「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

大学生活

大学生のパソコンはMacとWindowsのどっちがおすすめ?

更新日:

大学生にはパソコンが必須とよく聞きますが、実際にパソコンを購入するとなると「MacとWindowsのどっちがいいんだろう?」という疑問を持つ人は少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、そもそも大学生に本当にパソコンが必要なのか?ということから、MacとWindowsのどっちがいいのか?という疑問など全てをひっくるめて「大学生におすすめできるパソコン」事情について、ご紹介していきたいと思います。

パソコンについて悩んでいる大学生の皆さん!是非、参考にしてくださいね!

スポンサードリンク



大学生は本当にパソコンが必要!?

大学生になると、高校までとは違ってレポートの提出ゼミでの発表などパソコンを使って何かを作成しなければならない機会が格段に多くなります。

もちろん大学の図書館やパソコンルームなどには、その大学の学生であれば自由に使うことができるパソコンが設置してあります。

ですが、テスト前や学期末など課題提出が多く重なる時期には当然パソコンを使用したいと思う学生も増えるので、使いたい時にパソコンが使えないということも少なくありません。また、利用できる時間も限られていますよね?

さらに、そもそも大学のパソコンを使用するには大学に行く必要がありますよね?それをいちいち面倒だと考える人も多いと思います。

自分の手元にパソコンがあれば、真夏の暑い中、寒さが厳しい中、わざわざ大学に出掛けていく必要もありません。自分の好きな時にパソコンを使うことができます

その他、地味に手間なのがファイルなどをUSBメモリなどを使って保存し、持ち運ばなければならないという手間。共用のパソコンだと自分の作ったファイルやフォルダをパソコン自体に保管しておくことができないからです。

USBメモリは小さく、持ち運びには便利ですが、反面、「なくしやすい」という面も。落としてしまったり、壊してしまったりすると、元データがパソコンに保存されていない以上、また一から作らなければならなくなります。

これらのことなどを総合して考えると、大学生には自分専用のパソコンがあった方がずっと快適です。「大学生にパソコンは必須」、これは的を得た言葉だと思いますね。

スポンサードリンク



大学生にはMacとWindows、どっちがいい?

大学生活を送る上で欠かせないパソコンですが、いざ買うとなると「MacとWindows、どっちがいいんだろう?」と悩む方は多いはずです。

そこで、ここからはMacとWindowsの違い、さらに大学生にはどちらがおすすめなのか?ということについて、深く掘り下げていきたいと思います。

Officeには両方対応しているけど・・

近頃の大学では、ネットを介して課題の提出などを行うことが多くなってきています。特に多いのが、「レポート」などですね。

そしてその場合、使うソフトは指定されておらず、文章作成ソフトであれば何でも利用可能ではあるのですが、「.docx形式で提出するように」という条件が付けられていることがほとんどだと思います。つまり、マイクロソフト社の文章作成ソフト『Word』に代表される拡張子スタイルで提出せよということなのですね。

なので、レポートの提出が多くなる大学生のパソコンには『Word』は必須!さらに、表計算ソフトの『Excel』やスライド作成ソフトの『Power Point』など、使えるソフトを集めた『Microsoft Office』を入れておけば大抵の課題に対応できるはずです。

この『Office(オフィス)』は、Windowsと同じマイクロソフト社製ですからWindowsが搭載されているパソコンを買えばデフォルトでついてくることも多いです。

一方、Apple社が出しているMacでも『Office』をインストールして使うことは可能です。パソコンとは別にソフトを買う必要はありますが、Macにも対応しているので安心してください。

さらに、Macにデフォルトで入っている『Pages』という文書作成ソフトを使ってレポートなどを書くこともできます。ただし、提出の際に「.docx形式」という条件が付いていると、いちいち拡張子を.docxに変えて出さなければならないという面倒さはついてきてしまいます。

Windowsでしか使えないソフトが多い

文系の大学生の場合、パソコンを使用する課題は「レポート」が圧倒的に多いと思いますが、理系の場合はそれ以外の課題が出されることも少なくありません。例えば、プログラムや数理処理などでしょうか。

その際、大学側から何らかのソフトが配布され、このソフトを使って課題を仕上げるようにとの指示があったりします。しかし、その場合、多くが「.exeファイル」の形式を取っているのでMacでは動きません。そのため、別に「変換ソフト」を必要とします。

「変換ソフト」は無料でいろいろ出回っていますが、変換がうまくできなかったり、動作しなかったりということもあり、あまりおすすめできません。となると、Macユーザーであれば有料で「変換ソフト」を手に入れる必要が出てくることになります。

一方、Windowsではどうか?というと、圧倒的なシェアを誇るWindowsユーザーであれば「ソフトが使えなくて困る」ということはほとんどありえません

フリーソフトでも有償のソフトでも、まずは使用する人数が多いWindows向けに作られることが多いため、Macのように別に「変換ソフト」を必要とする場面もほとんどないのです。

つまり、「Windowsでしか使えないソフトが多い」「使えるソフトがWindowsに比べてMacは少ない」という点、これがMacとWindowsの最も大きな違いになると思います。

ただ、MacでWindows版のソフトをどうしても使いたい場合、MacにWindows自体をインストールして使用するという方法を取ることもできます。しかし、この場合、パソコンのOSが2つ入ることになるわけですから、どうしても動作が重くなってしまいがちに。

レポートの作成やネット、卒論を書くぐらいでしか使うことがないというのであればMacでも全然問題がないと思いますが、自分の専攻や専門のソフトをひんぱんに使うという機会が多い学生はMacではやや厳しいのではないか?と思いますね。

就職先のパソコンはWindowsがほとんど

最近では、大学生活を終えて就職すると、会社では「当然、パソコンが使えるよね?」という扱いを受けます。そして、その場合の「パソコンが使える」というのは「WordやExcelなどが使える」と同義であることがほとんど。

すなわち、就職先で使用されているパソコンは圧倒的にWindowsが多いということなのです。

もちろん、デザイン系など大多数をMacが占める業界もありますが、それはまれ。ほとんどの会社ではWindowsが使われており、情報の漏えいが恐れられている今の時代ではセキュリティや効率性の観点から、会社で使用するパソコンは全て統一され、会社から割り当てられたパソコンを使用して仕事をしなければなりません

大学時代はWindowsでもMacでもどちらを使ってもとやかく言われませんが、会社ではいやおうなくWindowsを使うことになり、Macユーザーであっても自分の使い慣れたパソコンを会社に持ち込むことは許されないのです。

そのため、就職してからも問題がないように先を見越しておきたいという気持ちがあるのなら、大学時代からWindowsを選び、慣れておくというのがおすすめになります。

大学生なら、おすすめはWindows!!

今までご紹介した点などを考慮すると、大学生であればWindowsを選ぶのがおすすめです。使うソフトにも困りませんし、余計な手間もかからず、就職した後のことも考えるとWindowsを選んでおけば間違いはないでしょう。

ただし、Macがダメという訳ではありません。何といっても素晴らしいデザイン、持っていてかっこいいというのは正直、Macですよね。

さらに、基本的な性能だけを使用するのであればMac・Windows、どちらを選んでも問題はありません。ネットの閲覧や動画鑑賞、レポートの作成など不自由なく使えるはずです。特に、デザイン系の学生であれば、Macユーザーの率は跳ね上がります。

また、スマホなどでApple社製のiPhoneやiPadに慣れ親しんでいる人なら連携など面からMacを選ぶという方も少なくないのでは?学生であれば普段割引のないApple社製品でも「学割」がきき、少し安く購入できるのでお得でもあります。

その他、見た目やデザインが大事という人やパソコンがある程度分かっているという人、大学で専門のソフトなどを入れることがそれほどないという人、2台目のマシンとしてパソコンを購入するという人であればMacを選んでも不自由はしないのではないでしょうか?

逆に、パソコンにそれほど詳しくないという人やいろんな変換などは面倒だと考える人などはWindowsを選ぶ方がいいでしょう。

スポンサードリンク



どこで買えばいい?

MacかWindowsかは好みやそれぞれの事情で決めるとしても、パソコンをいざ買うとなると「どこで買えばいいのか?」という問題に突き当たると思います。

その購入先の候補として、一番に挙げられるのは「大学の生協」。近頃では、どこの大学でも購買部などで「生協おすすめのパソコン」を取り扱っており、最新のモデルに最新のソフトを搭載していることが多いと聞きます。

さらに、売り上げを意識している訳ではないので値段も相応で、サポート体制も厚いのが特徴。大学生が必要とする専門的な知識に特化したソフトもついていて、保証期間も通常のパソコンより長くなっています。また、持ち運ぶことを念頭に置いているので、軽くて薄いマシンが多いというメリットもあります。

一見、良さそうなことしかない「生協パソコン」ですが、軽量化を図るあまり、DVDやCD視聴の際に必要になるドライブが外付けになっていて、結局それも持ち歩かないといけない。

専門的な知識に特化したソフトは全学部の学生に必要な訳ではなく、自分には必要ない、大学生活を普通に送るのに最先端のスペックはいらなかった・・など、人によってはよく考えるとそれほどメリットになる点がないというのも「生協パソコン」の特徴です。

もちろん、「生協パソコン」が自分には合っているという人も多いとは思いますが、それほど必要ではない機能にお金を払うことになるのであれば、容量を増やしたり、動きを良くしたりできるストレージやメモリ、CPUにお金をかけた方がいいと考える方もいるはずです。

そういう方であれば、家電量販店やネットなどで購入する方法もおすすめです。家電量販店ならいくつかのショップを回り、店員さんに話を聞きながら自分に合ったパソコンを選ぶのがいいでしょう。

また、価格という面で言うとウェブ、特にメーカーの「公式通販」は割安で狙い目です。「公式通販」は、自社の製品を使い続けてくれるユーザーを増やすのが目的なので、学生という若いうちからユーザーを確保するために割安な値段で販売してくれています。

まずは、店頭で自分に合ったパソコンを選び、ネットなどで安く買えるところを探すというのがベストな方法ではないでしょうか?

ちなみに、大学生におすすめなパソコンは、持ち運びという点を考えると13インチ前後で重さは1kg程度が目安になるでしょう。

性能(CPU)に関しては、少し余裕を持たせて「Core i5」、メモリは「8GB」、ストレージ(容量)は「SSD256GB」というのがおすすめですね。

パソコンの知識が豊富という方でない限り、ある程度のスペックを備えた15万円前後のパソコンを選ぶようにするとあまり失敗しないと思います。

大学生のパソコン!
MacとWindowsのどちらがいいのか?について

いかがでしたか?今回は「大学生のパソコンはMacとWindows、どっちがいい?」をテーマに、MacとWindowsの違いから、おすすめはどちらか?、どこで買えばいいのか?というところまで幅広くご紹介しました。

大学生に向いているのは、基本、Windowsですが、多少の不便さがあってもMacがいいという方もいますよね。

この記事をよく読んで、「自分ならどっちが合っているだろう?」ということを考えながら実際のパソコンを選んでみてくださいね!!

一緒に検討したいのが、ポケットWifi

Macにしても、Windowsにしても、完璧に使いこなすために欠かせないのはネット回線です。

家に回線もひいてあるし、大学もWifiが飛んでるから、間に合ってます。という方もいると思いますが、おすすめしたいのがポケットWifiです。特に引越しをしてまだネット回線をひいていない場合は、ポケットWifiの選択をおすすめします。

ポケットWifiはどこにでも持ち歩けるのでとにかく便利ですし、Wifiがない場所でのネットに繋げての作業が可能になります。レポート作成からネットサーフィンまで、パソコンをせっかく買ったのであれば、どこでもしたいですよね。外でした方がおしゃれですし。笑

そんな時のあなたの強い味方になるのが、ポケットWifiです。そもそも固定回線もひいていないのであれば、持ち歩けるポケットWifi一択です。料金も大きく変わらないので。

既にネット回線をひいている

ネット回線を引いているのであれば、パソコンを使う場面を考えてみて、Wifi環境がある所でしか使わないのであれば、全く必要ないと思います。なんとなくポケットWifiを持っていることがおしゃれだから、という理由で契約してもいいかもしれませんが、まあ、無駄でしょう。笑

Wifi環境がない場所でも使いそうであれば、ポケットWifiがおすすめです。

ネット回線をひいてない

パソコンはほぼ確実に家で使うと思います。それなのにネット回線がない状態はもったいない、というのは、誰が見てもわかる状況ですよね。

今からネット回線を用意するのであれば、一つの場所に固定しておく回線とポケットWifiであれば、持ち歩ける方を選んだ方が活用できるシーンが単純に広がるので、後者のポケットWifiがおすすめです。

ポケットWifi契約するならどこ?

ここまで読んで、ポケットWifiが必要!と思った方向けですが、たくさんある回線やプロバイダの中からどれを選択すればよいのか。

回線のおすすめはWimaxで、契約するプロバイダとしておすすめなのが、月額最安級のBroadWimaxです。詳しくは公式ホームページを見ていただいた方が早いと思うので、興味ある方はこちらからどうぞ。

-大学生活

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.