「変化を楽しむ」ための情報発信

henraku.com

健康

朝の顔のむくみを出勤前に急いで取りたい時におすすめの方法

投稿日:

前日の夜更かしや飲み会などがたたって、起きてみたら顔がパンパンにむくんでいた!という経験、女性なら一度や二度は味わったことがあるのでは?

そこで今回は、こんな「朝の顔のむくみを急いで取りたい!」という時におすすめの方法6つご紹介します。

どれも即効性がみられるやり方なので、ピンチの時に是非お試しくださいね!!

朝の顔のむくみを急いで取りたい時の方法!6つ!

睡眠中の血液循環やリンパの流れが滞り、余分な水分が皮膚の下に溜まってしまうことで起こるのが「顔のむくみ(浮腫)」。そのため、血行を良くしてあげることが「顔のむくみ」には効果的と言われています!

それでは早速、朝の顔のむくみを急いで取りたい時の方法を具体的にご紹介していきましょう。

① 白湯を飲む

朝起きて顔がむくんでいたら、まず「白湯(さゆ)」をカップ1杯ほど飲んでみて!

「白湯」とは、水を沸かしただけで何も入れていないお湯のことです。飲みごろになるまで冷まして飲めばOKです。

正式な作り方はいろいろとあるようですが、ここでの「白湯」は身体を温め、血流を良くするのが目的ですので、電気ポットレンジなどで作っても構いません。

身体を温めることで血行と代謝を促進させ、余分な水分の排泄も行ってくれるので「顔のむくみ」にも効果アリ!ちなみに、便秘解消効果も期待できるそうですよ!

② 首から下のストレッチ&マッサージ

「顔のむくみ」は、溜まっている余分な水分が原因。その「顔」の余分な水分を下に流れやすくするためには、まずは「顔」ではなく「首」から下の水分を流れやすくしてから「顔」に取りかかるのが効果的です。

首から下のストレッチ&マッサージ

① 首を左右3~5回ずつ大きく回す

② 首を5秒ほど右に傾け、左の首のラインを伸ばす。左右行う。

③ 首にクリーム・乳液を塗り、すべりをよくしておく

④ 耳の後ろに指をあて、鎖骨に向かって少し強めにさする。左右とも10回ほど繰り返す。

どうですか?数分もかからずにできるストレッチとマッサージですが、これをやるとかなりすっきりした顔になれるはずです。

さらに、鎖骨の上にあるくぼみに指を4本入れ、左右それぞれ20回ほど強めに力で押してみるのも効果的。気持ちがいいと感じるくらいの力でほぐしてあげましょう。

また、よりすっきりさせたいという時は、肩を回したり、肩甲骨をほぐすように動かしたり、全身を軽くストレッチしたりするのも血行を促してくれて有効ですよ。

③ 顔のマッサージ

水分が下へ下へと流れやすい状態を作ったら、次は「顔」をマッサージでほぐしていきます。肌に負担をかけないようにクリームやオイルを塗ってから行いましょう。

顔のマッサージ

① 顔にクリームやオイルを塗る

② 親指以外の指を揃えて顎(あご)に置き、顎から耳の上にかけてすべらせ、引っ張りあげる。10回程度、左右それぞれ行う。

③ 耳の後ろ側から首筋にかけて強めの力でなでおろす。10回程度。

余分な水分や老廃物を流すイメージして行います。顎⇒耳、耳⇒首、どちらの動作も必ず一方方向で行うようにします。

また、顔とつながっている皮膚、「頭皮」をマッサージするのも有効な方法です。気持ちがいいと思う強さで頭皮を軽くマッサージしてあげると、全体の血行がよくなり、むくみの解消にも役立ちます。

最後に、たくさんのツボがあると言われる耳たぶも軽く揉んでおきましょう。

④ 美顔器・ローラーを使う

マッサージを行う時に指ではなく、「美顔器」や「ローラー」を使うのもいい方法です。短時間でむくみを解消したいという時にもおすすめですね。

ただし、美顔器などを使う方向だけは間違ってはいけません。無用なたるみやシワを生まないためにも、必ず「下⇒上」「中⇒外」の2点を守るようにしましょう。

⑤ 冷温パック

「冷温パック」で血行をさらに促進すると、効果的です。「冷温パック」とは、タオルを使い、温めたり冷やしたりを繰り返す美容法。

温める・冷やすを繰り返すと、血管の収縮が盛んになって血流が良くなると言われています。そのため、むくみが取れやすくなるのです。

洗顔後、スキンケアの前に取り入れてみてください。

冷温パック

① 清潔なタオルを2枚用意する

② 冷水を用意し、タオルをつけて絞る⇒冷タオル

③ 熱めのお湯ににつけてタオルを絞る、もしくは濡らしたタオルを電子レンジ(40秒~1分)で温める⇒温タオル

④ 冷タオルと温タオルを20秒ずつ、交互に顔に当てる。3回繰り返す

⑥ 目元・フェイスラインのツボ押し

顔の輪郭がすっきりしてきたら、続いては気になる目元のむくみも取っていきましょう。

目元のむくみの解消に効果的なのは、ツボ押しです。親指を使って、眉頭の内側目頭の下をそれぞれ3秒間ずつ、2~3回押します。

それでもむくみが気になる時は、金属製のスプーンを冷蔵庫で冷やし、スプーンの丸い面をまぶたや目の下に当てて軽くなでてみましょう。むくみを取り、すっきりさせる効果が期待できます。

また、耳たぶの下と下あごの中間に位置する「頬車(きょうしゃ)」というツボを押すのも、むくみの解消には効果的だと言われています。

具体的に言うと、「頬車(きょうしゃ)」は顎のライン、いわゆるエラからちょっと頬に入ったところにあるツボで、グッと歯をかみしめると筋肉が盛り上がり、口を開けるとへこむところにあります。

ここに指を当て、気持ちいい程度にツボを繰り返し、3分ほど押します。特にフェイスラインをすっきりさせる効果を持つと言われているこのツボ。通勤電車の中でもできそうなので、是非試してみてください。

顔のむくみを急いで取りたい!という時におすすめの方法とは?

いかがでしたか?顔のむくみを急いで取りたい!という時に、おすすめの方法を6つご紹介しました。

すっきり晴ればれとした顔で出勤やお出かけするためにも、もしもの時はこれらの方法を是非、実践してみてくださいね!

-健康

Copyright© henraku.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.