を経験しているので、仕事への意欲が高い

「第二新卒」は「離職」を経験しているため、就職に一度失敗している人であると言えます。しかし、だからこそ「次の転職先では長く勤めたい」「同じ失敗を返さない」と強く考えている人が大多数を占めています。

企業側からしてみると、このような「意欲の高さ」は大歓迎!一度失敗をして、転職を経験しているからこそ仕事がある大切さを身を持って学んでいるはずですし、採用してくれた企業に対する感謝の念も高いでしょう。

企業としても、そんな風にモチベーション高く働いてくれる「第二新卒」に大いに期待を寄せているはずです。

大手企業への転職も可能!?

このように「第二新卒」の新たな可能性に期待が集まっている転職市場ですが、転職先として「大手企業」を視野に入れることも可能なのでしょうか?

転職の人気サイト『マイナビ転職』が調べた調査によると、「第二新卒の採用の際はどこを重視するか?」という問いに対し、「入社意欲の高さ」や「社風に合う人材か」などの回答が上位を占める結果となりました。

つまり、本来、経験やスキルが重視される転職市場において「第二新卒」に限っては人物面の評価が重要視されているということを示しており、この機会に新しい業種や職種へのキャリアチェンジも可能であるということになります。

となれば、大手企業にも転職可能・・?と考えるのは自然の流れではないでしょうか?

実際、その考え方は間違ってはいません。

昨年の1/28付の『日本経済新聞 電子版』によると「三井住友銀、第二新卒を採用 10月入行の総合職で20~30人」という見出しで「三井住友銀行は今春、大卒で社会人経験が2~4年程度ある第二新卒者の採用を始める。10月入行の総合職で20~30人の採用を見込む。大手行では専門知識を持つ即戦力の中途採用は一般的だが、第二新卒の採用は珍しいという。従来型の新卒一括採用とは別のルートも用意し、優秀な若手人材の確保につなげる」と掲載。

記事によれば、これまで新卒採用とキャリア経験のある中途採用のみだった「三井住友銀行」が、2016年の春から「第二新卒採用」をスタートさせ、10月の入社に間に合うよう20~30人の採用枠で募集をかけたとか。

あの「三井住友銀行」ですよ!?すごいですよね?

さらに、同じ『日本経済新聞 電子版』の6/21付の記事には「第二新卒、大手各社が熱い視線 博報堂は採用数2倍に」という見出しが!

「社会人経験の浅い第二新卒の採用に力を入れる動きが大手企業の間で広がっている。三菱電機が今秋入社から採用を始めるほか、博報堂は採用数を2倍に増やす。経団連に加盟する企業の新卒採用面接が6月1日に解禁されたが、今年の新卒・中途採用は空前の売り手市場。第二新卒に間口を広げ、優秀な人材を獲得しようとしている。」とあり、大手電機メーカー『三菱電機』や『博報堂』でも第二新卒の採用へ動き出しているとあります。

まだ、あります。同じく『日本経済新聞 電子版』の10/3付の記事では「ヤフー、新卒一括採用を廃止 30歳未満は通年  1年で300人程度」の見出しが躍りました。

それによると「ヤフーは新卒の一括採用を廃止する。10月から新卒や既卒、第二新卒などの経歴にかかわらず30歳未満であれば誰でも通年応募ができるようにする。」とし、「技術者や営業職など全ての職種が対象で、1年で300人程度を採用する計画だ。海外留学生や博士号取得者の就職活動時期の多様化に対応するほか、新卒以外にも平等に採用機会を提供し優秀な人材を確保する。」としています。

この記事によれば、かの有名な検索サイト「ヤフー」が新卒の一括採用を停止。経歴を問わない「ポテンシャル採用」を新設して、新卒以外にも平等に採用の機会を与えて、優秀な人材を確保しようとしているのです。

いかがですか?「第二新卒」だから大手なんて無理なのでは?という見込みは、ここにきて大きく崩れたことになります。第二新卒であっても、大手企業に転職することは不可能なことではなくなってきたのです。

大手企業への転職が簡単・・というわけではない

「第二新卒」だから大手企業への転職は無理・・という認識は、実際に崩れつつあります。ですが、だからといって「大手企業への転職が簡単になる」というわけではありません

大きな流れとして、各界の大手企業が「第二新卒」への門戸を開け始めたのは事実ですが、新卒のうち毎年3割もの離職者が積み上がる転職市場において、大手企業が「採用する」とした「第二新卒」の数はそれほど多くありません。

第二新卒者全員がその求人に飛びついたならどうなるか?考えただけでも明白ですよね?

もちろん、チャンスはあります。希望する職種であれば、そのチャンスに挑戦するのも素晴らしいことでしょう。挑戦しなければ何事も始まらないのですから。

ですが、「第二新卒」は一度就職に失敗した身。「大手だから」「名前が知れ渡っているから」などといった安易な考えで求人に飛びついて再び失敗をしたら、今度は「第二新卒」でもなくなってしまいます。

さらに、企業側は第二新卒者に対し、少なからず「またすぐに辞めてしまうのでは?」という目で見てきます。そのような偏見を覆し、信頼を勝ち得るには転職先でしっかりと長く勤めることしかありません。

ですが、「前職を自分はどうして短期間で辞めることになったのか?」という問題から目をそむけたままでは、あなたに合った本当の職業は見つからず、再度転職を繰り返してしまうという可能性も高いはずです。

この機会に、自分が失敗した原因や、自らの短所、適正などを徹底して考えて下さい。

前職を失った原因が「自分の性格や適正に合わない安易な就職活動にあったのでは?」「大手ばかりに気を取られていたのでは?」「待遇面をおろそかにして、給料の高さなどに固執していたのかも」など、一人一人失敗の原因も違っていれば、今後どのように改善して成長していくべきか?という点も異なっているでしょう

前職での失敗を次の転職で活かしてこそ、やり直す意味があるというものです。

第二新卒での転職!大手への転職も可能なのか?

いかがでしたか?第二新卒での転職について「大手への転職も可能なのか?」という点も含みながら、ご紹介してきました。

第二新卒で転職が成功しているという方は、「大手」ということだけに気を取られず、前回の失敗を踏まえ、自分の適性が活かせる職業や業種は何か?をしっかりと考え抜いた人です。

この点がきちんとクリアできていれば、今後の自分の成長イメージもつかみやすく、企業の採用担当者にアピールも容易になるでしょう。結果、採用の可能性も高くなるはずです。

徹底的に考え、答えを出して下さい。次の転職先こそ、皆さんの力が十二分に発揮できる職場でありますように!心から応援しています!!

-転職

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.