「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

美容

ビキニラインを綺麗に見せるためにはどの辺りの脱毛が必要?

投稿日:

ビキニラインの脱毛に悩んでいる方、結構多いのではないでしょうか?サロンなどで脱毛してみたいけれど「どの辺りをどのくらい脱毛すればいいのか?」がわからなくて躊躇しているという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、「ビキニラインを綺麗に見せるためにはどの辺りの脱毛が必要になるのか?」をテーマにお送りしていきます。

セルフケアをする前に、また、脱毛サロンへ行く前に是非読んで参考にしてくださいね!!

ビキニラインってどこのこと?

まず、「ビキニライン」がどの辺りのことを指すのか?それを知っておきましょう。

ビキニラインとは「Vライン」とも言われ、多くの脱毛サロンではショーツからはみ出る左右サイドの部分を指します。ショーツで隠れない太ももの付け根の部分の辺りのラインのことですね。

また、正面から見えるアンダーヘアの部分もVラインに含まれることがあります。アンダーヘアの脱毛は大きく分けてVライン・Iライン・Oラインがあるのですが、Iラインは性器周辺、Oラインは肛門周辺を指し、それ以外のアンダーヘア、つまり正面部分は全て「Vライン」として考えるサロンもあるようです。

そのため、ビキニラインを整えようと脱毛サロンへ出かけていくと、この「太ももの左右サイド」や「サイドを含めた正面部分のアンダーヘア」をどう整えるか?という話になります。サイドは正面のアンダーヘアゾーンとつながっていますからね。

具体的に話し合われるのは、毛の量形、脱毛の希望範囲などですね。一口に「Vラインを脱毛」といっても、サイドを含め、正面の「トラインアングル」と呼ばれるゾーンをいろんな形に整えることができるので、事前に自分なりのイメージを抱いて来店されることをおすすめしますよ!

Vラインの具体的な範囲は?

ここで、Vラインの具体的な範囲例を挙げておきましょう。若い世代を中心に絶大な人気を誇る『ミュゼプラチナム』の公式HPによると、ミュゼのVラインの脱毛範囲は、上下が逆さになった台形型の「Vラインプレート」を当て、はみ出た部分ということになっています。

「Vラインプレート」は上下逆さ、つまり上辺が広く、下辺が狭い「台形」の形になっています。具体的には、台形型の縦の長さが股下から上に10c、横が股下側5㎝、10cm上がったところの腰骨側10cmがデリケートゾーンとされ、その部位を除いた両サイド(各10cmほど)が脱毛範囲となっています。

さらに付け加えると、Vラインをより綺麗に見せるためには、脱毛の際にVラインと足の付け根との「隙間」をきちんと処理することが大事です。

この「隙間」は、足の付け根から指一本分開いているとバランスがよく、足を長く見せることが可能。Vラインも横に広がらずにすっきり見せることができます。

また、同じミュゼの「ハイジニーナ7VIO脱毛コース」では、先ほどのVライン、そして性器や肛門周辺のI・Oラインの他に

・トライアングル上
・トライアングル下
・へそ上
・Vライン上

の脱毛範囲が加わります。「ハイジニーナ脱毛」とはアンダーヘアをすべて脱毛すること。そのため、先ほどのVライン時には手が付けられなかった正面のデリケートゾーン「トライアングル」部分も細かく部位が分けられ、脱毛することができます。

このように、ミュゼなどを含む脱毛サロンのアンダーヘアの脱毛範囲をまとめてみると、正面部分の「トライアングル」、太もも左右サイドの「Vライン」、性器周辺の「Iライン」、肛門周辺の「Oライン」となるようです。

また、サロンによって「Vライン」がどこを指しているのか?範囲はどこまでなのか?という規定はそれぞれ異なっています。自分が通いたいと考えるサロンがどうなっているのか?という点については、必ずチェックしておきましょう。

ただ、ほとんどの脱毛サロンでは広範囲のVIO脱毛ができるように「セットコース」が用意されています。事前のカウンセリングで詳しく話を聞くことができるので、脱毛範囲を気にせずに希望通りに整えたい!という方は、「セットコース」を活用されるのがいいですね。

どんな形に整える?

ビキニラインを綺麗にしたいと脱毛サロンにいくと、サイドラインとつながっている「トライアングル」部分もサロンによっては脱毛の範囲になることがあります。

また、ビキニラインだけでいいと思っていたけれど、説明を聞くうちに「サイドからつながるトライアングル部分も整えたい」と考えるようになる方も多いようです。

そこで参考にしたいのが、ミュゼの公式HPにある「アンダーヘア人気ランキング」。みんな、アンダーヘアをどんな形に整えているの?というところは気になりますよね?

ミュゼプラチナム アンダーヘア人気ランキング

1位 逆三角形型
2位 スクエア型
3位 全処理(ハイジニーナ・無毛)
4位 細逆三角形型
5位 逆タマゴ型(楕円・オーバル)
6位 I型

いかがでしょうか?この結果からすると、やはり自然な形に近い「逆三角形」や「スクエア型」の人気が高いようですね。ただ、意外にも3位にアンダーヘアをすべて処理する「ハイジニーナ」がランクインしています。

それでは、ここからはそれぞれの形についてもっと詳しく解説していきましょう。「自分だったらどのような形に整えたいか?」よく考えてみてくださいね。

① 逆三角形型

「逆三角形型」は、年齢を問わず幅広い層に受け入れられているスタイルになります。

通常のVラインをそのまま整える自然な仕上がりなので、初めて脱毛にチャレンジするという方にもおすすめですし、毛の量が多い人や毛が生えている範囲が広い人でも挑戦しやすい形になります。

また、アンダーヘアをお手入れしている人の約半数がこの形を選ぶそうで、10代~40代までの方すべてに好評を博しているというデータも。男性からの評判も良好のようです。

整える三角形の大きさや範囲はさまざまですが、ミュゼのランキング4位「細逆三角形型」よりは大きな形になります。まずは大きめに三角を残しておいて、後から小さく整えるという方も多いようですね。

② スクエア(台形)型

逆三角形型の上部分をカットした「スクエア(台形)型」も人気があります。

処理範囲が広く、スッキリした印象に仕上がり、下着や水着からアンダーヘアがはみ出しにくいのが人気の秘密のようですね。

また、いかにも「脱毛しました!」という仕上がりにならないところも高人気の理由!「今より毛の量を減らしたい」という方にもおすすめの形になります。

③ ハイジニーナ(全処理・無毛)

意外かもしれませんが、「ハイジニーナ(全処理・無毛)」を選ぶ方も多くいらっしゃるようです。

大きな理由としては「衛生面に優れているから」。生理中のニオイやムレ、かぶれを抑えられ、常に快適に過ごすことができるというのが人気の秘訣です。

また意外にも男性からの人気が高いのが、この「ハイジニーナ」。その他、日本では一般的ではありませんが、海外のセレブな女性方には人気の脱毛法なんだとか。「いろんなデザインの下着にためらわずに挑戦できる」との声も聞かれました。

④ 細逆三角形型

ランキング1位の逆三角形よりも処理範囲が広いのが「細逆三角形型」細く小さな逆三角形の形になるので、ムダ毛のはみ出しを心配することも少なくなります。

まず「逆三角形型」に整えて、もう少し脱毛範囲を広げたいという方が選ぶことも多いようですね。

⑤ 楕円(オーバル・逆タマゴ)型

最近人気なのが、三角形の角を落として丸くした「楕円(オーバル・逆タマゴ)型」ナチュラルでやわらかいイメージになり、形としてはやや個性的でありながらも女性らしさを感じさせることができます。

「角が目立つ形が好きじゃない」「女性らしさを出したい」という方にはおすすめですね。

形としては、小さめに作れば作るほどセクシーさは増しますが、同時に人工的な感じや違和感は出てきてしまいます。大きさしだいで印象が異なるので、注意しましょう。

⑥ I型

横幅5cm程度の長方形の形に脱毛するのが「I型」。Iラインからまっすぐ一本線に伸ばした形になり、指1本分ほどの幅であることから「ワンフィンガー型」とも呼ばれます。

こちらは、セクシーさが際立つスタイル。大胆な下着もばっちり似合うはずです。

ただ、脱毛したことがすぐにわかる形ではあるので、ナチュラル志向の方にはあまり向いていないでしょう。

Vライン脱毛の注意点とは?

Vラインを脱毛する時の注意点がいくつかあります。

まず一つめは、当然ですが「脱毛した毛を元に戻そうとしても生えてはこない」ということです。脱毛が完了して後悔しても遅いのです。

若い時などは、「ハート型」など個性的な形にも挑戦したいと考えがちですが、年をとってもそれでいいでしょうか?のちのち、後悔しませんか?形や脱毛範囲を選ぶ時は、慎重によく考えるようにしましょう

2つめは、「Vライン以外にも目を向ける」ということ。Vラインだけ脱毛してすっきりしているのに、IラインやOラインの毛がぼうぼうではつり合いが取れません。ちょっとカッコ悪いですよね?

VIOラインはつながっています。VラインからIラインにかけて、グラデーションになるような感じで毛を少なくしていくと自然に見えて、なおかつすっきりします。

Vラインを脱毛する時はI・Oラインなどにも目を向けて、最終的に自分はどんな仕上りを望んでいるのか?イメージするといいですね。

3つめは「毛量の調整」です。アンダーヘアの形を作る際、綺麗な形に整えるコツは、最初に何度か「全処理」をするのが実はおすすめなのです。

特に、毛量の多い方にはおすすめのやり方になります。「ハイジニーナ(無毛)になってしまうのでは?」と心配される方もいるかもしれませんが、1回の全処理でハイジニーナにはなりませんので大丈夫!

何回か全処理をすることで、アンダーヘア全体が薄くなり柔らかい毛質に変化していきますので、その後、自分の好きな形に整えていくととても綺麗な仕上がりになるそうですよ!

ビキニラインを綺麗に!どの辺りの脱毛が必要?

いかがでしたか?今回は「ビキニラインを綺麗に見せるためにはどの辺りの脱毛が必要?」をテーマとしてお届けしました。

Vラインをはじめとして脱毛を実際に行った方の多くは、「自己処理のストレスから解放された」「水着や下着姿に自信を持てるようになった」「肌トラブルが解消された」「ニオイが気にならなくなった」と、「アンダーヘアを処理してよかった」と感じている方が大多数を占めるようです。

興味があるけどチャレンジしたことがない・・という方は、一度無料のカウンセリングにお出かけしてみては?実際に説明を聞くとよくわかって、不安も解消されると思いますよ!!

-美容

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.