「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

クレジットカード

シネマイレージカードは映画好きなら絶対持っておきたい理由

投稿日:

今回ご紹介する「シネマイレージカード」は、そのタイトル通り、映画が好きな方にこそ是非ともおすすめしたいカード!

何しろ、映画を観れば観るほどお得になるというのですから、映画をよく観るという方なら見逃せませんよね!?

そんな映画好きのための「シネマイレージカード」の持っておくべき理由!全てお見せしちゃいます!

TOHOシネマズのシネマイレージサービス

映画好きならもちろん、それほど好きでもないという方でも名前は知っているというのが、認知度抜群の『TOHOシネマズ』。全国のTOHOシネマズ系列の映画館で映画を観たことがあるという方は、かなりの数にのぼると思います。

しかし、この『TOHOシネマズ』が行っているポイントサービス「シネマイレージサービス」については「知らない」という方も結構多いのではないでしょうか?

でも、それは実にもったいない!TOHOシネマズで映画を観るなら、この「シネマイレージサービス」は絶対に外してはいけません!というのも、

● シネマイレージサービスのお得な内容 ●

・スタンプラリー:映画を6本観ると、1本がご招待に!
・シネマイレージ:本編上映時間1分=1マイルのマイルが貯まる!
・シネマイレージデイ:毎週火曜日は1,400円で映画が観られる!
・シネマイレージレポート:観た映画の記録をカードに残せる!

といった特典がてんこ盛りの内容になっているから!ざっと特徴を見ただけでも、「シネマイレージサービスがかなりお得そうだ!」ってことがよく分かるかと思いませんか?

そして、もう一つ忘れてはならないのが、シネマイレージサービスのポイントカードの役割を担う「シネマイレージカード」の存在!

いくらサービスの内容がすばらしくても、会員になり「シネマイレージカード」を作成しなければお得な特典の恩恵にもあずかれません。シネマイレージサービスと「シネマイレージカード」は切っても切れない関係なのです。

シネマイレージカードの種類

そんなシネマイレージサービスのポイントカード「シネマイレージカード」には、2つの種類があります。

・シネマイレージカード ※クレジット機能なし
・シネマイレージカード セゾン ※クレジット機能あり

まあ、簡単に言えばクレジット機能がついているか?いないか?の違いなんですが、どちらのカードでも先ほど紹介した4つの特典を共通して使うことができます。

じゃあ、どっちを選んだらいいのか?っていうことが気になりますよね?それはズバリ、クレジット機能付きの「シネマイレージカード セゾン」!

どうしてなのか?そして、両カードの違いは何なのか?について、詳しくご説明していきましょう。

年会費&有効期限

シネマイレージカードの大きな違いの1番目。それは「年会費」と「有効期限」にあります。ちょっと書き並べてみると、

シネマイレージカード ※クレジット機能なし

【年会費】初年度540円、翌年の更新時324円【有効期限】1年

シネマイレージカード セゾン ※クレジット機能あり

・MasterCard 【年会費】初年度無料、翌年の更新時324円【有効期限】6年
・アメリカン・エキスプレス 【年会費】3,240円【有効期限】3年

と、このようになっています。一見しただけでクレジット機能付きの「シネマイレージカード セゾン」の方が条件がいいですし、中でも「MasterCard」タイプは一番有効期限も長く、年会費も安そう!と分かるはずです。

もっと詳しく補足しておくと、シネマイレージカードのクレジット機能がないタイプは、年会費が初年度540円、翌年の更新時324円、有効期限は1年間で有効期限切れの3ヶ月前から更新の手続きができるようになります。

ただし、有効期限が切れてから、さらに1年経過すると更新の手続きは不可能になるカードです。

一方、クレジット機能ありの方は選ぶ「国際ブランド」によって年会費が異なります。

選べる国際ブランドは、MasterCardアメリカン・エキスプレスの2種類で、「MasterCard」を選ぶと年会費は初年度無料&2年目以降324円、有効期限は6年となります。「アメックス」ブランドの方は、年会費3,240円、有効期限は3年です。

アメックスブランドは何故こんなに年会費が高いのか?というと、アメックス独自のサービスや、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付帯しているから。

アメックスはステイタス性も高いですし人気があるブランドですが、もしどうしてもアメックスカードを持ちたいという方でない限り、ここではMasterCardの方が断然おすすめですね。

というのも、MasterCardブランドの場合は、年間1回以上、ショッピングまたはキャッシングの利用があれば次年度の年会費も無料になるからです。つまり、クレジットカードを時々使うという方であれば実質的に年会費はかからないということになります。

もちろん、お買い物などでカードを使ってもいいのですが、映画が好きでTOHOシネマズによく行くという方なら、一年に一度映画代金をこの「シネマイレージカード セゾン(MasterCard)」で支払いさえすれば、年会費無料で持てるということになります。

このような使い方なら、クレジットカードにちょっと抵抗があるという方でも気軽に持てるのではないでしょうか?

それにしても、年会費無料にもかかわらず、TOHOシネマズでの様々な特典を受けられるというのは、かなりの驚き!コストパフォーマンスは抜群ですよ!映画好きなら、このいろいろな特典つきのカードを絶対見逃さないでほしいですね。

入会資格

クレジット機能がついていない「シネマイレージカード」とクレジット機能付きの「シネマイレージカード セゾン」では、年会費や有効期限の他に、もう一つ「入会資格」が異なっています。

シネマイレージカードの入会資格と方法

・シネマイレージカード ※クレジット機能なし ⇒ 入会資格なし

・シネマイレージカード セゾン ※クレジット機能あり
⇒ 18歳以上で電話連絡が可能な方

つまり、クレジット機能がついていない「シネマイレージカード」は年齢制限もなく、誰でも入会できますが、クレジット機能付きの「シネマイレージカード セゾン」の方は18歳以上、しかも電話連絡がつく方というしばりがあるのです。また、18歳以上でも20歳未満の学生の方に限っては、親権者の同意が必要になります。

高校生であればクレジット機能がついていない「シネマイレージカード」の方しか作れませんし、クレジット機能付きの「シネマイレージカード セゾン」を作るには大学生でも親権者の同意がいるということですね。

また、「入会方法」については「シネマイレージカード」は劇場で直接申し込み、もしくはネットから申し込みの2通りが選べます。

ネットから申し込んだ場合は、受付番号が発行されるので発行期限日までにカード受取劇場で発行手続きを行います。劇場で直接発行してもらった場合は、WEB登録票に記載されている仮パスワードとシネマイレージカードの会員番号で会員情報登録を行ってくださいね。

クレジット機能付きの「シネマイレージカード セゾン」は、ネットから申し込むことができます。

セゾンカード特有の特典

クレジットカードの機能がある「シネマイレージカード セゾン」は、クレジット会社大手のクレディセゾンが発行するカードです。そのため、TOHOシネマズでの特典の他に、セゾンカード特有の特典も受けられます。

永久不滅ポイント

まず、カードを使った際に「永久不滅ポイント」が貯まります。通常、多くのカードではポイントが貯まっても有効期限が決められていることが多いのですが、セゾンカードは「永久不滅ポイント」という制度をとっており、ポイントの有効期限がありません。

1,000円ごとに1ポイントが貯まりますので、1ポイント5円の価値があり、基本的には還元率0.5%となります。

ETCの利用時にもポイントは貯まりますし、貯まったポイントは「Amazonギフト券」や「nanacoポイント」「すかいらーくご優待券」「au WALLETポイント」「dポイント」「Tポイント」「スターバックスカード」など様々なものに交換することができます。

セゾンポイントモール

また、クレディセゾンが運営するポイントモール「セゾンポイントモール」を経由して加盟店舗でカードを利用してお買い物などをすると、特別加算ポイントがつきます。

加盟店舗もAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、LOHACO、無印良品、UNIQLO、爽快ドラッグ、HMV、ポンパレモールなど有名ショップサイトが勢揃い!しかも、ショッピングポイントが2倍や3倍、4倍つくという特典付き!

ネットでお買い物をされるという方なら、「セゾンポイントモール」を経由するという一手間をかけるだけでかなりのポイントが稼げます。

電子マネー対応

クレジット機能付きの「シネマイレージカード セゾン」は、電子マネーにも対応しています。

しかも、交通系電子マネーの「モバイルSuica」「SMART ICOCA」にはチャージもできる上に、そのポイントも貯まります。

また、iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から「Apple Pay」が利用可能になり、セゾンカードは登録できるカードとして取り上げられています。なので「シネマイレージカード セゾン」を「Apple Pay」に登録すると、QUICPayとして割り当てられて、全国のQUICPay加盟店で利用することができます。もちろん、その際には永久不滅ポイントも貯まります。

さらに、セゾンカードの『Netアンサー』を使えば、nanacoポイントが貯まるサービスを登録でき、クレジット利用で貯まる「永久不滅ポイント」と「nanacoポイント」の二重取りができるというメリットもあります。

西友グループでお得に買い物ができる

セゾンカードには毎月5日と20日に全国の西友、リヴィン、サニーなどで買い物をすると5%オフになるという特典が付いています。「シネマイレージカード セゾン」があれば、もちろんその特典を活用することができます。

イープラスで人気チケット先行予約や優待割引

セゾンカード会員が利用できる「e+(イープラス)」サービスでは、コンサートや演劇、ミュージカル、伝統芸能、お笑い、クラシック、ダンスなど幅広いジャンルで公演チケットの先行予約優待割引ができるようになっています。

「シネマイレージカード セゾン」に入会すれば、こちらも使えるようになりますよ。

ETCカードは共通して作れる

「シネマイレージカード」は、どちらもETCカードを付帯させることができます。年会費・発行手数料、ともに無料で、発行に1~2日程度時間がかかります。

シネマイレージカードの素晴らしすぎる特典!

シネマイレージカードは、特にクレジット機能付きの「シネマイレージカード セゾン(MasterCard)」が特にすごいということがわかりましたが、ここからは両「シネマイレージカード」に共通の素晴らしすぎる特典について、詳しくご紹介していきます。

映画を6本観ると1本ご招待!【スタンプラリー】

シネマイレージカードのメリットの一つでよく映画を観るという方に非常に魅力的なのが、映画を6回観れば1本分が無料になる【スタンプラリー】サービス。

この【スタンプラリー】サービスを受けるには、チケットの発券時にシネマイレージカードを提示するだけと簡単!自動券売機の場合でもシネマイレージカードを挿入すれば、鑑賞ポイントが自動的に1ポイントつけることができます。

発券時にシネマイレージカードの提示や挿入を忘れた場合は、鑑賞日当日にチケットカウンターにカードを提示すればちゃんとカウントしてもらえます。しかし、翌日以降はポイントの登録ができなくなるので、シネマイレージカードは忘れずに持っていきましょう。

【スタンプラリー】サービスで6回分が貯まったら、次回以降から1本分無料で映画を観ることができます。その際は、自動券売機およびインターネットチケットで「会員6ポイント鑑賞」の券種を選択、またはチケットカウンターでカードを提示してその旨を伝えるだけです。

映画を観たら貯まる「鑑賞ポイント」は、有料の映画が対象。以下の映画に適用されます。

・ファーストデイ(毎月1日1,100円)
・レディースデイ(毎週水曜日1,100円)
・TOHOシネマズデイ(毎月14日1,100円)
・シネマイレージデイ(毎週火曜日1,400円)
・ライブビューイング

例えば、一般価格の1,800円で映画を観るとすると、6回なら10,800円。7回目の1,800円が浮くと考えると、還元率は約16.7%と言う計算に。1,400円の割引料金で6回のケースだと8,400円で、割引がない日に1本無料の「ポイント鑑賞」を利用すると還元率は21.4%。

ファーストデイやTOHOシネマズの1,100円で鑑賞できる日に6回と考えると6,600円、同じく一般価格の1,800円の日に「ポイント鑑賞」を利用すれば、還元率はなんと27%にもなります。

これはすごいですよね!映画好きの方なら、この特典はかなり嬉しいはずです。

ただ、注意したいのはこの「ポイント鑑賞」、特別上映では利用できないことがあるという点と、2018年10月15日から変更される点がいくつかあるという点。

まず、変更点として大きいのは、鑑賞ポイントの有効期限が「無期限」から「鑑賞日から2年間」に変更されるというところですね。

今までに獲得していた鑑賞ポイントの有効期限はすべて2020年10月14日まで有効となりますが、2018年10月15日以降に獲得した鑑賞ポイントの有効期限は鑑賞日から2年間となります。

さらに、各上映回で「ポイント鑑賞」や「1ヶ月フリーパスポート(シネマイレージポイントを6,000ポイント貯めると交換できる)」が利用できる座席数に上限が設けられるという点も変更点として挙げられます。ポイントを使いたいという時は、早めに予約を入れた方が良さそうです。

また、シネマイレージカードを持っていると、非会員よりも3時間早くネットからチケットを購入できるようになるとか。この点は、歓迎できる改善点になりますね!

上映時間1分=1マイルが貯まる!【シネマイレージ】

映画本編の上映時間1分につき1マイルが貯まる【シネマイレージ】サービス!

「マイル」というと、飛行機のチケットに交換できるマイルのことを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ここでいうマイルはすなわち「ポイント」のこと。貯めたポイントによっていろいろなアイテムと交換することができます。

この「マイル(ポイント)」は、チケット発券時にシネマイレージカードを提示するか、機械に挿入すれば自動的に貯まります。貯まったマイルは最大2年間有効で、利用した年の翌年の年末、つまり12月31日までが有効期限となります。

例えば、2018年4月1日に映画を観てマイルを貯めたのなら、そのマイルの有効期限は翌年、2019年12月31日。1月1日に観ようが、12月1日に観ようがマイルの有効期限は翌年の年末になるので、その点は注意が必要ですね!

マイルの特典交換は、自動発券機や自動券売機、劇場カウンターで交換することができ、その際に発行された引換券は発行当日のみ引き換えが可能となっています。

マイルで交換できるアイテムとしては

・300マイル ⇒ 記載なし
・1000マイル ⇒ ポップコーンSサイズ・ドリンクSサイズ
・6000マイル ⇒ 1ヶ月フリーパスポート

とがあり、1ヶ月フリーパスポートに関しては「六本木ヒルズ」は9000マイルでの交換となります。300マイルの交換先としては、公式HPに記載がないので分かりませんが、ネット情報だと「抽選で当たるオリジナルグッズ」のようですね。

毎週火曜日は会員価格で映画が観られる!【シネマイレージデイ】

「シネマイレージカード」を作ると、TOHOシネマズで毎週火曜日【シネマイレージデイ】会員価格の1,400円で映画を鑑賞することができます。通常料金は1,800円なので、結構な割引率ですよね!

利用方法は、チケット購入時にカードを提示するだけと簡単!インターネットチケット販売「vit」を利用した場合は、入場時にカードを提示すればOKです。

ただし、プレミアスクリーンでの特別上映では、この特典を使うことが出来ません。ですが、それ以外の映画で割引が適用されるので、是非たくさん活用してくださいね!

観た映画の記録をカードに残せる!【シネマイレージレポート】

映画好きの方にとって嬉しいのは、観た映画の記録をカードに残せる【シネマイレージレポート】サービスもそうではないでしょうか?

今までどんな映画を見たのか?その映画のタイトルは何だったっけ?など、人におすすめの映画を紹介する時も自分で映画履歴を振り返る時も役に立ちそうです。

映画の記録は、過去3年分であればいつでも確認することができ、チケット発券時にカードを提示、もしくは機会に挿入すれば自動的に記録されます。記録を振り返りたい時は、会員専用ページ、もしくは自動発券機や自動券売機で見ることができます。

その他の特典は?

「シネマイレージカード」では、今までご紹介した特典の他にもお得なサービスがあります。それがこちら!

・インターネットで簡単にチケット購入
・会員専用ページが使える
・会員限定キャンペーンやお得情報が届く「TCメール」

「シネマイレージカード」を作れば、チケット購入の際に名前や電話番号などを毎回入力する必要がなくなり、ログインIDとパスワードだけで簡単にチケットが購入できるようになります。便利ですよね!

また、会員専用ページが使えるので、

① 会員専用ページトップ:鑑賞ポイントやマイルの合計数の表示や会員限定のお知らせ確認ができる

② シネマイレージレポート:過去3年分の鑑賞履歴を表示

③ 登録情報の確認・変更:登録した情報の確認と変更ができる

④ マイル交換特典:交換申し込みが可能なマイル特典を紹介

⑤ パスワードの変更

⑥ グループリスト:最大10件まで自分以外のシネマイレージ番号を登録できる

と、上記のようなことができるようになります。特に「グループリスト」によく一緒に映画に行くお友達を事前に登録しておけば、連れの方の会員番号がわからなくても会員割引でチケットを購入することが可能になるので便利ですよ。

さらに、メールマガジンの「TCメール」に登録すると、会員限定のキャンペーンやTOHOシネマズのお得情報、最新映画の情報などがいち早く案内されるので、こちらも使い勝手が良さそうです!

映画好きなら絶対持っておきたい!シネマイレージカード!!

いかがでしたか?映画が好きでよくお出かけするという方にぴったりの「シネマイレージカード」の詳しい内容をお届けしました。

TOHOシネマズを利用する機会がある方であれば、「シネマイレージカード」を持っていないのは、はっきり言ってかなりの損!

映画を6回観たら1回が無料になり、マイルを貯めてドリンクやポップコーンに換えることができ、毎週火曜日は会員価格で映画を楽しむことができます。

これだけの特典やサービスがありながら、MasterCardブランドの「シネマイレージカード セゾン」を選べば年1回のカード利用で年会費が無料!!お得以外の何物でもないという感じですよね!

映画好きでまだ「シネマイレージカード」を持っていないという方は、是非この機会に作って、これから先の映画ライフを思う存分堪能しちゃってください!

◆シネマイレージカード 公式サイト:
https://www.tohotheater.jp/cinemileage/index.html

◆シネマイレージカード セゾン 公式サイト:
https://web.saisoncard.co.jp/st/cinemileage/14egst.html

 

-クレジットカード

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.