「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

アルバイト

ミスドのバイトを各観点で口コミ・評判を交えて徹底解説!【働きたいかわかる】

更新日:

みんなが大好きなドーナツ店と言えば、真っ先に思い浮かべるのが「ミスタードーナツ」。略して「ミスド」と呼ばれ、多くの人に親しまれていますよね。

駅前や駅中、商業施設の一角などに出店される「ミスド」はアクセスもよく、アルバイトをしたいと考える人も少なくないはず!

何より、あの甘い香り!美味しいドーナツがいつも食べられるかもしれないというチャンスは、甘いもの好きにはたまりませんよね。

そこで今回は、ミスドのアルバイトについて徹底解説!!時給は?交通費は?服装規定は?仕事の内容は?などなど、ミスドのバイトについての情報はもちろん、口コミや評判、面接の注意点なども洗いざらい解説していきます!

ミスドのアルバイトとは?

美味しそうなドーナツのみならず、お店によっては飲茶なども楽しめる「ミスタードナツ」こと「ミスド」。そんなミスドでアルバイトをするとしたら?

ここから先はミスドのアルバイトに関するアレコレを一つ一つご紹介してきます!

時給は?

「ミスド」のバイトの時給

・都市部:950~1,100円程度
・他の地域(郊外・地方)など:780~850円程度

となっています。お客さんの多い都市部の方が時給は高め。街の中心部から外れた郊外や地方などでは、時給は低くなります。これは、ミスドに限ったことではないですけどね。

また、ミスドでは深夜22時以降も営業しているお店があり、その時間帯であれば基本の時給から25%ほど時給が上乗せされます。

夜のシフトに入りやすい方であれば、高時給をgetするのも可能ですね!ただ、この深夜の時間帯は18歳以上でなければ働けないので、高校生の方などはご注意を!

さらに、お店によっても異なるのですが、採用されたばかりの研修中に限れば時給は50円ほど低くなるというところが多いようです。

ちなみに、ミスドの研修は一例をあげると

1日目 店舗の仕事の流れをつかむためにビデオをみる
2日目 ドリンクを作る、ドーナツを箱に詰める作業
3日目 飲茶作りをしながら、レジ打ちの練習
4日目 一連の流れをやってみる

というように、段階を経てスキルアップしていく形になっています。これなら、全く慣れていない初心者でも仕事が覚えられそうですね!

研修中は接客も行いますが、フォローしてくれるトレーナーがちゃんとついてくれるので心配することはありません。

昇給は?

・昇給:あり

ミスドではアルバイトにも「昇給制度」があります。ミスドでは、

・研修生
・1スター
・2スター
・3スター

というランクがあり、お店ごとに筆記試験や実技試験を行って、社員の面接に合格すると「昇格」などが決まるという仕組みになっているとか。

研修性の時の時給はだいたい750~800円のところが多く、目安として100時間ほど働くと1スターに昇格。約50円、時給がUPするそうです。

また、2スターに上がるのは300時間、3スターは500時間働くのが目安。時給は20~30円ほど上がると言われています。

交通費は?

・交通費:店舗によって異なる

ミスドのバイトの交通費は、店舗ごとによって「支給される」「されない」が分かれています

多くの店舗では交通費が支給されているようですが、その上限も規定もお店ごとに異なっています。なので、自分が働くお店ではどうなっているのか?を面接時などに、あらかじめ確認しておきましょう。

給料日は?

ミスドのお給料日は、こちらもお店によって違っています。多いのは、

・月末締め⇒翌月10日支払い
・月末締め⇒翌月15日支払い
・月末締め⇒翌月20日支払い

という3パターンのようです。こちらも面接のときなどに確認することを忘れずに!

シフトは?

・シフト:自由シフト制 2週間に一度提出

ミスドのバイトは、バイトそれぞれが勤務時間の希望表を店舗のシフト担当者に提出してシフトが確定される「自由シフト制」を取っているお店が大多数を占めています。シフトの希望表の提出は、2週間に一回というのが多いようですね。

自分のスケジュールに合わせてバイトの予定を入れることができるので、サークルや勉強などで忙しい学生さんでも働きやすいと思います。

制服は?

・制服:あり 無料貸与

「ミスドの制服が可愛い」「着てみたい」という理由で、バイトを始める女子も少なくないでしょう。

季節や地域によって色やユニホームの形が変わり、様々な制服を楽しむことが出きるのもミスドの特徴!期間限定バッチが配布されることもあり、オシャレ好きにはこれだけでも楽しい職場になりそうです。

制服は無料で貸与されますが、靴は自分で用意しなくてはいけないということもあります。この辺りは店舗によって異なっているようですね。また、靴下の色は黒のみというお店もあるのだそうです。

身だしなみは?

・身だしなみ:やや厳しい

「身だしなみ」に関しては、食品を扱うお店だけにやや厳しい傾向にあるようです。

髪の毛の色も黒髪、もしくはこげ茶のみ。男性の場合は、髪が耳にかかってはいけないという決まりがあり、髪の長い女性は後ろでまとめなければなりません。

また、ピアスは基本的に禁止。お店によっては、色が金か銀のもの、左右一対で直径5ミリ以内の固定式という条件で許されているところもあるようですが、身につけられないお店が多いということは覚えておいた方がいいでしょう。

その他、ネックレスや指輪などのアクセサリー類も厳禁です。ネイルもNG。クリアネイルも不可となっています。

まかないは?

・まかない:店舗ごとにルールが異なる

ミスドのバイトを始める時に一番気になるのが「ドーナツは食べられるの?」ということではないでしょうか?

ミスドのドーナツが毎回食べられたらうれしいな・・という動機でミスドのバイトを選ぶ方も多いはずです。

この「休憩中などにドーナツが食べられるか?」ということに関しては、バイトであっても休憩中に無料でドーナツを食べることができるとしているお店が多数を占めるようです。中には、+ドリンクが飲み放題という嬉しいお店もあるとか!

ただ、店舗によって休憩中のドーナツが割引価格になる場合や、無料になるドーナツの個数に制限がかけられている場合もあります。そのため、一概に「○個が食べられる」とは言えないのが現状です。面接のときに聞いてみるのもいいでしょう。

また、ミスドでは新商品の試食などもあって、バイトでもいち早く最新のドーナツを食べられる機会があります。

ミスドのドーナツは美味しいのでつい食べ過ぎてしまいそうですが、「太ってしまった・・」という声も少なくないのでご注意を!

仕事内容は?

・セールスエリア
・キッチンアリア

ミスドのバイトでは、接客やレジ周りや店内のチェックを行う「セールスエリア」とドーナツの生地を仕込み製造する「キッチンエリア」の2つに分かれています。

基本的には分業制になっていますが、仕事に慣れたら両方のエリアを担当するというケースもあるようです。

また、キッチンエリアではドーナツを仕込むための早朝の求人がされているのをよく見ることができます。ミスドではドーナツの作り置きをしないので、開店に間に合わせるためには早朝からドーナツ仕込む必要があるからです。

仕事を掛け持ちしているフリーターやお子さんの送り迎え前に働きたい主婦の方などに人気があるようですよ。

セールスエリア

「セールスエリア」は、接客の他、レジ周りからイートインスペースを担当し、その中でも役割分担がきっちりなされています。

接客・レジ

「接客・レジ」は、カウンターで商品の精算や説明などを行います。

お客様のご注文を聞き、清算。ドーナツを持ち帰る場合は箱に詰め、店内で召し上がる場合はお皿に乗せてお出します。飲茶を取り扱っている店舗では、この飲茶を作るのもレジの担当になります。

ミスドの商品はドーナツを始め、季節ごとの商品も多くかなり種類があるのでレジも覚えるまではちょっと大変かもしれません。

ですが、基本はタッチパネル式になっていてメニューがひと目で分かるようになっているので一旦覚えてしまえば、楽に操作できるようになるそうです。

ドリンク

「ドリンク」は、レジで注文を受けたドリンクの作成を行います。

ドリンクは、抽出したコーヒーをマニュアルの分量通りに注ぐだけ、ドリンクマシンのボタンを押すだけととても簡単!氷の分量も決まっているので、その通りやれば大丈夫です。

また、イートインスペースがあるお店では、おかわり自由のコーヒーやカフェオレなどのおかわり対応も「ドリンク」の仕事になっています。

清掃

ミスドでは、清掃のお仕事を「ポーター」と呼び、セールスエリアの担当であれば、閉店後にレジ周りやショーケース、ホールの掃除を行います。

トイレまわりの掃除は、営業中にこまめに行っています。時間帯によって担当者を決めるチェックリストを設けている店舗も多く、私もミスドのトイレで担当表を見かけたことがありますよ。

店頭販売

「店頭販売」は、クリスマスやお正月などのイベント期間中に、セットや福袋を店頭で販売するお仕事です。

お得なチケットなどがついているので人気なんですよね!私も何回か購入したことがあります。

キッチンエリア

ミスドでは店舗のキッチンで、一つ一つドーナツを手作りしています。「キッチンエリア」はそのドーナツ製造の心臓部。丁寧な作業が必要になります。

ミスドのドーナツを作る製造過程は、ドーナツ作り、揚げる「製造・ベーカー」とドーナツをデコレーションする「フィニッシャー」の2つ。単純作業がほとんどで、マニュアルもきちんとしているのでそこまで難しくありません。お菓子作りが好きな方はかなり楽しいかもしれませんね!

製造・ベーカー

「製造・ベーカー」は、ドーナツの生地を仕込んで形成し、フライヤーで揚げるお仕事です。お店によってはベテランのバイトや正社員だけが担当することもあるとか。確かに、この時点で間違っていたら大変ですよね。

ミスドのドーナツは種類がたくさんありますが、それぞれのメニューに応じた定量で生地を出す道具があり、それを使用すれば決まった形の美しいドーナツが作れます。

ただし、形が崩れたり、形が間違ったりしているドーナツは店頭に出すことができなくなるので、その点はしっかり注意しなければなりませんね。

フィニッシャー

キッチンエリアでバイトに入ると、まずはドーナツの仕上げを行う「フィニッシャー」を担当することが多いと言われています。

「フィニッシャー」はその名前の通り、ドーナツの中にクリームを詰めたり、チョコをかけたり砂糖をまぶしたりとドーナツの最終的な仕上げをするお仕事。

「フィニッシャーが一番楽しい!」なんていう意見も珍しくないようで、お菓子好き、お料理好きの方にはたまらないはずです。自分のデコレーションでドーナツが美味しそうに仕上がるのは、やりがいもありそうですよね。

清掃

キッチンエリアの「ポーター(清掃)」は、お客様が使用した食器、ドーナツ製造の調理器具などをこまめに洗浄し、キッチンを清潔に整えるお仕事になります。

特に、製造から販売まで各店舗で行うミスドでは衛生管理に最も気をつけなければいけないとされています。

ミスドのアルバイト!口コミや評判は?

続いては、ミスドのアルバイトの口コミや評判について!「いい意見」と「悪い意見」両方を集めてあります。

実際にミスドで働いたことのある先輩たちの飾らない体験談をどうぞ!

いい意見

・シフトの融通が利く
・ドーナツ作りが楽しい
・ドーナツが無料、もしくは割引で食べられる
・マニュアルがきっちりしている
・出会いがある
・接客スキルが身につく

ミスドでは、2週間に一度、希望シフトを提出してそれを基にシフトが組まれます。そのため、「この週はテスト期間なので休みたい」「夏休みに入るからたくさん入りたい」といった希望が叶えられやすく、シフトの融通が利くという点がメリットであるという声が多く聞かれました。

そして意外にも多かった意見は「ドーナツ作りが楽しい!」というもの。特にドーナツのデコレーションをして、その製品が店頭に並ぶと忙しさや疲れも吹き飛ぶくらい嬉しいのだとか。確かにキレイに出来上がったドーナツは、女子心をくすぐるものがありますよね。

さらに、ドーナツ好きにはたまらないのが「無料でドーナツが食べられる」「割引価格でドーナツが買える」というスタッフならではの特典。お店ごとにルールは違うようですが、自分が働いているお店であれば半額でドーナツを購入することが可能な様子。あまり大っぴらには言えませんが、店舗によっては売れ残りを持ち帰ることも可能とか・・。

また、ミスドでは「マニュアルがきっちりしている」というのがもっぱらの評判です。

始業前にはレジ打ちのシミュレーションや接客のための発声練習をする「ロールプレイング」という時間が毎日設けられており、バイトとして採用されてしばらくの間は「トレーナー」として先輩スタッフなどがついて指導をしてくれます。もちろん、ドーナツの作り方も各店舗にマニュアルが完備されています。

バイトの初心者でも仕事を覚えやすい工夫が各所にあるので、初めてのバイト先としてもおすすめできそうですね。

その他、ミスドでは高校生からシニア世代まで様々な年齢層が働いているので「出会いが多い」という感想も。さらに、接客業なので「接客スキルが身についたので就活でアピールできた」という意見も聞かれました。

悪い意見

・セール中が忙しい
・キッチンは暑い
・意外と肉体労働で体力を使う

ミスドと言えば「100円セール」が有名で、このセール期間中は本当に忙しさを極めると経験談が多く聞かれます。ですが、人気のある定番商品を108円に値下げして、今では100円セールは実質廃止されています

とはいえ、おやつの時間や週末などはやはりお客様が多く、てんてこまいするというのもミスドの特徴。お店全体が忙しくなり大変ですが、その分時間が経つのもあっという間!忙しい時は本当に時間が経つのが早く感じられますね。

また、お店で手作りするミスドのドーナツは、キッチンで揚げる作業が必要になります。マスクと帽子をつけて、熱い油のまえで大量のドーナツを揚げ続けるのは暑く、特に夏場は大変なんだそう。

さらに、キッチンでのドーナツ作りは、重い材料を持ち上げたり、出来上がったドーナツを大量に持ち運びしたりと結構な肉体労働!しかもドーナツを揚げるのは暑くなるので、体力を使い、痩せられる・・なんて話もありました。

ミスドのアルバイトの面接の注意点は?

ミスドのアルバイト募集は公式HPから、もしくは求人サイトなどから見つけることができます。

公式HPから見つける場合は、ダスキン全体のお仕事を見つけられるページに飛ぶので、ミスドを望むのであれば「職種」から検索をかけ、希望エリアから選ぶといいでしょう。提出する履歴書(エントリーシート)は、ネットからダウンロードできるようになっています。

◆ミスド公式HP アルバイト募集:
https://www.misterdonut.jp/shop_data/arbeit/

よく聞かれる質問は?

ミスドの面接時によく聞かれる質問は、通常のバイトの面接で聞かれる

・希望シフト
・今までのバイト経験歴
・交通手段

などはもちろん、ミスドならではの質問もされるようです。それが

・何故、ミスドで働きたいと思ったのか?
・ミスドのドーナツを買いに来たことは?その時の印象は?
・明るく接客できるか?

といったもの。まずは、「何故、ミスドで働きたいと思ったのか?」という志望動機が聞かれますが、これは「ドーナツ作りが好きだから」「とてもいい印象のお店だったので」など、素直な動機で構いません。

注意したいのが、「来店した時の印象」について。ミスドのアルバイトをしたいという方の内、一度もミスドでドーナツを買ったことがないという人はいないと思いますが、この質問が来ることに備えて、回答を用意しておきましょう。

客として来店した時、どんな感じだったか?何か思うことはあるか?など、突っ込まれたことを聞かれることもあるようです。なるべく明るくポジティブな感想を答えるようにしましょう。

また、「明るく接客できるか?」というのも、ミスドらしい質問です。ミスドでは、アルバイトであっても人間性を重視し、いろんなバイトの経験よりも明るく接客できるかどうか?どういう態度で接客するのか?ということを面接で見ようとします。

ですから、回答ははきはきと明るく、なるべく笑顔を心掛けるようにしましょう。

面接時の服装は?

ミスドは飲食店でもあり、スタッフとして働く人へのルールも厳しいものがあります。そのため、面接時は「清潔感のある服装」で行くのが鉄則!

おすすめは、きちんとして見える襟付きのシャツチノパンやスカート。シンプルなワンピースもいいですね。もちろん汚れやシワはNGです。

男性なら、きちんとヒゲを剃り、髪の毛もこざっぱりと。女性で髪の毛の長い方は束ねて、お化粧はナチュラルに。アクセサリーはつけず、ネイルもしていかないほうが無難です。

ミスドのアルバイトについて

いかがでしたか?今回は「ミスドのアルバイト」について、あらゆる角度からお届けしました。

マニュアルもきっちりしていて、研修中は「トレーナー」もつく手厚い待遇。お菓子作りの腕も上がりそうですし、美味しいドーナツが食べられる幸せ!

ミスドはアルバイトの評判もいいですし、アルバイト初心者や甘いもの好き、お菓子好きの方には是非おすすめしたいバイトですね!

興味が湧いたという方は、是非、求人サイトなどからミスドのアルバイト情報を検索してみてください!

バイト探しチュ~なら「バイトル」がおすすめ!

・細かい条件検索でバイト先を探せる!(もちろん、特定の店舗名でもOK)

・文字だけではなく、写真や動画でもバイト先を選べるから、雰囲気がわかりやすい!

・アルバイト求人サイトユーザー調査において、ユーザー総合満足度No.1に選ばれている!

バイトルでバイト探しするならこちらをクリック

-アルバイト

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.