「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

アルバイト

バイトの面接でめちゃくちゃ聞かれる質問+回答のOK・NG例

更新日:

アルバイトの「面接」って、「何を聞かれるんだろう?」と不安になりますよね。

緊張しすぎてとんちんかんな受け答えをしてしまい、不採用になったというのでは残念すぎるというものです。

そのため、事前に「こういう受け答えをすればいいんだ!」とシュミレーションしておくと、面接時に慌てふためかなくてすみますよ!

バイトの面接で「よく聞かれる質問」NGな回答例OKな回答例の両方をしっかりチェックしておきましょう!!

バイトの面接でめちゃくちゃ聞かれる質問・ベスト10

では、早速、バイトの面接でめちゃくちゃよく聞かれる質問をご紹介しましょう。その数は10個!しっかりと把握して、準備万端、面接に臨んでくださいね!

① 「このバイトを選んだ理由を教えて下さい」

この質問はバイトの面接で必ずされるもの。「応募理由」や「志望動機」を見るための質問です。

そのため、たとえ「家が近い」「時給がいい」など条件面だけで選んだとしても、それをそのままバカ正直に伝えてはいけません。

どうしてその仕事に興味を持ったのか?といった点に加えて、仕事内容や職場の雰囲気などを絡めて「前向きな回答」になるようにしましょう。

NG例

「家から近かったので・・」
「初心者でもできそうだったから」
「時給がよかったから」

OK例

「自宅から近く、いつも雰囲気のいいお店だなと思っていましたので、是非こちらで働いてみたいと考えました」

「アルバイトは初めてなのですが『初心者歓迎』と求人にあり、人と接するのも好きなので応募させていただきました」

「専門学校で調理の勉強をしているので、美味しい料理を提供されていると評判のこちらのお店で働いてみたいと思ったからです」 など

② 「あなたの長所と短所を教えて下さい」

ここで見られているのは「どのような人間か?」「働く意欲があるか?」などといった点です。ですから、「前向きに仕事に取組んでくれそう」「人柄に問題がなく、良さそうな人だ」といった印象を残せるようにアピールしましょう。

そのためには、マイナスのイメージを残さないようにすることが大切!「短所を・・」と言われていますが、短所は長所の裏返しであることが多いもの。短所を述べつつも、それが長所でもあるというような「言い方の工夫」も功を奏します。

また、短所は言いっぱなしにせずに「改善すべく、このように努力している」ということも一緒に伝えるとグッと印象が良くなります。

また、「アルバイトを通して成長したい」といった回答も好印象を残すでしょう。

NG例

「長所は好奇心があるところで、短所は忘れっぽいところです」
「長所は・・よくわかりません。短所は気が弱いところ・・かな?」
「長所は明るいところです。短所はすごく短気なところです」

OK例

「長所は何にでも好奇心があって、チャレンジ精神が旺盛なところです。その分、短所はつっぱしりやすいところがあって、つい忘れ物をしてしまったり・・ということがあるので、必ずメモを取るようにしています」

「何事も慎重にしっかりと取り組むところが長所だと思います。同時に、慎重にしすぎて作業に時間がかかってしまうところが短所だとも考えています。アルバイトを通して、慎重に動くべき時とそうでない時の優先順位のつけ方なども学びたいと思っています」

「長所は明るく笑顔をたやさないところです。人に接するのも好きなので、接客業には向いていると思っています。短所はやや慌て者なところです。行動する前に一度考えてから動くように心がけています」 など

③ 「今までアルバイトの経験はありますか?」

これは「どんな仕事をしたことがあるか?」自分のところでは「どのくらい役に立ちそうか?」などが見られています。

なので、YES・NOだけで終わらずに、バイト経験の中で応募職種に近いものがある場合はその経験を具体的に答えましょう。例えばスーパーでバイトをするなら「品出しやレジ操作もやったことがある」などというようにです。

バイトの経験が何もない場合は別に嘘をつく必要はありません。ただし、「働く意欲がある」というような答え方をするようにしましょう。

NG例

「はい。したことがあります」
「いいえ。ありません」

OK例

「以前、コンビニで働いていましたので、品出しやレジの操作などは経験済みです。教えてもらえれば比較的早く覚えられると思います」

「アルバイトは初めてですが、早く覚えられるようにしっかりと頑張りたいと思います」 など

④ 「以前のバイトを辞めた理由を教えて下さい」

この質問は、「嫌になってすぐ辞めてしまわないか?」というところが見られています。

そのため、人間関係や仕事内容に不満があったなどのネガティブな理由はNG。もし、本当のところはそうだったとしても別の理由を考えておきましょう。

学生なら「サークル活動が忙しくなって」「学業を優先したいと思った」など、学校や学業を理由に。その他であれば「家庭の事情で」など、「それなら仕方ない」と考えてもらえる理由や、将来のための「前向きな理由」というのが無難です。

「続けたかったけれど、やむをえず辞めることになった」という方向性を間違えなければ大丈夫です。

NG例

「体調を壊した」
「人間関係が嫌になった」
「クビになった」

OK例

「骨を折ってしまって長く入院することになったので、ご迷惑がかからないように退職させていただきました」

「御社のような、幅広い業務に携われる仕事をしたかったので、前職を退職しました」

「さらに上のスキルを身につけたいと考えた結果、退職させていただきました」

「サークル(部活)が忙しくなって、シフトが合わなくなったため辞めさせていただきました。今は代替わりも済んで落ち着いているのできちんと働けます」

「前職は、短期留学の資金を貯めるため、期間限定というお約束で働いていました」

「取りたい資格ができて、そのために勉強に専念したいと思ったので辞めさせていただきました。無事、資格も取れましたので腰を落ち着けて働くことができます」 など

⑤ 「あなたの趣味は何ですか?」

この質問は、緊張をほぐすためによく問われるものです。ですから、あまり難しく考えず、答えは何でも構いません。法律や犯罪に関わるなど以外、NGな趣味はないと思われます。

ただ、より好印象を残したいのであれば、サークルや部活、趣味など自分が打ち込んでいることについて触れると自己アピールにつなげることができるでしょう。

NG例

「え、特にないです」
「別に・・」

OK例

「映画鑑賞です」

「サッカーです。小学生の頃から続けていて、体力には自信があります」

「クロスワードパズルです。コツコツ解くことが好きでよくやります」

「お菓子作りです。カフェの素敵な盛り付けなどにも興味があり、ここで勉強できたらと考えています」 など

⑥ 「いつから、週に何日勤務できるか、教えて下さい」

この質問は、文字通り「いつから勤務できるか?」「どのくらいシフトに入れるか?」という勤務開始日とシフトについて見ているもの。

アルバイトを募集するということは、人手を欲している場合がほとんどです。そのため、勤務開始日は早目であるほうが望ましく、可能ならば「明日からでも大丈夫です」など前向きな回答を。もちろん自分の事情の許す範囲で結構です。

また、シフト制のバイトの多くは「週何日入れるか?」「1日何時間働けるか?」という点も重要なため、「採用したらどれくらい働いてくれるか?」を確認するこの質問は必ずあります。そのため、希望の曜日、どうしても入れない曜日や時間がある場合は、この時点で伝えておくのが大切!

ただし、採用されたいからと話を盛るのはNG。実際に働き始めると「話が違う」となり、トラブルの元です。

また、「ええと、勤務できない日は火曜日の18時からで、水曜日は17時以降がダメで・・」など事細かに伝えるのはスマートではありません。まずは「火曜日と水曜日の夕方以降が無理です」など、大まかに答え、面接担当から細かく質問をされたらそれに答えるようにすれば大丈夫です。

その他、現在、別のアルバイトをしていてすぐにやめられないというような時は「〇日からなら働けます」などの具体的な日にちを挙げると分かりやすいです。

NG例

勤務開始日について

「今すぐはちょっとわからないです」
「家に帰れば予定がわかります」
「今、アルバイトしているので、そこを辞めさせてもらえたら・・」

シフトについて

「ええと、勤務できない日は火曜日の18時からで、水曜日は17時以降がダメで・・」
「試験前と試験中と、それ以外だったら土日もちょっと・・、あと木曜も用事があって・・」

OK例

勤務開始日について

「予定がなければ、採用のご連絡をいただいた翌日からでも大丈夫です」

「2週間後から働けます」

「今のアルバイト先と相談して、改めてご連絡させていただきます。おそらく月初めから勤務できると思います」

「今のアルバイトの引き継ぎがあるので、来月からお願いします」

「○日まで試験があるので明日からすぐにというのは難しいですが、試験が終わる○日以降であれば勤務可能です」 など

シフトについて

「火曜以外の週3日、17時から22時までが希望です」

「火曜と水曜は少し遅くなりますが、基本、17時以降であればどの曜日でも大丈夫です」

「週末を含めて週4日ほど働けます。土日はサークルがあるので両方は難しいのですが、どちらかは出勤できるように調整するつもりです」

「試験が〇月と〇月にあるので、その時は1週間程度お休みをいただきたいです。それ以外であれば、週4日以上、土日も勤務可能です」 など

⑦ 「通勤時間はどのくらいか、教えて下さい」

これは「時間管理ができる人かどうか」を見るための質問です。バイトとはいえ、働き始めれば社会人の一員。きちんと時間が守れるか?というところが確認されています。

そのため、あいまいな答えにならないよう、あらかじめ通勤にかかる時間を確認し、答えをしっかりと用意しておきましょう。

NG例

「わかりません」
「たぶん20分くらいでしょうか・・?」

OK例

「家から徒歩で約10分です。学校からは自転車でだいたい15分になります。」

「自宅と学校の中間になるので、自宅からは電車と歩きで15分程度、学校からは電車と歩きで20分程度になります」

「自宅からの最寄り駅になる○○駅までが徒歩5分ほどで、そこからこのお店の近くの××駅まで電車で約15分、お店まで徒歩で5分ほどですので、合計20分程度です」 など

⑧ 「学校の勉強とアルバイトは両立できますか?」

これは学生さんの場合、非常に良く聞かれる質問です。ただし、先方は学生と知ってこの質問を投げかけているのですから、学業優先の答えが返ってくるのは分かっているのです。

ですから、採用されたい一心などで「バイトを最優先しているので大丈夫です」などと言う答えは考えもの。「勉強はほったらかしなのか・・遊び歩いているのかな」というあらぬ誤解を受けるかもしれません。

ベストは「しっかり両立できる」という回答です。

NG例

「バイトを最優先で頑張ります」
「バイトの方を重視しているのでしっかり働けます」

OK例

「試験期間中はどうしてもお休みをいただきたいですが、両立はできます」

「試験期間中や学校行事でお休みをいただくこともあるかと思います、それ以外はしっかりと頑張ります」

「前職のアルバイトでも学校の勉強とアルバイトの両立はできていましたので、ここでもしっかりやれると思います」 など

⑨ 「最後に質問はありますか?」

この質問は最後に必ずあります。面接ですべての疑問が解消されていて、何も疑問がないようなら無理をして聞く必要はありませんが、少しでも疑問があるのならここで必ず聞いておきましょう

仕事内容や給料の金額、勤務開始日・日時、交通費について、合否の連絡日、服装規定、最初の出勤日に必要なものなど、気になることはたくさんあると思います。

具体的に聞いておくと、双方で「話が違った」ということにならずにすみます。

NG例

「ありません」
「別に…」
「何かあったらあとで電話して聞きます」

OK例

「詳しく話していただいたので、特に質問はありません。ありがとうございます」

「合否の連絡はいつ頃でしょうか?」

「職場にはアルバイトは何人ぐらいいらっしゃいますか?」

「交通費は支給されますか?」

「服装や髪型は自由ですか?」

「最初の出勤日は何が必要ですか?制服はあるのでしょうか?」

「時給は1000円と求人にありましたが、お話では800円からということでした。これはどちらが正しいのですか?」 など

⑩ 思ってもいなかった質問については?

バイトの面接では「思ってもみなかったこと」が聞かれることもあります。

例えば、カフェのキッチンを希望して応募したら、「キッチンは人がいっぱいになったので、ホールでもいいですか?」などというような質問です。

キッチンを希望するはっきりした理由があり、気持ち的に譲れないのであれば

「料理が好きなので」
「キッチンの仕事に興味があって応募したので」
「学校で調理の勉強をしているので、キッチンが希望です」

などと伝えましょう。

もし気持ち的に譲ってもいいかなと思うのであれば

「ホールでも構いません」

などと返事をしてもいいですし、

「初めはホールでも構いませんが、ゆくゆくはキッチンをやりたいです。異動は可能でしょうか?」

という相談を投げかけてみてもいいでしょう。

案外、やってみたら自分に向いていて楽しく働けた!ということもあります。柔軟に考える姿勢も大事です。

また、バイト先によっては「試用期間」が設けられているところがあり、その期間の時給は通常よりも安いのが一般的です。

ですが、求人にはその「試用期間中の時給」が掲載されていないことも多く、「最初は時給900円からになりますが、いいですか?」といった質問をされることもあります。

これについて充分に説明がなされていて納得できているのなら

「大丈夫です」

と答えてOKですが、疑問が残っているのなら

「求人と金額が違うのはどうしてですか?」
「いつから時給が上がりますか?」

など、きちんと確認しておくことを忘れずに!

給与トラブルはのちのち面倒なことになることが多いからです。

さらにその上で「自分が希望する条件と違う」と思うのなら、

「申し訳ありませんが、募集の条件で応募したつもりだったので、今回は辞退させてください」

と断ることも可能です。

バイトの面接でよく聞かれる質問!
NGな回答例とOKな回答例について

いかがでしたか?バイトの面接で聞かれやすい質問9つ思いがけない質問1つの合計10個の質問を挙げて、具体的なNG例OK例をご紹介しました。

これで、バイトの面接に過剰な不安を抱く必要がなくなりますね!事前にシュミレーションをして、バッチリな面接にしちゃいましょう!

バイト探しチュ~なら「バイトル」がおすすめ!

・細かい条件検索でバイト先を探せる!(もちろん、特定の店舗名でもOK)

・文字だけではなく、写真や動画でもバイト先を選べるから、雰囲気がわかりやすい!

・アルバイト求人サイトユーザー調査において、ユーザー総合満足度No.1に選ばれている!

バイトルでバイト探しするならこちらをクリック

-アルバイト

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.