「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

ポケットwifi

大学生の一人暮らしにはポケットWi-Fiと固定回線どっちがおすすめ?

更新日:

大学生になって一人暮らしをスタートさせた当初は、インターネットを利用する際の通信手段がスマホしかないという方もかなりいるはずです。

ですが、ちょっと遊んでいるうちにスマホの通信量を使い切ってしまった、レポートを書くのにやはりPCにつながるネットがないと不便・・などの経験から、何らかの通信手段が必要になってくるものです。

そうなると、固定回線を引くか?それとも最近人気のポケットWi-Fiを契約するか?という2択で迷う大学生も多いもの。

そこで今回は、「一人暮らしの大学生におすすめなのは固定回線か?ポケットWi-Fiか?」というテーマで、比較検討!わかりやすく、徹底検証していきたいと思います。

固定回線とポケットWi-Fiの特徴の違いとは?

一人暮らしの大学生に限らず、インターネットを使用しようと思うなら「固定回線」か?持ち運び可能な「ポケットWi-Fi」にするか?で悩まれる方は多いと思います。

この両者の特徴を簡単に比較してみると

固定回線の特徴

・契約した住宅内でのみ利用可能
・開通工事が必要
・安定した高速通信ができる
・全国どこでも対応可能
・通信制限がない
・初期費用や月額料金がやや高め

ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)の特徴

・持ち運びできる
・開通工事が不要
・通信速度や電波の接続が不安定な時がある
・対応エリアが限定される
・ギガ放題プランでも速度制限アリ
・初期費用はほぼ無料・月額料金も安い

となります。

両者とも高速で通信できるのは変わりがないのですが、その安定性においては固定回線が優れています。

さらに、対応エリアが拡大途中のポケットWi-Fiは、全国どこでもカバーできる固定回線にまだ追いついていないのが現状。

また、現在、完全な無制限で通信できるのは固定回線のみ。ポケットWi-Fiはその回線上、「ギガ放題プラン」であっても「直近の3日間で10GB以上利用」という条件を超えると通信速度に制限がかかります。今、どのくらい使っているんだっけ?と心配する必要やストレスがないのは、固定回線だけです。

一方、契約した住宅内でしか使用できない固定回線に比べて、どこにでも持ち運び利用できるのがポケットWi-Fiの最大の魅力。その上、面倒な開通工事も必要なく、初期費用もほとんどの業者で無料となっており、月額料金も固定回線より安くなっています。

両者、どちらもメリットとデメリットがあるということですね。

ちなみに、「ポケットWi-Fi」というのは、厳密にはイーモバイル(現ワイモバイル)の登録商標。

他の会社のWi-Fiルーターは対象にならないはずなのですが、その分かりやすい名称から持ち運びできるモバイル型の「モバイルWi-Fiルーター」などを総じて、今では『ポケットWi-Fi』と言うようになってきています。

大学生の一人暮らしなら、どれを選ぶべき?

このようにそれぞれメリットとデメリットがある「固定回線」と「ポケットWi-Fi」ですが、一人暮らしの大学生ならどちらを選んだ方がいいのでしょう?

これは、ケースバイケースという面も幾分あるのですが、多くの場合で「ポケットWi-Fiの方がおすすめ」と言うことができます。

その理由を詳しくご紹介してみましょう。

1 持ち運びできると便利!

「ポケットWi-Fi」はモバイル型のWi-Fiルーターなので、自宅以外にも大学や他の場所に持っていき自由にネット環境を整えることができます。

それに、一人暮らしであれば、家族でWi-Fiルーターを共有している訳ではないので、モバイルWi-Fiルーターを自宅外へ持ち運んでも何の問題も出てきません。

そのため、自宅はもちろん大学や外出先のカフェでも、ネットで調べ物をしながらパソコンでレポートを書いたり、タブレットなどにつなげてゲームを楽しんだりと大変便利に使えるのです。

時間に余裕があり、アクティブに動くことの多い大学生には、それこそうってつけの機能と言えるのではないでしょうか?

2 引越ししてもOK!

さらに、「ポケットWi-Fi」は開通工事が不要なので、引っ越してもそのまま持っていき、変わらずに利用することが可能。キャンパスが変わり、引っ越しが必要になった時も一人暮らしをやめて実家に戻ることになった時も継続して使い続けることができます。

また、「固定回線・ポケットWi-Fi」いずれも、契約時のプランなどで異なってはきますが、契約期間の満了を迎える前に解約してしまうと解約金が発生するのは同じ。

特に利用が2年未満の場合、キャンペーンの適用条件を満たさずに解約するということになり、高額なキャッシュバックを受け取れなくなることがあります。

ですが、契約した住宅から移動すると契約を変更しなければならない固定回線と違って、「ポケットWi-Fi」であれば、必ずしも引越しのタイミングで解約する必要はありません。

2年なら2年の定期契約の更新月を迎えるまで使いながら解約すればいいので、無駄がなく、高額なキャッシュバックの権利を失うこともありません。

また、開通工事が不要ということはルーターが手元に届き、設定さえ終わればすぐにインターネットが利用できるということでもあります。固定回線の開通工事のように、業者が来るのに時間を合わせて立ち会う必要もなく、面倒な手間いらず!これは、かなり嬉しいですよね!

3 料金が安い

実家を出て、初めて一人暮らしをするという大学生の場合、できるだけ初期費用や月額料金にお金をかけたくないというのが本音でしょう。

「固定回線」の場合は、新規契約をすると初期費用として事務手数料と工事費が発生します。もちろん契約期間中は月額料金も支払う必要があります。

工事費は戸建てか、マンションかなどで変動しますが、『ドコモ光』を例にとるなら

契約事務手数料:3,240円
新規工事費:16,200円
月額料金:4,320円/月 など

といった料金プランに。

この場合の月額料金は、プロバイダーを格安の『GMOとくとくBB』とし、2年契約としています。ただ、本人やその家族がdocomoのスマートフォンを契約しているならば「セット割」の適用が可能ですのでもう少し安くすることもできます。

一方、「ポケットWi-Fi」はというと、人気の高い「Wimax2+」を契約するとして、月額料金が業界最安級と言われる『Broad WIMAX』を例に取ると、

初期費用:18,857円が無料 ※WEBからの申し込み
月額料金:【ギガ放題プラン】3ヶ月間2,726円 4ヶ月目以降3,411円

となります。

これは比較すると、その差は歴然としています!「ポケットWi-Fi」の方が初期費用もかからず、月額料金もかなりお安いと分かりますよね。

4 スマホのテザリング機能も不要に!

Wi-Fiを使ってネットにつなげるのなら、わざわざポケットWi-Fiじゃなくても、スマホの「テザリング機能」でもいいんじゃないの?と考える方もいるかもしれません。

テザリング機能とは、簡単に言うとスマホをモバイルルーター化する機能のこと。これを使えば、Wi-Fi環境がない屋外でも、スマホをWi-Fiルーター(親機)としてゲームやパソコンなどのWi-Fi対応機器(子機)をインターネットにつないで楽しむことができます。

つまり、ポケットWi-Fiと同じようなことができるわけです。ほとんどの大学生は今、スマホを持っていますから、それ1台で何もかもまかなうことも可能ではあるのですね。

しかし、テザリング機能にはメリットだけがあるのではありません。実は、デメリットもいろいろあるので、大学生であればやはりポケットWi-Fiを持つ方がおすすめなのです。

まず、全てのスマホでこのテザリング機能が使える訳ではないという点。機種によっては対応していないものもあります。

さらに、テザリング機能を使いたい時は、いちいち設定をしなければなりません。お使いになっている方は分かるかと思いますが、これが、結構面倒くさく手間です。

また、テザリング中はスマホを使って複数のWi-Fi機器と通信することになります。そのため、スマホだけで通信するより、多くのパケットが流れることになります。

結果、テザリングによってスマホの通信量がガッツリかかってくることになります。頻繁に行っていると、すぐに3日間の速度制限いっぱいになってしまうということも珍しくありません。これが一番痛い点でしょうか。

その上、状況によっては常時通信が長く続く場合もあり、その処理のために電池の消費も大きくなります。テザリングは電池消費が大きいのでよく使うようであれば、予備バッテリーなどが別に必要になってきます。

また、通信速度も厳密に言うと固定回線やポケットWi-Fi以上はでません。

一方、ポケットWi-Fiなら、通信量に一定の制限はあるものの、ヘビーユーザーでもない限り、基本は使い放題と言えます。スマホの大容量プランよりも豊富ですし、月額料金も安いです。

さらに、ポケットWi-Fiを使うことでスマホのデータ通信量を節約することもできます。

これらのことを考え合わせると、よくテザリング機能を使う人ほどポケットWi-Fiのようなモバイルルーターを併用したほうがいいと言えます。スマホのテザリング機能だけでいけるという人は、めったにネットを繋がない、つまりテザリング機能をあまり使用しない人だと言えるのです。

何かとインターネットを使う機会の多い大学生であれば、スマホのテザリング機能一辺倒で行くより、ポケットWi-Fiを併用することをおすすめします。そちらの方が便利ですし、トータルで考えると料金も安く済むはずです。

また、auのスマホをご利用の方は、Wimax2+を契約すると最大2年間、スマホの利用料金が月額最大1,000円割引となる「auスマートバリュー mine」プランを使うことができます。

ますます費用が安く抑えられるので、こちらもおすすめになりますよ。

大学生の一人暮らしにはポケットWi-Fiの方がおすすめ!

いかがでしたか?今回は、大学生の一人暮らしにはポケットWi-Fiと固定回線どっちがおすすめ?というテーマでお送りしました。

結果は、一人暮らしでWi-Fiルーターを外に持ち出しても支障がなく、大学以外にも持ち運んで便利に使える「ポケットWi-Fi」の方に軍配が上がりました。

「ポケットWi-Fi」は、通信速度や安定性の面では固定回線にまだ及びませんが、ここ数年の間に快適に使用するには十分な性能が出るよう進化を遂げています。

ただ、使用できるエリアがまだ限定されていますので、お住まいの地域がサービスエリア内であるかどうかは契約の前に必ずチェックするようにしましょう!

業者によっては無料で機器を貸出し、体験させてくれるところもあります。実際に使用した感じがどうなのか?を確かめることもできますので、積極的にこのようなサービスを活用してみてくださいね。

ポケットWifi契約するならどこ?

ここまで読んで、ポケットWifiが必要!と思った方向けですが、たくさんある回線やプロバイダの中からどれを選択すればよいのか。

回線のおすすめはWimaxで、契約するプロバイダとしておすすめなのが、月額最安級のBroadWimaxです。詳しくは公式ホームページを見ていただいた方が早いと思うので、興味ある方はこちらからどうぞ。

-ポケットwifi

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.