「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

クレジットカード

クレジットカードの枚数はいくつまで所持することが可能?

投稿日:

ネットショッピングや旅行などで特に便利に使える「クレジットカード」

ですが、このクレジットカードっていくつまで所持することが可能なんでしょうか?皆さんは考えたことがありますか?

今回は「クレジットカードの所有できる枚数」について、ちょっと突っ込んだ話をお届けします。

クレジットカードは何枚でも作れる!?

実は、クレジットカードの保有枚数に制限などはありません。特にそういった法律もないため、作れるのであれば100枚だろうが300枚だろうが作ることは可能です。

実際、ネットなどでは30枚以上のクレジットカードを保有しているというコレクターやマニアもいるようです。

ただし、だからといって普通の人が大量のクレジットカードをすぐに持つのは無理!何故なら、「審査に通る必要がある」からです。

多重申込みはご法度!

通常、クレジットカードを新たに作ろうとするとカード会社に申し込みをして審査され、支払い能力があると判断されれば入会OK。無事、手元にカードが送られてくることになります。

このカード会社が行う「審査」では、クレジットカード会社や銀行などの金融機関が共有して見ることができる各個人の「信用情報」をもとに調査されることになります。

ここでは、申込者のクレジットヒストリー(利用履歴)や、他のカード会社での申し込み内容や審査結果、各カードの限度額や支払い状況などまでつぶさに明らかになります。

そのため、一度に大量にクレジットカードを作ろうとする「多重申し込み」はその情報も筒抜けとなり、「この人は果たしてこれだけのカードを抱えても返済能力があるのか?」が疑問視されることになります。

さらに、カード会社はこの「多重申し込み」を、一気に借り入れ可能額を増やそうとする行為とみなし、現在、資金繰りに困っている人ではないか?踏み倒すつもりでは?とカード会社に警戒されることになります。ただの好奇心からきた行為であっても、カード会社はこのような「多重申込み」をかなり問題視するのです。

そのため、3枚以上のカードを同時に申し込むと、その記録が個人信用機関へ回り「申し込みブラック」=警戒するべき申込者として扱われることに!こうなると、どの金融機関も歓迎しませんので、3ヶ月~6ヶ月はカードの審査に通らなくなってしまいます。

ちょっとした好奇心でも何でも、同時に複数枚のクレジットカードの申し込みは絶対ご法度ですよ!!

利用限度額の「総量規制」とは?

多重申込みへの警戒の他に、クレジットカードが一度に複数枚作れない理由は、基本的に個人が借り入れ可能な金額は「年収の3分の1まで」と法律で定められているからでもあります。

これは「総量規制」と呼ばれ、1枚のカードにつきということではなく、個人が持つすべてのクレジットカードのキャッシング枠やカードローンの合計額が「年収の3分の1まで」と規制されているのです。

ですから、年収600万円の人はクレジットカードを複数枚持っていても、キャッシングやカードローンの枠は合計で200万円までしか持てないということになります。

そのため、クレジットカードを一度に複数枚作ろうとすると、各会社が提示したキャッシング枠の合計額が「総量規制」を上回ってしまい、審査に落ちてしまうということがあります。

一方、クレジットカードのショッピング枠については総量規制の対象外となりますので、制限の対象には入りません。ですが、こちらも各カード会社によってそれぞれのルールがありますので、こちらにも支払いが可能と判断される合計額が存在します。

なので、複数のカードを申し込むことで「総量規制」や「ショッピング限度額の合計額」を超えてしまうと、カードは作れないということに。

クレジットカードの所持枚数に制限はありませんが、カードの枚数を増やすためには地道にクリーンな信用履歴を築き、年収を上げて総量規制の枠を上げる、手元にあるカードのキャッシング枠やショッピング枠を調整するという方法を取る必要があるのです。

クレジットカードの保有枚数の平均は3.2枚!

大手クレジットカード会社『JCB』が2017年に発表した調査によれば、クレジットカードの保有率は84.2%で、カード保有者の平均所持枚数3.2枚。やはり、一人で何十枚もカードを持つというのは稀なケースと言えそうです。

実際、30枚近くのクレジットカードを保有するコレクターの経験談によると、長年かけてコツコツと信用情報を積みあげ、年収を上げてカードを一枚一枚獲得してきたのだとか。

また、あまりに多くのカードがあってもどのカードにどのような特典があったのかなど思い出すだけでも一苦労します。ポイントをしっかり貯めて、賢く割引などに活かすためには、むしろ所有するクレジットカードの数は2~3枚など厳選する方がおすすめとなります。

クレジットカードの枚数はいくつまで所持できる?!

いかがでしたか?今回は「クレジットカードの枚数はいくつまで所持できる?」という点にスポットを当てて、お届けしました。

クレジットカードの所持できる枚数に制限はありませんが、一度に大量のカードを作ることはよほど年収の多い人を除けば、不可能に近いでしょう。また、総量規制やショッピング限度額の合計額を超えてカードを作るということもできません。

まずは、自分の用途にあった一枚を作ることから始めて、信用情報を積み上げ、カード枚数を増やしていくほか、道はなさそうです。

-クレジットカード

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.